【例文あり】飲食店バイトをガクチカとして魅せる方法!絶賛される構成とポイントを紹介!

【例文あり】飲食店バイトをガクチカとして魅せる方法!絶賛される構成とポイントを紹介!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

就活生の中にはガクチカの提出を求められたときに、何をテーマに書いたら良いかを悩む方も多いのではないでしょうか?

今回は飲食店でのアルバイト経験をガクチカとして魅せる方法を解説します。

例文も紹介しますので、最後まで読んでぜひ、参考にしてみてください。

この記事を読んでわかること

・ガクチカで企業が見ていること
・飲食店のアルバイト経験をガクチカにするポイント
・飲食店のアルバイト経験でアピールできること
・例文

この記事をおすすめしたい人

・飲食店のアルバイト経験を活かしたい人
・ガクチカが不安な人
・例文を見てみたい人

【飲食店アルバイトのガクチカ】ガクチカは魅せ方で変わる!

ガクチカとは「学生時代に力を入れてきたこと」を省略した形になります。

最近の就活ではESや面接時での定番の質問になりつつあります。

ここでガクチカを作るにあたって何をテーマにすれば良いのかを悩む方も多いでしょう。

また、今回のように飲食店でのアルバイトでは、エピソードとしては平凡で薄いのではと考える方もいるのではないでしょうか?

そんな人たちは心配は無用ですので、ここから先の解説を良く読んで参考にしてください。

ガクチカでは、選ぶテーマ以上にその魅せ方が重要です。

【飲食店アルバイトのガクチカ】ガクチカの評価点

ガクチカではどのような点が見られ、評価の対象となっているのでしょうか?

企業が知りたい点や、何のためにガクチカの提出を求めるのかを考えるとガクチカの評価点が見えてきます。

特に次に紹介する2つは重要な点ですので、しっかりと確認しておいてください。

モチベーションの源泉

企業はそのガクチカをなぜ頑張ることができたのかといった、モチベーションを継続するための源泉を知りたいと考えます。

これはなぜかというと、企業は長く自社で働いてくれて、活躍してくれそうな人材を採用したいと考えているためです。

そのためには、学生がどのようなことに興味を持ち、なぜ頑張れたのかといった、モチベーションの基となった源泉を知りたいと考えます。

これに対応するためには、なぜそれに取り組んでいて、継続することができたのかをしっかりと考えておく必要があります。

価値観・人柄

企業の採用担当者は、あらゆる要素を加味しながら志望者の合否の判定を行いますが、その人物の価値観や人柄を知ることも重要と考えています。

これは企業の社風や働く人たちの価値観がある程度一致していることにより、入社後のミスマッチを減らせる可能性があるためです。

このため、できるだけ企業風土や働く人たちの方向性を見極めた上で、ガクチカを作成することが大切です。

継続してきた理由や、困難への対処法などは価値観や人柄が見えやすいので、丁寧に考えた方が良いでしょう。

何を学んだのか

企業担当は応募者のガクチカとして評価する観点として、その経験を通じて何を考え、何を学んだのかという点を見ています。

飲食店アルバイトのガクチカ自体は正直に言ってそこまで珍しいものでもないので、企業担当が評価する点はしっかりと抑えておきましょう。

さらに、何を学んだのかという点だけでは不十分です。

その学んだことを入社後にどのようにして活かせるのかという点も含めて見られているので、しっかりと意識しておきましょう。

論理的に話せるか

応募者が自身の経験を客観的な目線で捉えることができているか、またそれに基づいてロジカルに話せるかどうかも見られています。

ビジネスの場ではロジカルに、つまり論理的に伝える能力は非常に重要視されています。

飲食店アルバイトのガクチカについてもその点は評価ポイントとしてみられているので、自分の文章が論理的な構成になっているかどうか確認しておきましょう。

【飲食店アルバイトのガクチカ】飲食店アルバイトのエピソード選定

選定するガクチカのテーマによって、エピソードにしやすい内容は異なります。

飲食店でのアルバイトをテーマに考えるのであれば、エピソードのタイプはおよそ4つに分かれます。

それぞれを解説しますので、自身の経験と比較して参考にしてみてください。

接客

飲食店をテーマにしてガクチカを作成する際には、一番多くなりやすいエピソードです。

そのために、他の就活生とも内容が被ってしまう可能性はありますが、接客自体が幅広く多くのバリエーションを持っているため工夫をすることでカバーは可能です。

接客の際のお客様への傾聴力や、提案力などは比較的アピールがしやすいと言えます。

また、問題点を分析し接客に工夫をする形で実施できたことや、その具体的な効果などをアピールできると高評価を得やすくなります。

主にホールを担当している人が使えるエピソードです。

効率化

業務を行う上で問題に感じた部分を改善することにより、効率化を図れたといった流れのエピソードです。

普段何げなく行っている業務でも、疑問点を見つけて改善策を考えている部分で、課題発見力へのアピールにつながります。

このため、表現する際には、「この問題を発見して、このように改善した」と端的に文章にするのではなく、問題点に気づいた経緯なども伝えられるとさらに良くなります。

また、得られた効果については、しっかりと定量化して表現することで、効果がより理解しやすくなります。

キッチンとホールの両方のエピソードとして使え、課題発見力の他に、分析力や論理的思考のアピールにつながります。

売り上げUP

売上の向上につながったタイプのエピソードです。

はっきりと数値化できるため、効果が一番分かりやすく伝わりやすいタイプのエピソードです。

新たなチラシの作成やメニューの考案、キャンペーンの立案などのクリエイティブな業務を行っていれば、アピールしやすいと言えます。

ただし、売上向上のエピソードのため、切り口次第ではどの業務でもアピールは可能です。

キッチン担当目線やホール担当目線で、このように改善し売上増につなげたとの話で伝えることができます。

企画力や行動力をアピールできると同時に、売上改善のための提案力で良い評価を得ることができます。

マネジメント業務

アルバイトリーダーなどの活動でマネジメント業務を経験してきたことをアピールするエピソードです。

飲食店の業種によっても変わってくると思いますが、一般的にはシフトの管理や新人への教育、指導を行ってきた内容がメインになるでしょう。

また、職場での人間関係の解決や、その他さまざまな調整を行ってきたことのアピールも可能です。

多くの人が関わってくるため、調整力やリーダーシップなどアピールできます。

【飲食店アルバイトのガクチカ】飲食店のアルバイトでアピールできる能力

実際に飲食店でアルバイトの経験がある人は、おそらく少なくないでしょう。

だからこそ、その経験を活かしたガクチカアピールをしたいと思うのも無理はありません。

ここからは、具体的にどんなことを伝えればアピールになるのか?その内容を3つ紹介します。

リーダーシップ

まず飲食店でアルバイトをしたことがある人の中には、ただ1人のスタッフとして働いていただけではなく、アルバイトリーダーとして働いていた人もいるでしょう。

アルバイトリーダーの経験をしている時点で、あなたはお店の偉い人から優秀な人材であることを認定されている証です。

つまり、飲食店でのアルバイト経験をアピールする際には、リーダーシップを発揮していた事実を、きちんと伝えるようにしましょう。

もし長くなりそうであればESで省いても良いですが、面接の場では必ず伝えることを忘れないようにしてください。

課題解決力

これまでのアルバイト経験を通じて、おそらく最初から最後まで順調にいった人は少ないでしょう。

つまり、大半の人は何かしら課題にぶつかったことがあるはずです

そこで重要なのが、課題に対してどのように自分が頑張ってきたのか?ということです。

多くの企業は、ガクチカを通じてあなたのポテンシャルを見定めようとします。

だからこそ、課題解決力があるところを、ガクチカでアピールしなければいけないのです

例えば、来客が少なくなってきた状況の中で、どのようにして集客に貢献したのかを具体的に書いてみるのも良いでしょう。

その内容1つで、企業によっては採用を決めることがあるかもしれません。

継続力

もしある程度長く飲食店でアルバイトをしてきた場合は、その長さをアピール材料にするのも良いでしょう。

なぜなら、継続力のある人材だと認識してもらえるからです

最近では採用してもすぐに辞められてしまい、困る企業も決して少なくありません。

そのため、できる限り長く働いてくれそうな人材を、優先的に探したいところも珍しくないでしょう。

ちなみに長く働いていたことをアピールする際には、「ただなんとなく」や「他のアルバイトに変えるのが面倒だった」のような内容を伝えるのではなく、「この仕事にやりがいを感じられたから」といった、ポジティブな内容を伝えるようにしてください。

【飲食店アルバイトのガクチカ】ガクチカの構成

ガクチカを作る際にも、最初の段階で構成を考えてから書き始めた方が仕上がりは良いものになります。

構成の種類もさまざまにありますが、一番わかりやすく伝わりやすい構成を以下に紹介しますので、自身で作成する際の参考にしてください。

結論

まず最初に結論から述べます。

どのようなことに取り組んできたのかといった内容を軸にして書き始めてください。

結論から書き始めることで、最初にイメージがつけやすいため、その後の文章も読みやすくなる効果があります。

また、ESの段階では読み手である採用担当者は読むだけのため、気になった点や分からない点などの質問はできません。

このために、できるだけ詳細にイメージがしやすいように書くことを心がけましょう。

背景

結論を最初に述べたあとは、背景や理由について説明します。

「なぜそれに取り組んだのか」といった結論に対しての補足的な部分です。

取り組んだ理由を知ることで、企業の採用担当者はその人物の人柄を知ろうとします。

選んだ理由や継続してきた理由などを知ることにより、その人の努力や人柄が見えてくるため、担当者はある程度人柄の予測をつけることができます。

ただし、背景については結論の補足の要素が強いため、それほど重要ではありません。

文字数が厳しい場合には、抜かしても構わないでしょう。

目標・課題

次に目標とそれを達成させるために途中にある困難などの説明を行います。

目標に向かって進んでいる間にある、困難に対しての原因を明確に説明できると改善策や施策に対しての妥当性が見えると同時に、一貫性も理解することができるため、内容が分かりやすくなります。

また、目標はできるだけ数値化できるものを示した方が、結果との比較も容易でありイメージしやすくなります。

文字数に余裕があれば、目標を設定した理由も説明できるとさらに内容は良くなります。

施策・結果

次に続く文章として、施策と結果について説明します。

施策については、課題を解決するために工夫したことや実施した内容についてです。

注意する点として、課題とそれに対する施策は一致していなければなりません。

もし、理論的に飛躍した内容になっていると、ロジカルではない印象を与えることになります。

読み手次第では、現実性が薄いと判断される可能性もあるため注意が必要です。

また、結果については簡潔に述べる程度で構いません。

ガクチカでは結果よりも、過程が重要視されるためです。

学び

最後では経験を通してどのようなことを学んだのかを説明します。

学びの内容については、それぞれで違いまた、個人によっての受け止め方も異なるため、どのような内容でも構いませんが、できるだけ仕事に生かせて再現性のある内容である方が、良い印象を与えられます。

最後の締めとして、今後の仕事にこのように生かすことができるといったようにまとめられると、読み手側も理解しやすく良い印象で終わることができます。

アルバイトで学んだこと...って何?

ガクチカでは、結果がどうあれその経験を通じて、その人が何を学んだのかが重要視されます

とはいえ、人によってはどのように書けば良いのか悩んでしまうかもしれません。

もし難しいと感じた場合は、少し表現の仕方を変えてみるのも良いでしょう。

例えば「○○の重要性を感じることができました」のような言い方でも、まったく問題はありません。

その一文が企業に響く可能性も十分にあるため、ここは真剣に考えて書くようにしてください。

【飲食店アルバイトのガクチカ】ガクチカのポイント

ガクチカを作成する際には、いくつかのポイントと注意しなければならない点があります。

これらを意識しておくことで、読みやすく真実性の高いガクチカを作ることができます。

次にあげる点は、意識しながら作成してください。

定量的に表現

ガクチカに限ったことではありませんが、抽象的な表現は避けて具体的かつ、定量的に表現した方が、イメージがしやすく伝わりやすい内容になります。

これは、目標にした部分であったり、得られた効果や実施した施策に対しての部分です。

例えば「接客を工夫して頑張った」などは伝わりにくいですが、「売上を5割伸ばした」や「来客数を1日あたり100名にした」などの方がよりイメージがしやすく、わかりやすい文章になります。

課題と施策の一貫性

課題に対しての施策は一貫性を保つ必要があります。

施策の内容がずれていると、理論的な思考ができていないといった印象を与えてしまい、評価はマイナスになる恐れもあります。

また、この部分が整っていないのに結果が出ている内容であれば、全体の信ぴょう性にも関わってくる可能性があります。

例えば、「個人売上が最下位」に対する施策が、「最新の情報を仕入れる」といった内容であれば、課題と施策に一貫性が乏しくマイナスの印象を与える結果になります。

結果ではなく施策を強調する

クチカで重要なことは結果ではなく、どのように考えて行動したのかといったプロセスの部分が重要です。

結果以上に現状を受けて、どのように考え思いついた施策はどのようなものか、どういった行動を起こしたのかといった過程を知ることにより、人柄や人物像の把握に近づこうとします。

このため、結果よりも施策に文字数を割き、施策を強調するのが良いでしょう。

【飲食店アルバイトのガクチカ】ガクチカの例文を5つ紹介

次にガクチカの具体的な例文として2つ紹介します。

飲食店アルバイトのガクチカとしては、代表的なホールとキッチンでの例文で紹介します。

これから自分のガクチカを作成予定の方は、例文を参考にアレンジして自身のガクチカを仕上げてください。

ホールの例文

例文

私は学生時代の居酒屋でのホールアルバイト経験を通じて、リーダーシップの重要性を学びました。

勤務する居酒屋では、お酒の種類が多く、作成方法や種類を覚えるのが大変でミスや混乱につながっていました。

特に新人スタッフは種類の多さから混乱を招き、忙しい時間帯では間違いや、提供の遅れが多発しお客様にも迷惑をかけることが多くなってきていました。

そこで私は、新人スタッフのスムーズな習得と、ミスを減少させるために、ベテランスタッフと連携しお酒のマニュアルを作成し配布することにしました。

同時に、ドリンカーエリアにもマニュアルを配置し、常に参照できる環境を整えました。

その結果、新人スタッフは迅速に業務をマスターできるようになり、混乱やミスが減少し始めました。

また、ミスが減ったことより、高品質なサービス提供が可能になり、店舗の評判向上にもつながる結果となりました。

この経験から、周囲を巻き込みリーダーシップを発揮し、問題解決に主体的に取り組む姿勢が重要であることを学びました。

キッチンの例文

例文

私は学生時代に飲食店でのキッチン業務を効率化し、提供時間を10分短縮することに成功しました。

飲食店でオープニングスタッフとして、キッチン業務で働きましたがマニュアルの徹底がなかったため、混雑時にはキッチンが混乱して提供時間が大幅に伸びることなどがありました。

これらについて、どのように改善できるかを観察していたところ、混雑時には全員が目先の業務に集中しておりコミュニケーションが不足していることが分かりました。

このため、忙しい人と手持ち無沙汰な人に分かれており、非効率に業務が進んでいることが分かりました。

私はこの問題を解決するため、業務中の声出しや進捗共有を徹底するように提案しました。

これにより、キッチン全体の情報共有がスムーズに行われ、手持ち無沙汰な人も次の業務を迅速に見つけられるようになりました。

その結果、提供時間の10分短縮に成功し顧客の待ち時間の大幅な短縮と、店舗全体のサービス品質を向上させることができました。

この経験から、情報共有の重要性を深く理解しました。

課題に主体的に取り組み、連携を図ることで、効果的な結果を導き出すことができることを実感しました。

キッチンの例文②

例文

私の学生時代に力を入れたことは、カフェでのキッチン業務のフローを最適化したことです。

当時、私はレンジや炊飯器の配置に無駄が多いと感じました。

具体的には、頻繁に使用する機器へのアクセスが不便で、スタッフ間での無駄な動きが頻発していました。

私は、この問題をどうにか解消できないかと考え、オペレーションや作業のしやすさを重視したキッチン内の配置の改善提案を店長に持ちかけました。

具体的には、よく使用する機器を中心に配置し、頻繁に動くスタッフの動線を最短化することを提案しました。

この提案を実行した結果、作業効率は明らかに向上し、スタッフ全員の動きがスムーズになり、料理の提供スピードが以前よりも10分早くなりました。

この経験を通じて、私は問題を論理的に捉え、効率的な解決策を考える能力を身につけました。

シフト管理の例

例文

私はアルバイト先でのシフト作成の際に、効果的な人件費の削減を達成することができました。

私が勤めていた店舗では、ピーク時やアイドル時の売上変動に応じてシフトを組んでいるわけではありませんでした。

これが原因で、忙しい時間帯には手が足りず、閑散としている時間帯にはスタッフが過剰に配置されている、という非効率な状態が続いていました。

そこで私は、スプレッドシートを導入することを提案しました。

具体的には、各時間帯の必要人数やスタッフの能力を明記し、それに基づいて最適なシフトを自動で生成する仕組みを構築いたしました。

この結果、店舗の人件費が大幅に削減され、同時に売上も向上するという、まさに一石二鳥の結果を得ることができました。

この経験を通して学んだことは、ツールを効果的に使うことで業務の質や効率を大きく向上させることが可能であるということです。

SNS運用の例文

例文

私は、SNSマーケティングを駆使して店舗の売り上げを伸ばした経験があります。

大学時代、アルバイトとして働いていた店舗が、新規のお客様を増やすためにSNSの力を利用しようと考えました。

そこで私は、店長への日々の感謝と新しいことに挑戦したい欲求から自らSNSマーケティングについて学び始めました。

具体的な取り組みとしては、まず投稿のタイミングや内容に工夫をこらしました。

また、インサイトを定期的に分析して、どんな投稿が多くの人々の目にとまるのかを研究しました。

その結果、わずか数ヶ月でフォロワーが800人を超えるアカウントに成長しました。

アンケートを実施したところ、多くの新規のお客様がSNSを見て当店を訪れたとの声をいただきました。

この経験から学んだことは、目標に向かって努力を続けることの大切さです。

そして、新しい知識を習得することの楽しさや、その知識を実践に移す喜びを実感しました。

新人教育の例文

例文

私が学生時代に力を入れていたのは、飲食店でアルバイトリーダーとして新人教育をしていたことです。

実は当時、取り扱っているメニューの種類が多すぎて、いざお客様に質問をされることがあっても、なかなかスムーズに答えられない状態が続いていました。

その時は商品に詳しい先輩もアルバイトを辞めた時期だったので、しばらくはすごく困る日々でした。

そこで私は、新しく入るスタッフにも、基本的な仕事だけではなくメニューに関するさまざまな知識を教えることに注力することにしたのです。

職場にいる時だけではなく、私が率先して週1での勉強会もプライベートで開くようにした結果、見事にどのスタッフもメニューの説明ができるようになりました。

私自身も人に教えることでたくさんの知識がついたので、今では一切悩むことなく何でも答えられるようになり、すごく嬉しかったです。

貴社でこれから仕事をする際にも、何か大きな課題にぶつかった際に、自分が率先して状況を解決できるように、周りを引っ張っていきたいと思います。

【飲食店アルバイトのガクチカ】ガクチカが書けたら...

ガクチカが完成すると、そこで満足して止まってしまう学生は多くいます。

たくさん考えて完成させたガクチカですから、出来栄えには自信があると思います。

しかし、自分で作った文章を自分で見直ししても、悪い部分やおかしな言い回しに気づくことは困難です。

そんな時には第三者に添削してもらうことをおすすめします。

自分では気づかなかった点も、プロの目で添削してもらうことにより、一段階上の仕上がりを目指すことができます。

ES診断ツールを使えば、LINEで簡単にESの診断が可能です。

プロの目であなたのESを診断してもらい、さらにブラッシュアップしましょう。

おわりに

飲食店アルバイトをガクチカで魅せる方法を紹介してきました。

いかがでしたでしょうか?

ガクチカでは結果の良し悪しはあまり問われません。

過程での考え方や、行動力が見られる傾向にあります。

記事の内容をしっかりと理解して、オリジナルなガクチカを作成し、就活を優位に進めましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます