研究職の年収は低いのか?メリット・デメリットも深掘り!

研究職の年収は低いのか?メリット・デメリットも深掘り!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

就職先を探している学生の中には、研究職になりたいと考えている人もいるでしょう。

しかし、研究職は成果主義できびしく、年収も低いというイメージがある場合も少なくありません。

実際、研究職に就いている人の年収は低いのでしょうか。

この記事では、そんな研究職における年収の相場や実際の仕事の内容、どのような業種があるのか、向いているのはどんな人なのかなどをご紹介しています。

研究職に興味があるけれど自分に向いているか自信がないという人は、ぜひ読んで参考にしてください。

【研究職の年収は低いのか?】研究職とは

そもそも、研究職とはどのような職種なのでしょうか。

研究職とは、広く言えば製品やそれに関わる技術などの研究や、開発に取り組む仕事です。

研究と開発とで職種を分ける考え方もあります。

基本的な研究のみならず、すでにあるものに追加で試験や有用性の鑑定なども行い、まったく新しい製品の開発から既存品の改良までさまざまなことを手がける職種です。

主な仕事場は、民間企業に設置された研究部署や大学に置かれた研究室であり、より公益性の高い研究をする場として国や公的機関の研究所もあげられます。

また、これらの機関が共同で研究を行う場合も多いです。

研究する範囲や製品化・実用化までの段階に応じて、基礎研究や応用研究といった種類に分けられています。

【研究職の年収は低いのか?】研究職の種類

研究職は、その研究の目的や、製品・技術・サービスの実用化に至るまでのどの段階を研究しているかなどによって、基礎研究と応用研究の2種類に分けられます。

これらは研究の着地点が異なるため、どれだけ先を見据えての研究であるかといったスパンも違う存在です。

どちらの研究も、対象の性質をより深く理解して社会に役立てるためには欠かせません。

それぞれの研究の目的や特徴、違いなどを理解して、やってみたい仕事を考えてみましょう。

基礎研究

基礎研究とは、その後の研究開発すべての土台となる研究です。

知っていること、わかっていることといった知識の枠組みを広げるための研究であるため、それ自体の特別な応用や専用の用途は考慮されていません。

現時点でわかっていることから仮説や理論を形成し、それがどこまで正しいのかを検証する学問的な研究です。

また、新しい知識を得るための実験的な試みも意欲的に行われています。

基礎研究で重視されるのは、課題や問題の解決ではなく、知識の探求と解明です。

そのため「○○のために△△する方法を研究する」というよりは「△△について研究したら○○のためになることが判明した」という形になりやすいと言えます。

そして、そこから見つかった新しい知識を広げて、特定の目的のために研究するのが次にあげる応用研究の役割です。

応用研究

応用研究は、基礎研究で発見された知識を、具体的に社会の役に立たせるために行われる研究です。

課題や問題の解決のために知識がどう利用できるかを考え、特定の目的や目標を定めて実験や実証を繰り返し、実用化の可能性を確かめます。

また、すでに実用化されている手法をより効率良く実行できるような改善方法や、新たな応用方法を見出して検証する研究でもあります。

応用研究で重視されるのは単なる知識の獲得ではなく、実践的な問題の解決です。

そのため、結果が出せるか否かがより重要な研究であるとも言えます。

特定分野の課題解決を目的とするため、適用範囲が狭く、専門性が高いのも特徴です。

企業の多くは製品開発や社内での課題解決のため、応用研究を好みます。

【研究職の年収は低いのか?】研究職の年収

研究職は目的により種類は分かれていますが、気になるのはその年収でしょう。

基本的に、研究職の年収は約500万円が相場だといわれています。

日本人の平均年収は約436万円だとされているため、60万円程高いです。

研究職の給与の中心となるのは、他の職種と同じく年齢や学歴によって決まっている基本給となります。

そこに、研究で成果を出していれば能力給と呼ばれるものが加わり、この2つが合わさって固定の給与となるのです。

固定の給与は、勤続年数に応じて上がっていくという企業が多いでしょう。

また、これらに賞与や各種の手当が乗ることで全体的な年収になります。

場合によっては、研究に関する本の執筆や講演・セミナーへの出演などによる副次的な収入が発生するため、能力次第で稼ぎを増やすことも可能です。

【研究職の年収は低いのか?】研究職のメリット

研究職の種類や基本的な年収についてはわかりました。

それでは、研究職に就くメリットとは何でしょうか。

基本的に、研究職は専門性が高く、ほかの仕事への応用が利かない仕事です。

しかし、だからこそ1つのことをどこまでも追求できる仕事でもあります。

好きなこと、興味のあることに対して自分の人生の時間を使える職業はそう多くありません。

研究職を目指すかどうか悩んでいるならば、メリットに納得できるか考えてみると良いでしょう。

自分の好きなことを仕事にできる

研究職のメリットとして大きなものは、自分の好きなこと、興味のあることを仕事にできるという点です。

好きなことに打ち込んで給与をもらえるのは、どんな職業にでも可能なことではなく、研究職における良い点だと言えます。

自分の好きなことであれば、多少の壁や難所程度は苦になることもなく、楽しく仕事に従事できるはずです。

また、次はあれをやってみよう、今度はこれを試してみようというアイデアが浮かぶことで仕事が楽しみになり、モチベーションを維持することも楽でしょう。

誰かからの指示通りにタスクをこなすのではなく、自分でやりたいように試行錯誤を繰り返せる自由度の高さも魅力的です。

このように、好きなことを仕事にしたいという人には、研究職は丁度良い職業だと言えます。

やりがいを感じる

研究職のメリットは、研究を進めれば進めるほどやりがいを感じられるところにもあります。

自分にとって興味のある分野を研究していくため、今まで知らなかったことを知れる楽しさや、研究で成果をあげられたときの達成感は大きなものとなるでしょう。

また、研究の多くはその知識や、実験の結果を社会に役立てるために行われるものです。

自分の研究した内容が人や社会の役に立っていることが実感できれば「やって良かった」「この仕事で良かった」という感慨ややりがいといったものにつながります。

日頃目にすることが多いものを扱う分野であれば、その可能性はより高くなります。

知識や能力を活かして楽しく働けるうえ、自分の仕事に誇りを持てるのは、研究職の大きなメリットだと言えるでしょう。

【研究職の年収は低いのか?】研究職のデメリット

一見夢のような職種にも思える研究職ですが、デメリットも存在します。

専門性が高い仕事である分、事務職や営業職のような業界をまたいで使えるようなノウハウは、身につかないことがほとんどです。

また「毎日のルーティンをこなせばそれで良い」という仕事ではなく、やったことにはそれなりの成果が求められます。

そのため、人によっては「きびしい仕事」という印象になってしまうでしょう。

メリットとデメリットを比較して、それでもやりたい仕事だと言えるか考えてみるのをおすすめします。

転職しにくい

研究職のデメリットは、転職しにくいことです。

専門性が高い分、ほかの業界に転用できる知識が少なく、融通が利きません。

職種を変えようにも、研究一筋でやってきた人などは違う職種では、ほぼ当たり前とされているような業務内容にも明るくない場合が多いため、困難がともないます。

一度大きな成果を出した人であれば、同業かつ同職種での転職先が見つかる可能性もありますが、万人がそうなれるわけではありません。

転職の際は、仕事が見つかりにくいうえにキャリアもゼロということになってしまうため、ほかの職種よりも苦労が増えてしまいます。

仕事も覚え直しになるので、一度これまでの人生でやってきたこと、積み重ねてきたことが振り出しに戻るという覚悟が必要です。

成果が求められる

研究職は、ほかの職種よりも成果主義の傾向が強いです。

研究で成果をあげられなければ評価も上がらないばかりか、最悪の場合解雇ということもあり得ます。

それは、研究にかかる費用が多くの場合、莫大なものになるためです。

特に企業の場合、利益を追求するためにコストを投入しているにもかかわらず、それに見合った結果が得られないのであれば、続ける道理はありません。

成果をきびしく求められるため、なかなか思うように研究が進まない場合は、ストレスが溜まりやすいです。

上から結果を催促され、現場と板挟みになることもあるでしょう。

必ず成果を出せるとは限らず、ともすると博打になりかねないため、就職後の安定性の面ではデメリットが大きいと言えます。

【研究職の年収は低いのか?】研究職に向いている人

企業の研究部門・大学の研究室・公的機関の研究所など、研究職が求められる職場は幅広いものです。

それでは、それらの機関で研究職として働くのが向いている人とは、どのような人物なのでしょうか。

職場の性質によって求められるものは異なりますが、ある程度共通の人物像というものもあるでしょう。

今回は、どのような場所に就職するとしても、求められる可能性が高い資質を3つご紹介します。

これらをもとに、自分が研究を仕事とすることに向いているか、就職したあとに続けられそうかを検討してみましょう。

探究心が強い

研究職に求められるのは、強い探究心です。

新しいことにも好奇心をもって臨み「これをこうしたらどうなるのだろう」「これはどうなっているのだろう」と積極的に試したり、解き明かしたりことが好きな人に向いています。

探究心が高ければ、研究に対して真剣に、真摯に向き合えるでしょう。

いい加減に、適当なやっつけ仕事で済ますのではなく、納得のいくまで追求する姿勢こそ、研究職に強く求められるものです。

また、研究するということは新しい知識の発見や技術の習得など、学習の連続でもあります。

専門家であるからといっておごらず、学び続けるための気概は欠かせません。

研究を進めると同時に自身も成長していこうと思えるような、向上心のある人は研究職に向いていると言えるでしょう。

失敗を恐れない

研究職には、失敗を恐れない心も必要です。

研究は、必ずしも思ったような結果が出るとは限りません。

ときには大きな失敗で終わってしまうこともあるでしょう。

そこで心が折れてしまうようでは、成果を残すことなどできません。

一度の失敗でめげることなく、何が悪かったのか、前提から考え直し、違う条件でリトライできるような人が向いている仕事です。

思う通りにいかなかった部分から「なぜだろう」という興味を引き出す力が必要だとも言えます。

そのように、失敗を恐れることなくチャレンジし続けられる人であれば、やがて大きな成果をあげられる可能性も高いです。

何度も条件を見直して粘り強く実験を繰り返せる根気のある人こそ、研究職に向いています。

円滑にコミュニケーションが取れる

研究職にはコミュニケーション能力も必要になります。

一般的に、研究職と言うと1人で閉じこもって研究に打ち込んでいるというイメージを持たれがちです。

しかし、もちろん実際は、そうではありません。

研究は、単独で行うものではなく、同僚の研究者や他部署の人などと連携して進める場合がほとんどです。

ときには、自分が所属する機関の枠組みを超えて、さまざまな企業や研究所の人と協力することもあります。

情報共有やプレゼンテーションなど、他者に伝えるためのスキルが必要になるため、それらをこなすためのコミュニケーション能力が大切です。

自分と同じ分野の専門家はもちろん、分野の専門外の人とも円滑にコミュニケーションを取れる人が研究職に向いています。

【研究職の年収は低いのか?】研究職になるために

研究職とはどのようなものか、向いている人はどんな人物なのかはわかりました。

それでは、実際に研究職として働くためには、どのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。

研究職は、のんびり就職活動をしていてもなれる職業ではありません。

将来的にどのような分野で何を研究したいのか、学生のうちから具体性をもたせて考える必要があります。

まず、企業の研究職に就くのか、大学の研究職になるのかなど、働きたい機関を決めましょう。

どの機関で働くかによって、必要なプロセスが異なります。

理系分野の研究職であれば、文系と比べて種類が多く選びやすいです。

そのため、自分のしたい研究が見つかる可能性は高いでしょう。

そして、希望する分野に進むために必要なのが大学での活動実績です。

いくらやる気があるからといって、その分野に触れたこともない人間を企業は雇いません。

大学生のうちに、自分がやりたい研究について、何かしらの形で行動を起こす必要があります。

研究室での研究に参加する、自分で論文を書くなど、なるべくその分野に密接に関わるよう心掛けましょう。

まとめ

ここまで、研究職とはどのような仕事か・年収は低いのか・メリットやデメリットは何か・向いている人はどんな人物かなどについて解説してきました。

研究職は、仕事の内容が社会貢献に直結するようなやりがいのある仕事です。

自分の好きなことについて深く関われるというのも大きな魅力でしょう。

一方で、簡単になれる仕事ではなく、継続するのも難しいという難点も抱えています。

一度研究職になると、仕事が嫌だと思っても、転職が大変だというのもデメリットの1つです。

しかし、日本人の平均的な年収よりも多くの収入を得られる可能性が高く、能力次第で稼げる職であるという点もあります。

研究職を目指すのであれば、学生のうちからできるだけ明確なビジョンをもって行動しましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます