インターンを有意義にする20個の質問!NGな質問やポイントを紹介!

インターンを有意義にする20個の質問!NGな質問やポイントを紹介!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

せっかくインターンをしているのであれば、企業の人に何か就活で役立つ質問をしておきたい。

だけど、どんな質問をすれば良いかわからない。

インターンを有意義に過ごすために、どんな質問を企業の人にすれば良いかを解説していきます。

インターンを有意義にする質問とは?

インターンは、実際に企業での仕事を体験できる貴重な時間です。

具体的には、自分が何をやりたいのかを確認する重要な期間でもあります。

でも、せっかくならインターン時に企業の人にいくつか気になる質問もしてみたいですよね。

「インターン時にどんな質問を聞いておけば良いの?」 ここでは、インターンでしておきたい質問と控えたい質問について紹介していきます。

インターン時に聞いておいた方が良い質問を紹介しているので、すぐに実践で活用することができます。

より有意義にインターン期間を過ごすためには、積極的に社員の方に質問をしてみてください。

インターンで質問をするメリット

「インターン時に質問をしておくことはメリットがあるの?」 インターンは企業の方に様々な質問をできるチャンスがたくさんあります。

ここでは、インターン時に質問をすると良い理由についてまとめてみました。

企業と自分がマッチしているのかを知れる

企業と自分が本当にマッチしているかなどを改めて確認することもできるでしょう。

説明会や企業のホームページに載っている仕事内容や事業だけでは、実態を把握することは難しいです。

質問を通して、生の声を聞くことは今後働いていく上で最も大切な部分です。

企業の雰囲気や社風などを実際に働いている人のリアルな意見を聞くことは企業選びの観点では、最も有効な手段と言えます。

社員と接点を持つきっかけになる

インターン中に社員の方に積極的に話しかけるのが苦手な学生にとって、質問は有効な機会作りとなっています。

積極的に社員に質問をすることで、接点を持つことができます。

そして、インターン時に意欲的な姿勢を見せることで、やる気があると評価してくれやすくなります。

インターンで聞いておくべき質問

ここでは、インターン時に「これだけは絶対に聞いておくべき質問」をまとめました。

よりリアルな質問を社員の方にしてみて、自分と照らし合わせてみてください。

事業や仕事内容に知りたい場合

「仕事を通して嬉しいと感じたことをお聞かせ頂けたら嬉しいです」 「仕事で成長できたと実感した面などはあったりしますでしょうか?」 「仕事を通して達成感を感じたりはしますでしょうか?」 「今後5〜10年で注力していく事業は何ですか?」 「業務を試行錯誤していく中で、つまずいた経験はなんですか?」

社風や車内の雰囲気を知りたい場合

「どうして現在の企業への入社を決めたのか理由をお聞かせ頂けたら幸いです」 「他に入社を迷った企業などはあったりしましたでしょうか?」 「上司とどのくらいコミュニケーションをとりますか?」 「同期とは仲がいいですか?」 「入社前と後でギャップを感じたことはありますか?」

やりがいを知りたい場合

「月における残業時間などはどのくらいでしょうか?」 「有給などは皆さん取られていたりはしますでしょうか?」 「社会人と学生は違うなと感じる瞬間はどんな瞬間ですか?」 「この仕事をしていてよかったと思う瞬間について教えてください?」 「大変なことを乗り越えるためのモチベーションはなんですか?」

活躍するために必要なスキルを知りたい場合

「御社ではどのようなスキルが求められますか?」 「入社までに身につけておいた方がいいスキルはありますか?」 「現在取得を目指している資格・スキルはありますか?」 「業務の作業効率を上げるための、社員の方の取り組みについて教えてください。

?」 「新卒社員が御社で活躍するうえで大切な心構えは何ですか?」

今回上記で紹介した質問はあくまで一例ですが、入社してから「こんなはずじゃなかった」と思わないためにもぜひ聞いてみてください。

入社後とのギャップで辞める人は多いため、事前に深く質問で聞いておくことによって企業と学生のミスマッチを防ぐこともできます。

多少聞きづらい質問だったとしても、自分が働きたいと思えるかが大事ですので、臆せず聞くようにしましょう。

特に仕事のやりがいや大変な部分については、念入りに聞いておくことをおすすめします。

インターンでは控えておきたい質問

ここでは、インターンで控えておきたい質問についてまとめてみました。

給料について

「入社3年目などで、どのくらい昇給しますか?」 「どうやったら給料を増やすことが可能ですか?」

残業や休日出勤などについて

「残業や休日出勤は月にどのくらいありますか?」 「どのくらい休みをいただくことが可能ですか?」

離職率などの、企業にとってマイナスイメージになりかねないことについて

「去年入社した先輩で退職した人はいますか?」

控えておくべき質問は、企業の人によっては「答えづらい」と思う部分があるかもしれません。

なぜならインターン生がそれを聞いて、「内定を辞退したらどうしよう」「選考に来てくれないかも」と不安を募らせる可能性があるからです。

質問をするときのポイント

「どのタイミングで質問をすれば良いの?」 就活生の中にはこんな悩みを持っている方もいるでしょう。

聞きたいことがたくさんあっても、タイミングが合わないと質問をするのは難しいですよね。

ここでは、質問する時のポイントやタイミングについて紹介していきます。

仕事の邪魔にならないようにする

あくまで忙しい時には、質問を控えましょう。

また、ランチなどに誘ってみて質問をするのも良いでしょう。

相手の邪魔にならないようにタイミングを気にして質問してみてください。

しつこくならないように配慮して質問をする

一度に聞きすぎてしまうと相手から「しつこい」と思われてしまう可能性もあるので、注意してください。

聞きたい質問がたくさんある場合は、違う社員の方などに聞いてみたりするなどの工夫をしてみましょう。

丁寧な言葉遣いで質問をする

社員の方に質問をしますので、無礼にならないよう丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

相手の方も貴重な時間を割いてあなたの質問に答えてくれています。

誠意をもって聞いた後には、必ずお礼を述べるようにしてください。

インターンを有意義に過ごして、就活に活かそう

インターンは企業の仕事を体験し、直接社員の方に質問できる絶好のチャンスです。

しかし、せっかくの質問のチャンスを活かしきれていないインターン生がたくさんいます。

インターン生だからこそ、わからないこと、気になることはたくさん聞いてみてください。

その際に、なんでもかんでも片っぱしから質問するのではなく、ある程度「何を聞くか」をまとめておくことも大切です。

インターンを有意義な時間にしたい方は、是非社員の方に積極的に質問をしてみてください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます