インフラ業界の志望動機!業界が求める人材や志望動機の例文を紹介!

インフラ業界の志望動機!業界が求める人材や志望動機の例文を紹介!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

インフラ業界は仕事のやりがいがあり、働くうえでの魅力も多く、昔からとても人気のある業界です。

そのため、就職活動においても希望者が多いのが特徴で、職種によっては倍率が高いものも珍しくはありません。

企業に採用してもらうためには書類選考や面接に受かることが必要となりますが、その要となるのが志望動機です。

採用担当者に好印象を与える志望動機を書くためには、業界研究が必須になります。

まずはインフラ業界の種類について具体的に解説をしていきましょう。

【インフラ業界の志望動機】インフラ業界の種類

インフラは英語の「Infrastructure(インフラストラクチャー)」を簡略化した言葉です。

主に、社会全体で共有される公共的、公益的な設備や施設、構造物などを指しますが、広義には暮らしに欠かせない公共的な施設を指すこともあります。

私たちの日常生活は、このような多くのインフラ事業によって支えられていますが、中にはあまりピンと来ない方もいるかもしれません。

インフラ業界にはさまざまな分野の企業が存在していますので、ここでは代表的なものをいくつか紹介します。

エネルギーインフラ

エネルギーインフラとは、国民の生活に欠かせない電気・ガス・石油などのエネルギーの生産や供給に関わる設備・施設などを指します。

これらのエネルギーの提供に関わる業界がエネルギーインフラ業界です。

具体的には、燃料調達や発電、ガスの供給なども行っており、グローバル規模で活躍している企業が多いのも特徴です。

また最近ですと、在宅ワークが普及した影響により家庭での電力やガスの消費も増え、エネルギー需要はますます高まっています。

これらの必要なエネルギーを安定供給することで、エネルギーインフラ業界の企業は高く安定した収益を得ることができるのです。

また、昨今のエネルギー問題もあり、多くのエネルギーインフラ業界の企業がSDGs(持続可能な開発目標)への取り組みや研究開発を積極的に行っています。

このようにエネルギーインフラ業界は人々の生活を支える分野であるのと同時に、これからの地球の未来を担う要となる分野であると言えるでしょう。

交通インフラ

交通インフラとは、国民の交通や物流を支えるために必要なインフラです。

大別すると道路・鉄道・空港・港湾の4つに大きく分けられています。

具体的には、電車、バス、飛行機などの公共交通機関ですが、乗り物だけではなく運行に必要な線路や道路、湾港、空港などの施設も挙げられます。

これらのインフラは、国民一人ひとりの日常生活を支えているだけではなく、ありとあらゆる経済活動の基盤であると言っても過言ではありません。

また、交通インフラ業界は分野や職種も細分化されていますので、職業選択の幅の広さも魅力の一つと言えます。

例を挙げると、航空会社は操縦士のほかに客室乗務員や地上勤務スタッフ、事務職員や営業職、整備士などさまざまなスキルを持った人材で構成されています。

業界ごとに多種多様な部門がありますので、業界研究を行い、自身の特性に合わせた職種を見つけて応募をすることができるでしょう。

空間インフラ

空間インフラとは河川の橋や堤防、沿岸部の水門などの公共施設や建物を指しています。

そして、これらの公共施設や建物、沿岸施設の管理を行っているのが空間インフラ業界です。

これらの施設は暮らしの安全に関わるものも多く、特に災害時には災害を食い止め、人や町を守る役目を果たすこともあります。

特に昨今はさまざまな災害が起きているため、全国の自治体が国の支援などを得て空間インフラの増設や改修などに取り組んでいます。

また、現在は高度成長期に作られた空間インフラの老朽化が問題となっており、今後の管理や更新、立て直しなども必要です。

このように、いくつもの課題を持つ空間インフラ業界ですが、防災対策というものは常に行わねばならないため、半永久的に仕事の受注が見込めるといっても過言ではありません。

空間インフラ業界はこれからも需要が高まる業界と言えるでしょう。

生活インフラ

生活インフラとは、私たちが快適な生活を送るために必要なインフラのことです。

ごみ処理や上下水道はお馴染みですが、電話やインターネットといった通信系まで含まれます。

このように、さまざまな分野がある生活インフラですが、生活インフラ業界ではこれらの多種多様なサービスの提供を行っています。

生活インフラ業界は交通インフラ業界と同じように、携わる分野や職種の幅が広いのが特徴です。

企業によっては多様なセクションが用意されていることも多いため、自身に合った職種を探すことができるでしょう。

また、生活に密着している分全国各地に事業所が点在するので勤務地が都市部などの特定の地域だけではありません。

そのため、地方都市にある地元や自身の居住地など、都市部以外での就職を希望する方には働きやすい環境であると言えるでしょう。

【インフラ業界の志望動機】志望動機を作る3step

インフラ業界は生活や経済活動に必要なインフラを提供するため、長期的な需要があり景気に左右されずに安定している業界です。

さらに、市場の独占率も他業種より高いため、大手企業が多く福利厚生などの保証が手厚いことも特徴です。

このようなメリットにより就職希望者も多く、その中から採用されるには他者よりも光る志望動機がカギとなります。

志望動機は書類選考のみならず面接でも強い印象を与えますので、しっかりと時間をかけて丁寧に作ることが大切です。

それでは、志望動機を作るうえで重要なポイントをいくつか押さえていきましょう。

就活の軸を作る

就職活動を行うにあたって、まずは就活の軸を作ることが大切です。

就活の軸とは会社選びや仕事選びの基準を指しますが、この軸を見つけるためには自己分析が欠かせません。

自身が仕事に何を求めているのか、どのような分野や職種だと持ち味を活かせるのか、会社に望むことは何かなど、思い浮かぶことを紙に書き出して一度整理してみるのがおすすめです。

ほかにも、インターネット上には無料で受けられる質の良い性格診断や心理テストもありますので利用してみるのも良いでしょう。

いくつかの設問に答えるだけで短時間で結果が出ますので、隙間時間で気軽に取り組めます。

自身の強みや今までに気が付かなかった才能や特性に気付けることもあるため、職業選択の幅が広がるきっかけになるのです。

自己分析をしっかりと行うことで自身の価値観を知ることができると、自身の希望条件と応募する企業とのミスマッチを防ぐことにもつながります。

企業研究を行う

企業研究は就職活動の結果を左右するほど重要です。

情報を集めてさまざまな角度から企業分析を行うことにより、希望する企業の独自性やどのような仕事を行っているのかを深堀りすることができます。

志望動機においては「この企業が自分にとってはどれだけ特別な存在なのか」という熱意や意欲を採用担当者に伝えることが重要となります。

そのため、採用担当者に志望動機を伝える際に精度の高い情報があると説得力が増し、他者よりも優位に立てるでしょう。

では、企業研究はどのように行うと良いのでしょうか。

具体的にはインターネットで気になる企業の情報収集を行い、さらに企業説明会にも参加することがおすすめです。

企業説明会では実際に企業で働く人からの声を聞けますので、企業の詳細や社風を知ることはその後の就職活動において有利になります。

ほかにも、OB訪問やOG訪問を行うと、会社の内情に関するリアルな声も聞くことができますし、説明会では聞きにくいような質問もできて一石二鳥と言えるでしょう。

接点を考える

ここまで、自己分析と企業分析の重要性について説明をしてきましたが、この2つができると企業の志望動機も書けるようになります。

まず自己分析で見つけた就活の軸と企業研究で見つけた独自性の接点を考えます。

すると、企業の独自性に自分のどのような部分が惹かれているのか、入社後にはどのように貢献していきたいのかが具体的に見えてくるでしょう。

この接点こそが目指す企業の志望動機なのです。

この志望動機を文章として作成していくのですが、企業研究と自己分析の深さに比例して、説得力のある文章が書けると言えます。

採用担当者はたくさんの書類を見ることになりますので、その中でも他者より熱意が伝わる文章を書くことが大切です。

そうすることにより、書類選考の通過のみならず、面接でも期待を持ってくれるでしょう。

【インフラ業界の志望動機】伝わりやすい志望動機の構成

自己分析や企業研究を終えていよいよ志望動機の作成となりますが、書く際に気を付けねばいけない点もあります。

採用担当者は応募者から送られてくる大量の履歴書やエントリーシートに目を通さなければならない状況です。

忙しい最中に読みにくい文章を目にすれば、じっくりと読むことができないうえに心証も悪くなりがちです。

ここでは、志望動機を書くにあたり、どのような書き方をすれば好印象を残すことができるのかを詳しく解説していきます。

結論

伝わりやすい志望動機を書くためには、まずはじめに結論から書くことがポイントです。

なぜなら、要点も簡潔でわかりやすいうえに、読み手をファーストインプレッションでグッと文章に惹きつけることができるからです。

ここでの結論とは、志望理由そのものになりますが、先に行った自己分析での就活の軸を関係させて書くと良いでしょう。

そうすることにより、自身のバックグラウンドや熱意、気持ちが読み手に伝わりやすくなります。

また、採用担当者は人を見るプロでもありますので、ここで心にもないことを書いてしまうと後々面接の際の受け答えでつまずいてしまうかもしれません。

自身を大きく見せるのではなく、自己分析や企業研究で得た知見をもとに、誠実な気持ちで書くのが大切です。

根拠

志望動機の冒頭に結論を書くと、読み手は当然理由が知りたくなります。

そのため、冒頭で提示した結論の次にはその根拠を述べることがポイントです。

ここでは、就活の軸を形成するに至った自身のエピソードと企業研究の成果を述べることをおすすめします。

そのためには、希望する企業をなぜ志望するのか、また自分はどのように貢献して行きたいのかを明確に述べる必要があります。

そうすることにより、採用担当者に対してどれだけ丁寧に企業研究を行ったかを伝えることができるからです。

自分が何者であるかということと、会社がどのような業務を行っているのか、提供しているサービスの魅力や影響などを具体的にすることで、聞き手に対して説得力が生まれるでしょう。

展望

結論を書き、根拠を述べた後、次は展望について述べることがポイントです。

企業研究で得た会社の事業内容を踏まえて、入社後に自身の能力を活かしてどのような貢献を成し遂げたいかについて述べていきます。

その際にこの企業ではないといけない必然性や企業の独自性を絡めると、採用担当者に対して企業研究をしていることをアピールできておすすめです。

また、展望については形式的な文章にならないように、しっかりと自身の気持ちが伝わる内容にすると良いでしょう。

そうすることにより、面接時には心の込もったプレゼンを行うことができるため、採用担当者の心にも響き、印象に残りやすくなります。

また、展望は漠然と述べるのではなく具体的にしっかりと書くことで、入社後のビジョンを明確に持っているということも示すことができます。

【インフラ業界の志望動機】インフラ業界が求める人材

インフラ業界は分野も職種も幅広い業界です。

しかし、人々の生活基盤の維持や安全に関わる重要な役目を担っていることはどのような分野においても共通です。

昨今はIT化によってさまざまな新技術が登場し、また地球規模での災害のニュースを目にする機会も増えるなど、世の中の動きが変わってきました。

人々の暮らしも在宅ワークが普及し、エネルギー需要や情報インフラに対する関心が高まるなど、ここ数年で大きな変化が見られます。

移り変わる世の中で、インフラ業界ではどのような人材を求めているのでしょうか。

柔軟な発想力がある人

デジタル化などによりインフラ業界は変革が進んでいます。

具体例を挙げると、空間インフラ業界ではドローンを活用し、従来では危険であった作業の安全効率を高めるなどの企業努力を行っています。

交通インフラ業界においては、従来は窓口で行っていた予約受付業務などをデジタル化し、顧客が自宅にいてもオンラインで手軽に手続きができるようになりました。

このように、さまざまなテクノロジーが日進月歩で進化しており、人々の暮らしもめまぐるしく移り変わっていきます。

流動的に変化する世の中で、人々はどのようなニーズを持っているのかを察知できる力は大切です。

人々の暮らしの根幹を支えるインフラ業界では、既存の枠組みにとらわれない柔軟な発想ができる人材を求めています。

責任感がある人

インフラは社会の基盤であり、生きるうえで必要不可欠なサービスです。

防災や安全に関わる建造物の管理や維持は、恒久的になされなければなりませんし、ガスや電気が止まると日常生活は立ちいかなくなってしまいます。

さらに、交通インフラが麻痺してしまうと経済活動の維持が困難となり、上下水道が機能を失えば健康面にも悪影響が及ぶでしょう。

このように、人々の生活や社会全体を維持するためには一つでも欠かすことができないのがインフラであり、それを途切れずに供給・管理維持を行うのがインフラ業界です。

そのため、インフラ業界では各分野のインフラを安定して供給できるように、責任感を持って仕事に取り組むことができる人材を求めています。

【インフラ業界の志望動機】志望動機の例文

ここまで、業界研究や自己分析、企業研究について解説をしてきました。

これらを深く掘り下げることにより、自身の就職の軸や企業研究の成果が反映された志望動機の作成ができるようになるでしょう。

最後にインフラ業界の志望動機の例文を掲載いたします。

志望動機は書類選考のみならず、面接でも問われるものとなりますので、時間をかけてじっくり丁寧に作成することが大切です。

これらの例文を分析し、自身の魅力や思いが伝わるオリジナルの志望動機を作成するのにぜひ参考にしてみてください。

交通インフラの志望動機の例文

私が貴社を志望した理由は、交通インフラを通じて日本の生活を豊かにしたいと考えるからです。

理由は学生時代に発展途上国へ留学した経験から、生活の豊かさは交通インフラによる物流が関係していると気が付いたことです。

急速な経済発展を遂げている国でも、交通インフラが整備されていないと渋滞や大気汚染を引き起こし、国民生活や健康に支障を来してしまいます。

また、物流にも悪影響が生じ、物流コストが上昇するなど、経済面での深刻な影響があります。

帰国して改めて、日本の経済の発展は交通インフラによって支えられていると実感しました。

中でも貴社の取り組みは、日本の交通インフラ業界、および海外へのインフラ輸出においても重要な役目を担っています。

私が貴社でご採用いただくことができましたら、交通インフラの面から人々の生活水準の向上と経済発展にアプローチさせていただきたい所存です。

エネルギーインフラの志望動機の例文

私が貴社を志望した理由は、エネルギーインフラを通じて人々の生活の基盤を支えたいと考えるからです。

そのきっかけとなったのは、震災での被災経験でした。

生活基盤が失われると人々の日常生活のみならず、心身には悪影響も生じ、世の中の経済活動も停止してしまいます。

余震が続く中不安な気持ちで電気やガスのない生活を数日間経験し、改めて生活基盤の重要性に気付かされました。

やがて生活基盤が復旧した後、私は日々の暮らしを支えてくれている人たちへの感謝の気持ちで一杯になりました。

関東最大手の貴社へ入社できた暁には、この震災での経験を活かし、より多くの人々の生活基盤を責任感を持って支えていきたいです。

そして、今日に至るまで私の暮らしを支えてくださった貴社へ恩返しができますよう、一所懸命に仕事に励みます。

おわりに

インフラ業界は、人々の生活基盤の維持や安全、社会基盤の維持にも関わる重要な役目を担っています。

分野もさまざまに分かれており、職種の幅が広いのが特徴です。

そのため、同じ分野であっても各企業によって雇用形態や労働条件なども異なりますので、企業研究は必須となります。

また、自己分析を入念に行い、自身がどの分野に合っているのか、どの職種で貢献していきたいのかを知ることも大切です。

多様なインフラ業界ですが、人々や世の中の安全を守る仕事となりますので、とてもやりがいを感じることのできる業種と言えるでしょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます