企業分析

2021/9/08

【理系人気企業!】日立製作所はなぜ理系に人気?理系はどのように活躍できるのか!

2021/9/08

日立は理系の人気企業になっています。
毎年たくさんの応募者がいる企業になっていて、その理由は単純に知名度が高いというのもあるでしょう。
また、平均年収が高かったり、超ホワイト企業だったりするのも人気の理由になっています。
倍率は例年20倍から50倍くらいになっていて、かなり狭き門であることがわかるでしょう。
どちらかといえば、理系のほうが募集が多いので、理系のほうが入りやすいです。
また、工学部出身の場合は、優遇される場合があります。
理系として就職した場合には、技術職として活躍することや少し変わった選択肢として技術系の営業職として活躍する選択肢もあるでしょう。
また、今後の日立について考えてみると、コロナについても安定した業績を残していることからリスクマネジメントについても長けている企業であることがわかります。
さらに、中長期的な視野で見ても、安定した業績を残していくことが予測できるのではないでしょうか。

【理系人気企業!】はじめに


今回は、理系に大人気の企業である日立製作所について紹介します。

なぜ理系に人気なのかを紹介し、この企業の将来性や年収についても紹介します。

また、実際に就職した場合は、どのようにして活躍することができるのかについても確認していきますので、ぜひ読んでみてください。

日立製作所といっても、活躍の場は多岐にわたっていますので、しっかりと目標を持っておかなければ、ぶれが生じてしまうでしょう。

【理系人気企業!】日立製作所はなぜ人気なの?

まずは日立がなぜ人気なのかを確認してみると良いでしょう。

日立が人気なのにはしっかりと理由があって、一つが総合電機メーカーとして、日本でもとも有名だからでしょう。

さらに、平均年収がかなり高いというのも魅力的です。

さらに、超ホワイト企業としても有名なのがわかるでしょう。

安定志向の人たちに好かれる理由が、面白いほどに揃っている企業になりますので、これは人気にならないほうがおかしいと言えるくらいなのです。

おそらく、これらの理由を確認すれば、もっと日立に行きたくなるでしょう。

総合電機メーカーとして日本最大

日立が人気の理由として大きいのは、やはり目立つという点でしょう。

総合電機メーカーとしては、日本最大級になりますので、それだけで目立ちます。

そのため、高学歴の人たちは、とりあえず日立という選択肢をする人も多くなります。

そして、とりあえず日立は決して間違っているわけではなく、過去にそうやってこの企業に就職した人たちが、日立の良さをアピールしていますので、さらに人気に拍車がかかるというわけです。

就活において、目立つということは非常に重要になってきて、基本的に多くの人間は、目立ったりブランドだったりに走る傾向がありますので、日立製作所が人気なのは、もはや必然と言えるのかもしれません。

平均年収が高い

日立が人気の理由の一つには、平均年収が高いというものもあります。

基本的に、平均年収が高ければ高いほど、魅力的になりますので、人気は比例すると言えるでしょう。

平均年収は894万程度になっていて、同じ大手電機メーカーのパナソニック(平均年収756万円)や三菱電機(平均年収778万円)と年収面で比較すると、高い水準にあると言えます。

大手電機メーカーは、基本的に年収の高い業種として知られていますが、その中でも特に年収が高いのが日立となっているのです。

また、ここらへんを志望する大学生は、年収に対しての意識が高い人たちが多いので、そういった意味でも、年収の高さは人気の直結すると言えるでしょう。

超ホワイト企業

これも最近の若い世代にとっては、かなり魅力的な特徴になっています。

むしろ、年収や知名度よりも、こちらのほうにメリットを感じて志望する学生が多いと言えるかもしれません。

研究費用や、福利厚生、男性のみならず、女性の育児休暇後の復職率の高さなどが理由に挙げられるでしょう。

これだけ手厚いサポートを受けることができれば、日立とそれ以外では、ずいぶんライフスタイルが異なってきますので、これは大きなポイントと言えるでしょう。

いくら年収が高くても、激務ばかりの毎日で、福利厚生などないような企業の場合は、あまり生活の充実度を感じることはできないでしょう。

そういった意味でも、超ホワイト企業という特徴はかなり大きくなっています。

【理系人気企業!】日立製作所の倍率は??

ここでは日立製作所の倍率について考えていきます。

いくら良い条件が揃っていても、自分が入れるレベルにないのならば、考察する意味はないに等しいでしょう。

そのため、倍率やレベルを把握して、まずは自分が入れるのか、チャレンジするに値するのかを確認してみると良いです。

あまりにも高いハードルならば、あきらめるという選択肢も一つと言えるでしょう。

それだけ日立製作所というのはライバルの多い就職先になっているのです。

全体では20倍~50倍

日立製作所の全体の倍率を確認してみると、だいたい20倍から50倍くらいだとわかるでしょう。

理系は500名、文系は100名を毎年採用していて、理系のほうが文系よりも倍率が低いと予想することができます。

また、工学系の学部学科出身であると、優遇される可能性が高いと言えるでしょう。

日立製作所は、理系集団でもあるので、理系の学生で、それなりの良い成績を収めているのならば、十分に射程圏内と言えるのではないでしょうか。

倍率は、やはりかなり高いと言えますが、これだけ良い条件が揃っている企業になりますので、ある意味では当たり前と言えるかもしれません。

【理系人気企業!】理系はどのように活躍できる

ここでは、理系の学生が日立に入った場合に、どのような活躍が見込めるのかを考えていきます。

実際に、自分がどう活躍するかを把握することができれば、モチベーションの維持にもつながるのではないでしょうか。

技術職

理系で日立に入れば、技術職として活躍することができるでしょう。

日立は、技術屋の集団となっていますので、文系よりも理系を多く確保するようなバランスになります。

理系の学生は、日立の要とも言える部分なので、主戦力として活躍できる可能性もあるでしょう。

ただし、日立くらいに大きな企業になってくると、理系とはいっても、その分野はさまざまです。

そのため、日立にはどういった分野があるのかを把握しておくことも重要になってくるでしょう。

さらに、日立だからこその仕事として、技術系の営業職もありますので、営業が得意なのならば、そういった道に進むのも面白いかもしれません。

理系出身で営業というのは、なかなか異色に感じるかもしれませんが、やってみると意外に性に合っているかもしれません。

技術職の中でも種類はさまざま

日立などの大手電機メーカーの特徴としては、技術職の選択肢が多岐にわたるというものです。

いろいろな分野に分かれていますので、それらを把握することも自分が行きたい道に進むためには重要になってくるでしょう。

モビリティやライフ、インダストリーにエネルギー、そして、ITの注力5分野が大きな柱と言えるかもしれません。

技術系営業職

日立の場合は、技術系の営業職という選択肢もあります。

理系ならではの知識を活かした営業を期待することはできるのですが、やはり、文系の土俵であることは否めず、活躍はできるが、という感じではあるでしょう。

ただし、人によってはかなり相性が良い可能性もありますので、やってみなければわからないという部分も多いです。

技術系の営業職は、単純に営業をするだけではなく、技術や知識が求められます。

その分野について、ある程度の知見がなければ、営業するにもできないので、そういった意味では、少し通常の営業とは毛色が違っていると言えるかもしれません。

【理系人気企業!】日立製作所は今後どうなる

ここでは日立製作所が今後どうなっていくかを考えていきます。

目先の考察としては、やはりコロナになってくるでしょう。

どうやってコロナを乗り切ったのかや、さらに中長期でのビジョンをしっかりと確認しておくことも重要になってきます。

今後は電機メーカーも激動の時代に突入するかと思われますので、そういったトレンドにしっかりと対応できるかは非常に重要になってくるでしょう。

コロナ渦でも、安定した利益を確保

まず日立のコロナの対処法についてですが、コロナ禍においても、リモートワークなどの需要に柔軟に対応するなど、安定したクオリティを維持することに成功してきたと言えるでしょう。

やはり、こういった大企業は非常に体力があり、また超ホワイト企業としても有名な日立なので、社員の働く環境を崩すことなく、しっかりとコロナを乗り切ったと言えます。

コロナにおいては、このようにリモートワーク関連の投資をいち早くできたか否かによって、ずいぶん命運が分かれたと言えるのではないでしょうか。

そういった意味では、日立製作所は良い判断をしたほうの企業だと言えます。

今後も安定した業績を維持か

昨今の情勢を確認してみると、大手だから安心することができるという時代は終わりました。

最近は、大手企業の社員であっても、副業に精を出す時代になっています。

しかしながら、大手企業であるから安心という時代は終わったが、それでも日立は抜群の安定性を見せており、他の企業よりも安定していくと言えるでしょう。

普通に考えて、いくら大手企業が安泰の時代が終わったといっても、日立などの大手電機メーカーが、中小企業の体力に劣るということは考えられません。

大手が安全ではないという意見の中には、中小企業やフリーターの嫉妬という部分も少なからずありますので、そういった意見に惑わされすぎないようにしましょう。

もちろん、安心しきってしまうというのは厳禁です。

【理系人気企業!】まとめ

理系の人気企業である日立製作所の特徴がわかったのではないでしょうか。

理系に人気の職業というだけあって、やはり文系よりも理系での就職の可能性が高いです。

また、日立に就職した場合に、自分がどのように活躍できるのかについてもある程度の予測できるようになったかもしれません。

また、さすがは大企業なので、経営という意味ではかなりの体力を持っており、今後も活躍していくことが予想できるでしょう。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る