人材業界の志望動機!志望動機の構成や例文を紹介!

人材業界の志望動機!志望動機の構成や例文を紹介!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

人材業界は近年就活生からの人気が高く、志望者の数も増加しており、その勢いを増しています。

そういった倍率の高い業界の選考を通過するためには、質の高い志望動機の作成が重要です。

この記事では、人材業界を志望する方に向けて、志望動機の書き方を紹介していきます。

例文や注意点、企業が志望動機のどういった点を見ているかといった評価ポイントもあわせて解説していくので、「まだ志望動機を書いたことがない」「そもそも志望動機は何のために作成するのかわからない」という方も、ぜひ参考にしてください。

【人材業界の志望動機】人材業界とは?

そもそも人材業界が具体的にどのようなものか把握できていない方もいるのではないでしょうか。

人材業とは、簡潔に言えば「人と企業をマッチングさせる仕事」です。

優秀な人材を確保したい、従業員をすぐに増やさなくてはならないといった企業側のニーズと仕事を見つけたい求職者をつなぐことで、双方にとってメリットのある出会いを作り出すことが、人材業の仕事と言えます。

マッチングのための方法はいくつかの種類に分かれており、利用者の需要に合わせたサービスが展開されていることも特徴です。

主な職種として営業やアドバイザーなどがあり、求職者のサポートや企業へのサービス提供などを行います。

就職というライフイベントのお手伝いをすることになるため、就職を成功させた人から感謝される機会も多く、やりがいのある仕事と言えるでしょう。

【人材業界の志望動機】人材業界の種類

先ほど述べた通り、人材業界の中には複数のビジネスモデルがあります。

求職者や企業にはさまざまなニーズがあるため、利用するサービスを目的に合わせて変えているため、それぞれの業態に一定数の利用者がいます。

全体的な特徴として、求職者から利用料を取るものはほとんど存在せず、採用を手伝った企業から紹介料や手数料などを払ってもらうものが多いでしょう。

また、実際に求職者とやりとりをせず、あくまで媒介として企業を紹介するケースもあります。

自分が働きたいと思うビジネスモデルがどれに分類されるのか、しっかり把握しておきましょう。

人材紹介

まず紹介するのが、人材紹介と呼ばれるビジネスモデルです。

就活・転職エージェントやヘッドハンティングなどがこの業態に当てはまります。

求職者にサービス登録をしてもらい、希望や条件に合う企業を紹介していく点が特徴です。

求職者は無料でサービスを利用することができ、採用を決めた企業が紹介料を支払うことになっています。

求職者が自分の希望や条件に合った企業にマッチングしやすく、企業側もミスマッチによる離職の可能性を防ぐことができるというのがサービス利用のメリットと言えるでしょう。

人材派遣

次に人材派遣の業態説明です。

人材派遣は、紹介企業に直接求職者を雇用してもらうのではなく、自社で派遣した社員を別企業に労働力として派遣するサービスです。

そのため、就労者はあくまでも派遣元である自社の社員という扱いになり、給与なども派遣元から支払われます。

紹介企業からは、派遣手数料を貰うことでビジネスを行っているのです。

人材派遣も、求職者の希望や条件に合った派遣先に送ることで、ミスマッチを防ぐことができることが利用のメリットと言えます。

求人広告

求人広告は、就活サイトや求人誌の運営などを行う業態です。

基本的に仕事を探すといった場合、こういったメディアを利用する方が大半でしょう。

人材を確保したい企業が、料金を支払うことでその企業の運営メディアに掲載されるという仕組みです。

求職者や企業に対して直接的なやりとりをする機会は比較的少ないですが、広告を掲載する企業に対し、広告内容の確認やどういった人材を求めているのかなどの聞き取りなど、入念なマーケティング業務も必要と言えます。

人事コンサルティング

人事コンサルティングは、採用や育成など、人材関係で課題を抱えている企業に対し、適切なアプローチを行うことで解決を図る業種です。

こちらは主に企業に向けたサービスであり、課題解決のためのアドバイスを行うことがメインの業務となります。

社員育成のための研修を委託される場合や採用活動の戦略立案など、相手企業の求めるものを提供しなくてはならないため、分野は多岐にわたります。

企業によっては特化した分野を持つ場合があるため、自分の就きたい仕事がどの分野に類するのか調べておきましょう。

【人材業界の志望動機】志望動機の評価ポイント

人材業界がどういったところなのか、理解できたかと思います。

ここからは、人材業界の企業が、志望動機のどういった点を評価するのかについて解説していきます。

ある種「採用活動のプロ」である人材業界の採用担当者が、どのようなポイントに着目するのかを知っておくことは、非常に重要です。

将来人材系の企業に就職した際にも、こうした採用側の知識は役に立ちます。

以下の内容をしっかりと確認し、志望動機作成にも反映させていきましょう。

志望度の高さ

企業がまず評価するのは、応募者の志望動機から読み取れる自社への志望度の高さです。

「どうしてその企業に入りたいのか」「その企業で何をしたいのか」など、働く熱意や入社後の展望が具体的に明示されていると、志望度の高さを理解してもらえるでしょう。

当然企業としては、働く意欲が高い人間を雇いたいと考えています。

意欲の高い人は仕事に対し高いモチベーションがあるため、入社後も熱心に働いてくれるだろうと期待されるでしょう。

働くことへの熱意や企業研究の綿密さなどは、上記のような志望理由、キャリアビジョンを一読すれば理解できます。

理由やビジョンが具体的ではっきりとしており、かつその企業だからこその内容であれば情熱は相手に伝わるでしょう。

人柄

志望動機によって人柄もチェックされます。

具体的には、一緒に働きたい人材かどうか、マナーなどの一般常識を備えているかどうかなどを、志望動機で判断されるのです。

これらは必ずしも業界内で好まれる人柄が一致しているわけではなく、企業によってさまざまな相性があります。

自分が志望する企業がどのような人材を求めているのかを詳しく調べておくことも重要です。

特に人材業界は、人と関わることが多いため、人柄重視の採用を行う企業が多く存在します。

求職者や相手企業の担当者からどう思われるのかというのは大切な要素です。

性格などを極端に変化させるのは難しいですが、マナーや一般常識など、学ぶことで身につけられるものはきちんと覚えておきましょう。

企業適性

採用選考を行う理由には、「応募者と企業のミスマッチを防ぐ」という目的もあります。

企業と学生の考え方や価値観があまりにもかけ離れていれば、入社後にミスマッチが起きてしまい、退職してしまうこともあり得るでしょう。

そのため、志望動機などを見て、企業理念や社風、価値観と照らし合わせ、相性を確認しているのです。

適性があるかどうか自分では判断がつかないと思う方もいるかもしれません。

しかし、志望動機を書く前段階で丁寧に企業研究・業界研究を行っておくと、自分と相性の良い企業がわかってきます。

インターンに参加することでも、企業の雰囲気を掴むことができるでしょう。

もし自分がその企業に適性があるかわからないと悩んでいる方は、そういったイベントに参加してみるのも良いかもしれません。

【人材業界の志望動機】志望動機の構成

志望動機で見られるポイントを理解できたら、いよいよ作成に移りましょう。

採用担当に好印象を与える志望動機を作成するカギは、その構成です。

ここからは志望動機の構成を紹介していきます。

構成がしっかりしていると、わかりやすく読みやすい文章を書くことができるので、必ずきちんとアウトラインを決めてから書き始めましょう。

逆に構成が失敗したまま書き出してしまうと、うまく内容がまとまらず、読みづらい文になってしまいます。

以下の順に、流れを意識して志望動機を考えると良いでしょう。

結論

最初に「なぜこの企業を志望したのか」という結論にあたる文を書きます。

この部分はなるべく1文で表せる簡潔なものにすると良いでしょう。

採用担当者は1日に何百通ものESや履歴書に目を通さなければならず、1通にかけられる時間が短くなってしまい、時間をかけて文章を読み込むことができません。

そのため、読み飛ばされないように、パッと見た瞬間に何が言いたいのか、どうしてこの企業を選んだのかが相手に理解できるような文面にする必要があるのです。

この志望理由を表す文は、企業選びの基準としているもの、いわゆる就活の軸から導き出すと書きやすくなります。

この部分をスムーズに書くためにも、自己分析や企業研究などは事前に徹底的に行いましょう。

根拠

次に、その結論に対する理由を述べていきます。

ここでは、自分の就活の軸を改めて説明しながら、なぜその就活の軸が形成されたのかを書いていくと良いでしょう。

就活の軸は、自分の人生経験や価値観、考え方が現れる部分のため、人柄を説明することにもなります。

この部分が具体的であればあるほど、志望度の高さをアピールすることができるので、なるべく具体的に書くことを心がけましょう。

また、その就活の軸に沿って就活を進めた際、なぜ人材業界を選んだのかについても軽く触れるのも効果的です。

業界の特徴と就活の軸が合致していれば、志望動機に一貫性が増し、説得力のある内容になります。

逆に就活の軸と業界の持つ特徴に矛盾があると、論理的に破綻した状態になってしまう可能性があるので注意しましょう。

展望

最後に、入社後のキャリアビジョンを書きましょう。

ここを明確に書ければ、入社してからどのように働いていくかがすでに頭の中にあると判断され、印象アップにつながります。

自分の強みや就活の軸と絡めて、将来的に自分が会社に与えることができるメリットなどを語ることが重要です。

しかし、採用選考を受ける時点では、インターンを除けば実際に企業で働いた経験があることは稀でしょう。

そのため、将来の詳細なビジョンを考えるのは難しく感じるかもしれません。

選考が始まるまでに、できる限り企業訪問や説明会に参加したり、公式ホームページなどで自分が働く姿や取り組んでみたいプロジェクトなどを考えたりすることで、志望動機に各内容も充実していくでしょう。

【人材業界の志望動機】志望動機を書く時の注意点

志望動機の書き方のイメージが掴めてきたのではないでしょうか。

構成が決まればいよいよ本文を書いていく段階です。

ここで志望動機を書く際に気を付けるべきポイントを紹介していきます。

構成を考え、それに沿って文章を書くことは論理的で読みやすい文章を作成するために必須ですが、それだけではほかのライバルたちに差をつけることができません。

自分の魅力をアピールし、相手の印象に残る内容にするために以下の点に注意しましょう。

「なぜ」を中心に考える

志望動機を書いているうちに、応募企業の「何」に魅力を感じたかが内容の中心になってしまうことがあります。

もちろん魅力を感じた点を書くことは必要です。

しかし、それだけでは応募者がどういった理由から企業のそういったポイントを魅力に感じたのかが伝わりません。

企業は、学生の考え方や傾向などを知るために志望動機を見ています。

魅力を感じた点を述べる場合は、自分が「なぜ」その部分を魅力的だと思ったのかを書くようにしましょう。

志望動機を書く前に、応募企業に感じた魅力と、なぜそこに惹かれたかを明確にしておくと本文の作成がスムーズになります。

また、この「なぜ」を中心に考えることで、論理的な視点が身につき、作成したESや履歴書を客観的に判断できるようになるので、癖づけておくと良いでしょう。

企業の独自性に言及する

志望動機がありきたりだと「ほかの業界・企業でもいいのでは?」と突っ込まれてしまうことがあります。

そのため、その企業ならではの強み、魅力について述べることが重要です。

志望動機の構成における「展望」の部分で、その企業ならではの仕事をしていくキャリアビジョンを書くなど、企業の独自性に触れるような内容にしましょう。

ただし、自分勝手な憶測で企業の社風や業務内容について触れてしまうと逆効果です。

企業ホームページやパンフレット、説明会などから確認できるものを盛り込むようにし、想像で企業を語るような内容にならないよう注意しましょう。

その企業独自の取り組みや他社と比較した際の特徴などを具体的に書き、その特色に自分の強みなどと交えて書けると、説得力のある志望動機になります。

【人材業界の志望動機】人材業界で求められる人物像

ここまで、志望動機をどのように書いていけば良いのかについて解説してきました。

自分の考え方や志望理由をうまく相手に伝えるためのコツについて理解できたかと思います。

しかし、「どれだけ魅力的な志望動機を書けたとしても、企業と応募者にミスマッチがあれば選考通過は難しくなるのでは」と考える方もいるのではないでしょうか。

どのような人が人材業界とマッチしやすいのかを把握しておくことで、自分が持つ性質を踏まえた企業選びはしやすくなるでしょう。

ここでは、人材業界で求められる人物像を紹介していきます。

コミュニケーション能力

人材業界は、どのような業態、ビジネスモデルを採用していても、人と関わり合うことになります。

相手の信頼を得ることで初めて成立する仕事のため、コミュニケーション能力が高い人は人材業界への適性が高いと言えるでしょう。

労働力や知識など、人材業界の企業が取り扱う商材は無形であり、すべて「ヒト」がベースのものです。

また、コンサルタント業務などの場合、ヒアリングやアドバイスなど、積極的な他者への働きかけが求められます。

人材業界はコミュニケーションによって回っているといっても過言ではありません。

流暢な会話の技術などより、人の話を真剣に聞き、意図を汲むよう努力する姿勢が重要です。

普段から聞き手に回ることが多い人は、人材業界に向いているかもしれません。

マルチタスクが得意な人

人材業界では、1人で複数の求職者や企業を担当します。

同時進行でさまざまな業務を行っていく必要があるため、マルチタスクが得意な人は人材業界でも問題なく働いていけるでしょう。

マルチタスクにおいて重要なのは優先順位をつけることです。

時間や自分の実力を的確に把握し、どのタイミングでどの仕事を行えば良いのかを考えられると、多くの業務を並行して進めていくことができるようになります。

また、どの仕事を行い、何をいつまでに終わらせれば良いのかといったスケジュールの管理ができることもマルチタスクには重要です。

普段から多くのスケジュールをこなすような習慣がない人は、少しずつやりたいことややるべきことを予定に入れ、無理のない範囲で行っていく練習をしてみても良いでしょう。

主体的に考えて行動できる人

受け身に仕事をこなすのではなく、主体的に自分から考えて行動を起こせる人は、社会に出てから重宝されます。

特に人材業界は、人や企業に対し、真摯に向き合うことが重要です。

求職者が仕事探しに悩んでいる際に、その問題を自分事として考え、より良い就職のために何ができるかを考えられる人は、相手にもその誠意が伝わります。

また、企業に対してコンサルティングとして課題解決の手助けを行う際も同様です。

クライアントを第一に据え、真剣に課題に取り組めば、クライアントからは信頼されるでしょう。

ただ、相手の要望を聞くだけでは、実は相手を満足させるのは難しいのです。

些細なことでも良いので、普段から「自分だったらどうしよう」という視点で物事を考え、思い付いたアイデアを形にするためのアクションを起こすよう心がけてみてください。

【人材業界の志望動機】志望動機の例文

ここまでで、志望動機作成への意欲が湧いた方もいるかもしれません。

しかし、まだ具体的にどのように書けば良いのかピンとこないという方のために、これまで紹介してきた要素を踏まえた志望動機の例文を掲載します。

今回は、人材派遣企業の志望動機と人事コンサルティング企業の志望動機の2つのパターンを用意しました。

それぞれ結論で述べる志望理由や根拠となるエピソードが異なるため、自分の志望する企業の業種やエピソードに合わせて、例文を参考に本文を作成してみましょう。

人材派遣の志望動機の例文

私が貴社を志望したのは、誰もがやりがいを持って働ける環境を提供できると感じたからです。

私は、あるベンチャー企業の長期インターンで、大きな裁量権を持ってやりがいのある仕事に取り組み、満足感を得ることができました。

しかしその際、一緒にインターンに参加したメンバーの様子を見て、世の中には働くことへの楽しさを見出せない人がいることを知りました。

働くことが楽しいと感じられる職場は人それぞれ異なるのではないかと感じた私は、さまざまな人に働く楽しさを与えられるような場所を作りたいと考え、就職活動を進めてまいりました。

そのため、全国に支社を展開し、業界最大手である貴社でなら、より多くの人にやりがいを持って仕事に取り組める環境を提供できると考えています。

人事コンサルティングの志望動機の例文

私が貴社を志望したのは、顧客の満足が直に感じられる仕事ができると感じたからです。

私は、学生時代、塾講師のアルバイトで新人の研修を担当していました。

自分が研修を行った講師の授業満足度が高くなると、自分のことのように誇らしく、嬉しさを感じていました。

私にとって、自分が関わった相手の充足感はやりがいそのものです。

相手が心の底から満足感を得られるような手助けができる仕事をしたいと考え、就職活動を進めてまいりました。

顧客のニーズを第一に掲げ、同じ目線で異なる角度から課題解決を手助けすることを重視する貴社は、私の理想の会社です。

入社したあかつきには、顧客の話に耳を傾け、必ず満足してもらえるコンサルティングを行っていく所存です。

おわりに

人材業界志望者に向けた、志望動機作成のポイントについて解説してきました。

どのような内容を書いていけば良いのか、理解できたのではないでしょうか。

人材業界は、ライフイベントの一つでもある、就職に立ち会うことの多い職種です。

相手のことを考えて、何が最もその人のためになるかを判断できる人は、業界でも重宝されるでしょう。

今回紹介したポイントを踏まえて、自分がなぜ人材業界を志望するのか、改めてじっくり考えてみても良いかもしれません。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます