ガクチカでサークル活動をアピールしていいの?就活で評価されるガクチカの書き方を紹介!

ガクチカでサークル活動をアピールしていいの?就活で評価されるガクチカの書き方を紹介!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

採用担当の方に自分の魅力を最大限売り込むためには、ガクチカに力を入れなくてはなりません。

しかし、ガクチカの書き方を間違えれば、せっかくのあなたの魅力も伝わらなくなってしまいます。

チャンスを無駄にしないためには、いかに魅力的なガクチカを書くかにかかっているのです。

そこでこちらの記事では、サークル活動はガクチカに使えるのか、採用担当の方の目を引くガクチカの書き方はどのようなものかについて、詳しくご紹介していきます。

【サークル活動をガクチカにする】そもそもガクチカとは?

ガクチカとは「学生時代に力を入れたこと」という意味の言葉です。

基本的に、部活やアルバイトの体験談を取り入れることが多くなります。

就職活動を始めたばかりであれば、まだ馴染みのない言葉かもしれませんが、就職活動をするうえで要とも言える外せない項目です。

これから先、面接の際に聞かれることやエントリーシートなどで書くことが多くなるでしょう。

自分をはっきりとアピールするためには、就職活動の中でも手を抜けない部分になります。

【サークル活動をガクチカにする】ガクチカを聞かれる理由

企業とのマッチング度や目標設定、行動力などは、履歴書だけで測ることができません。

そのような重要な要素を、学生時代を得て何をしてきたのかといったところや、学生時代の過ごし方と言う観点から見定めることが真の狙いです。

企業とのマッチ度をみるため

新入社員を一人入れるために、企業は莫大な金額を投資しています。

そのため転職されてしまうと、企業にも就活生にも不利益が生じてしまいます。

そこで採用する前に、いかに社風にあっているかといったところに重点を置いていくのです。

また、幹部候補が欲しい企業であれば、部活でキャプテンをやっていたような人がマッチしているというように見ることもあります。

もちろん、その際にただキャプテンをやってきたのかどうかを、ガクチカでより詳しく見定めていくのです。

経験のレベルを知るため

次に企業は、自分で起こした目標設定と行動力を見ています。

ただ単に、実績が良い人を採用しているわけではありません。

どのような計画・目標があり、達成したのかが重要な要素となっているのです。

そこで良い実績が出たかどうかという点だけで、ガクチカに取り入れることは避けた方が無難でしょう。

ガクチカに取り入れる体験を選ぶときは、自分で決めた目標とその目標に向かってどんな行動をしたかという点に着目してみてください。

結果が良くても周りに流されていただけであったり、自分で目標を設定しなかったりするのであれば、あまり魅力的なガクチカにはならないでしょう。

また、ガクチカとして選ぶエピソードは、自分がどのように計画を立てていたかなど、詳細に思い出しておくことが必要となります。

行動モチベーションを見る

あなたが今までどのようなことをしてきたかという情報から、行動のモチベーションを見ています。

行動のモチベーションは、いわゆるあなたのやりがいとなることです。

あなたの行動の原動力となるものややりがいが、企業とマッチしているかなどを具体的に見ています。

例えば、お客さんの笑顔がやりがいにつながる人が黙々と工場での作業についたとしても、やりがいがないため士気が低下してしまうでしょう。

結果として、企業から離れる原因となってしまいます。

何を基準に動くのか、あなたにとって譲れないものを理解しておくことは、企業からしてみても必要なことなのです。

意欲を確認するため

採用担当者は多くのガクチカを見て、就活生がどれくらい熱意を持っているかどうかを判断しています。

内容にこだわりすぎず、真面目に丁寧に書くことも重要ですが、文章のうまい下手ではなく、一生懸命書くかがカギになるとも言えます。

しかし、熱意を感じられるガクチカを書くためには、企業研究を入念に行い、丹念に行われた自己分析と照らし合わせたうえで文章を作ることが要となるでしょう。

どれくらいその企業と向き合っているかどうかが、採用担当の方にも素直に伝わるようなガクチカになるとベストです。

そのため、学生時代の体験談をそのまま話すのではなく、その企業で働くときにも同じようにできるかどうかも考えてみると良いでしょう。

【サークル活動をガクチカにする】ガクチカは複数作っておく

企業によっては、より精密にマッチしているかどうか見極めるために、複数のガクチカを聞いてくることがあります。

そのため、咄嗟に慌てなくても良いように、複数のガクチカを用意しておくことが必要です。

また、企業によって使い分けた方がいい場合もあるため、違うアプローチのできるガクチカを用意しておくといいでしょう

最低でも2つ、4つ用意しておくと、安心して面接に臨むことができます。

しかし、たくさん用意することに力を入れて、ガクチカの着地点がバラけていないかどうかには注意が必要です。

無理してガクチカを用意しようとすると、他のガクチカと組み合わせたときに、どういう人物であるかがブレてしまうこともあるため、見栄を張ったりすることはやめておきましょう。

【サークル活動をガクチカにする】サークル活動のガクチカは就活で使えるの?

結論から述べますと、就活でサークル活動をガクチカに取り入れることは問題ありません。

実際に集団面接などを受けていくと気づきますが、ガクチカにサークル活動の経験を取り入れている人は多いです。

内容や文構成が論理的であれば、サークル活動をガクチカにすることは十分可能になります。

部活やアルバイトの体験談を持っていないからと、不安になる必要はありません。

分が力を入れてきたことが、企業でもしっかりと活かせるということを伝えられれば良いガクチカと言えます。

役職がなくても大丈夫

とくに気にされる方が多いのは、サークル活動を行っていて何の役職にもついていなかったというところでしょう。

しかし、企業は人柄を見ているため、役職があったかはあまり関係がありません。

ただ役職があった方が面接官に伝わりやすく、ガクチカを話しやすいのは確かです。

しかし、すべての人が役職につけるわけではありません。

むしろ役職にはついていなかったけれど、どんなことに貢献して企業で活かせるかを伝えられるように、ガクチカに取り入れることが最大のポイントと言えます。

活動内容はあまり重視されていない

次に、多くの方がサークル活動の体験談を取り入れる際に不安に思われるのは、活動内容ではないでしょうか。

どのような活動を行っていたかということは、あまり重要視されていません。

ガクチカから企業が見出したいことは、その人の人柄です。

どこでどう頑張っていたかを伝えることができれば、不安に思う必要はありません。

あまり成果が出せていなかったり、活動を行っていたりしなくても、努力したことを書くことができれば良いのです。

【サークル活動をガクチカにする】サークル活動のアピールしやすい内容とは?

企業に自分の良さを理解してもらうためには、わかりやすい体験談を取り入れることが必要不可欠です。

ここでは、サークル活動を取り入れる際に、企業に理解してもらいやすい体験談を3つご紹介していきます。

ポイントを押さえて、類似する体験がないか思い出してみましょう。

まだサークル活動中の方であれば、次のポイントに注意しながら経験を積んでいくと、就職活動の際にガクチカが書きやすくなるため、意識しておくといいかもしれません。

マネジメントを行っていた

どんな活動であっても、マネジメントを行っていた体験がある方は、ガクチカで書くのに困ることはありません。

スポーツ系であれば、効率の良い練習の考案により結果を出せたというような体験、文科系であれば文化祭など大人数で行う行事を取り仕切るといった体験談などが、理解してもらいやすいです。

多くの人が関わるときに、自ら能動的に動ける人や運営していくことが可能な人は、企業に入ってからも期待できるため、印象が良くなります。

リーダーとしてまとめていた

サークルの代表や副代表など誰から見てもわかりやすく、活動に力を入れていることがわかる役職についていることは、ガクチカに取り入れる体験談として困ることもありません。

役職についているかどうかで採用されるかどうか決まるわけではありませんが、熱心に活動に取り組んでいたことを理解してもらいやすいのです。

とくに、代表であるなど責任が重いポジションであれば、面倒な仕事なども多く、それをこなしていたという事実を具体的に示すことができます。

イベントの企画をしていた

イベントの企画は体験しやすいものになるため、前述した役職などについていなくてもガクチカに取り入れやすいものです。

新入生の歓迎コンパやちょっとした行事であれば、企画する経験があっても珍しくはありません。

単発的な企画であれば、複数人で進行させることも多く、責任も少なくなるため経験を積みやすいものになります。

たとえ複数人で関わった企画であったとしても、明確に目的を設定して行動していたのであれば、十分に取り入れることができるのです。

【サークル活動をガクチカにする】例文

ここまでの記事でご紹介していた、ガクチカにするとアピールしやすい体験談をふまえた例文をそれぞれ一つずつご紹介していきます。

自分で作ったガクチカと見比べて、どこが足りないのか確認してみると良いでしょう。

スポーツ系のサークルでの代表の活動をガクチカで活かす内容

私は学生時代、サッカーサークルの活動に力を入れていました。
初心者が多く、弱小のチームではありましたが、サッカーが心から好きな人が集まったサークルのメンバーで、試合で勝利を手に入れたいと感じたことがきっかけになります。
チーム一人ひとりに合った練習メニューを考案し、代表として立候補しました。
その結果、メンバーの心がまとまり、初めて試合で勝つことができたのです。
代表に立候補し、みんなの気持ちをまとめられたことは、かけがえのない経験と言えます。

文化系のサークルでの代表の活動をガクチカで活かす内容

私は、漫画サークルの代表をしていた経験があります。
漫画サークルでは、大きなイベントに向けて作品を作り上げていました。
しかし私が代表を務めた年は、昨今のコロナ禍で、例年のイベントに参加することができませんでした。
しかし、そこで諦めるのではなく、ネットの中だけで完結する非接触型のイベントへの参加を決めたのです。
その結果、漫画サークルに新しいイベントという目標を増やすことができました。
私はこの経験から、壁にぶつかったとしても、別の道を模索することで新しい道を見つけることができるということを、この経験から学べました。

新歓などを企画したことをガクチカで活かす内容

私の大学時代の大きな想い出の一つに、サークルでの新歓コンパを企画したときのことがあります。
新歓コンパでは、毎年同じ飲食店を予約していたため、マンネリ化していました。
そこで、思い切って大学の講堂を借りて、ゲーム大会をすることに決めたのです。
スクリーンを借りて大画面で行うゲーム大会は、食事をするだけよりも皆の距離が縮まりました。
予算も少なく済み、時間を早めることで、例年よりたくさんの人が参加してくれました。
新しいことに挑戦する経験を覚えたことは、私にとっての大きな財産と言えます。

役職はなくても一生懸命頑張ったことを活かす内容

私はサークル活動で、場の空気をよくすることに努めました。
サークルは代表や幹部だけで作り上げるものではないため、一人ひとりの思いやりが大切だと思っています。
そのため、他の人の目が届かないところにまで気を配るように、注意をしていました。
仲の良い友達が急用でいないときでも、サークルに遠慮なく来られるように、不安そうな人に話しかけるように努めたのです。
一緒にいるときに他の人も呼ぶことで、サークル内のメンバーの距離を縮めることができました。
この経験で常に視野を広く、周りに気を配ることが、集団行動の秘訣だということを学ぶことができました。

【サークル活動をガクチカにする】エージェントに相談する

就職活動に不安がある場合は、早めに就活エージェントに相談してみるのも一つの手になります。

就活エージェントを利用するメリットは、簡単に無料で登録することができるということでしょう。

就活のプロであるため、先輩や周りの人に聞くよりも、より詳しく教えてもらうことができます。

面接対策やガクチカの作成のアドバイスをしてもらうこともできるため、一人で悩まずに就活エージェントに頼ることで、効率良く就職活動をすることができるのです。

おすすめの就活エージェントはこちらからどうぞ

まとめ

ガクチカは、就職活動の中でも重要な要素です。

しかし、その分採用担当の方に上手に伝えるためには、しっかりと作り込まなくてはいけません。

サークル活動は、部活やアルバイトの体験談よりも見劣りするように感じますが、ガクチカで大切なことは自分の頑張ったことが企業でも活かせるとアピールできることです。

例文を見ながらガクチカを作ってみて、難しいと感じるのであれば、早めに第三者の手を借りることも重要です。

貴重な就職活動の時間を無駄にしないためにも、ガクチカの書き方をマスターしましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます