【比較例文あり】知らないと損するガクチカの盛り方!バレない盛り方とポイントを紹介!

【比較例文あり】知らないと損するガクチカの盛り方!バレない盛り方とポイントを紹介!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録
伊東美奈
Digmedia編集長

HRteamに新卒入社。 キャリアアドバイザーの経験を経てマーケティング事業へ異動。 アドバイザー時代にサービス立ち上げや人材開発、人事の業務に携わり、現在では「Digmedia」のメディア運営責任者を担っている。

「ガクチカをできるだけカッコよく書いても大丈夫ですか?」

「内定が決まってからガクチカのウソがバレた場合、どのような影響が出ますか?」

このように、ガクチカを作成する際にたくさんの疑問や不安があるかもしれませんね。

当記事では、ガクチカを作成する際の重要なポイントやガクチカ作成に役立つ例文をご紹介しています。

この記事を読むことで、ガクチカ作成に必要な知識やアピールの方法を学ぶことができます

ガクチカに不安を抱えている方でも、この知識を活かして自分の希望に合った企業に就職するためのエントリーシートを作成することができるようになるでしょう。

ガクチカについて詳しく知りたいと思っている方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

【ガクチカを盛る】企業がガクチカを聞く理由は?

まず、ガクチカとは何かについて理解してから作成していきましょう。

ガクチカとは「学生時代に力を入れて取り組んだこと」を略した言葉で、就活用語です。

学生時代は自分の成長や将来のためにさまざまな活動に参加する機会があります。

そしてその過程や努力を重視して見るのがガクチカなのです。

成果を残すことはもちろん大切なのですが、それよりもどのような努力をしてきたのかについて評価されます

例えば部活動について部活動に打ち込んだ経験を挙げることもできます。

部活動では日々の練習や試合に向けての努力が求められますし、優勝経験や成果物はもちろん素晴らしいものです。

しかし、それに至るまでの努力やチームワークなどがガクチカでは評価されます。

つまり努力の過程を大切にしているのです。

では、面接官はなぜこのようなことを聞くのでしょうか。

学生の人間性や価値観が自社の社風に合うか見るため

企業がガクチカを聞いてくる理由の最も大きな理由として、学生の人間性や価値観が自社の社風に合うかを確認したいということが挙げられます。

100%同じ考え方を持っている必要は当然ながらありませんが、企業は可能な限り同じような価値観を持っている、人間性が合う人材を採用したいと考えています。

同じ学歴、同じその他の条件などでも、価値観が合っている人の方を採用したいと思うのは人間の常です。

このように、企業が選考する上で重要視するポイントとして、自社とのマッチングが挙げられます。

自分の価値観や人間性がどのようなものであるか伝わるよう、結論だけでなく、途中の段階も具体的に書いていくことが大切であると言えるでしょう。

原動力を知るため

就活生がどのような原動力によって突き動かされているのかは、ガクチカを通して企業が知りたいと考えているポイントの一つです。

ガクチカから原動力やモチベーションを知り、学生がどのように物事に取り組めるかについて知ろうとしています

どのような状況下で、どのような力を発揮するのかを知っておけば、入社後の活躍のイメージにもつながりますし、どのような部署に配属させるかについても考えることができます。

入社後活躍してくれるイメージができる方が当然ながら魅力的に映りますし、採用したいと考えるでしょう。

論理的思考力・表現力があるか見るため

論理的思考力や表現力があるかどうかについても、ガクチカを通して企業は確認しようとしています。

問題が発生した時に解決できるような論理性があることを強調できると良いでしょう。

初対面の人に自分の話を分かりやすく伝えることができるか、コミュニケーション能力なども見ています。

よって、あなたが論理的に物事を考えることができ、少しでも分かりやすく他人に対して物事を伝える能力があるかどうかがわかるような文章を書くと非常に良いでしょう。

【ガクチカを盛る】ガクチカで嘘をついてはいけない

就職活動をする上で、面接は非常に重要な場面です。

ガクチカでは、面接で基本的に嘘をついてはいけないとされています。

当たり前のことかもしれませんが、なぜ嘘をついてはいけないのか、その理由について考えてみましょう。

まず、面接を重ねていくうちに矛盾が生じる可能性があります。

例えば、自己PRの中で自分のスキルや経験を過大にアピールしてしまうと、後の面接でその内容について質問された際に矛盾が生じてしまいます。

矛盾した回答をすることは信頼性を損なうだけでなく、採用担当者に不誠実さを感じさせてしまう可能性もあります。

また、採用後に嘘がばれて内定取り消しなどのトラブルが起こる可能性もあるため、絶対に嘘をつかないようにしましょう。

企業側は採用時に応募者の情報を確認しますし、入社後に実績やスキルが求められる場面もあります。

もし嘘がばれた場合、信頼関係が崩れるだけでなく、企業の評判や自分の将来にも大きな影響を与える可能性があります。

ガクチカでは、嘘をつかないことが求められる理由は以上のようなものです。

面接での誠実さや信頼性は、就職活動において非常に重要な要素となります。

自分自身の魅力や実績を正直に伝えることで、より良い結果を得ることができるでしょう。

【ガクチカを盛る】ガクチカで嘘をつかないためには

ガクチカで嘘をつかないためにはどうすればいいのでしょうか。

以下で解説していきます。

自己分析をする

学生時代に頑張ったことがないと感じる人は、自己分析が足りていない可能性が高いです。

実際には、何もしていないと思っていても、アルバイトやサークル・部活動、ゼミなど何かしらの活動は必ずしているものです。

そこで、自己分析をする際には、その活動を振り返り、自分なりに頑張ったことや苦労したことなどを思い出すことが重要です。

もし何も書くことがない場合には、企業研究を行うことをおすすめします。

なぜなら、企業が求めている人物像に合った自分の行動を考えることで、自己分析がよりしやすくなるからです。

また、より企業に合った履歴書や職務経歴書(ガクチカ)を作成することもできるため、企業研究は疎かにしないようにしましょう。

自己分析の際は以下の記事を参考にしてみてください。

企業研究をする

企業研究をするのも、ガクチカを作成するにあたり嘘をつかないために重要なポイントの一つであると言えるでしょう。

嘘をつくということは、何も書くことがないということです。

しかし、そうした際も企業研究をすることで何を書くべきなのかがわかる場合もあります。例えば、企業が求めている人物像が何なのかを詳しく理解することができれば、自己分析もしやすくなります

また、より企業に適したガクチカを作成することができるという場合もあるので、企業研究は怠らないようにしましょう。

【ガクチカを盛る】盛っても良い場合

どうしてもエピソードに印象が出ない場合は盛ってもいい場合もあります。

ガクチカを盛ってもいい場合を確認していきましょう。

エピソード全体に大きな影響が出ない場合

エピソード全体に大きく影響が出ない場合は、多少の演出や盛り上げは問題ありません

例えば、資格取得の勉強において、何日か勉強できなかった日があったとしても、「3ヵ月間毎日1時間は必ず勉強をしてきた」と言っても、大きな問題はないでしょう。

この場合、実際には週に2日間しか勉強していなかったのに、毎日勉強していたと答えるのは事実とは大きく異なってしまうため、避けるべきです。

性格に関する一部の嘘

性格に関する一部の嘘は誰しもがあると思うため、問題ないといえます。

しかし、実際には嘘は問題を引き起こす可能性があるでしょう。

例えば、自分が頑固であると言ってしまうと、他人からは柔軟性に欠けると見られるかもしれません。

そのため、嘘をつく際には注意が必要です。

嘘をつく場合、ポジティブなイメージを持たれる言葉に変えることが重要です。

例えば、「1つの目標を最後まで成し遂げることができる」と言う代わりに、「自分の目標に向かって努力し続けることができる」と言うと、他人からは積極的な印象を受けるでしょう。

また、嘘をつく際には、相手に信頼感を与えることも重要です。

例えば、「有言実行できる」と言う代わりに、「約束を守ることができる」と言うと、相手はあなたに対して信頼を抱くでしょう。

しかし、嘘をつくことは本来好ましくありません。

嘘は信頼関係を損ない、問題を引き起こす可能性があります。

嘘をつく代わりに、自分の本当の性格や能力を正直に伝えることが大切です。

信頼関係を築くためには、正直さが重要な要素となるのです。

【ガクチカを盛る】盛ってはいけない場合

ここではガクチカを盛ってはいけない場合について解説していきます。

事実とは異なるエピソード

事実とは異なるエピソードになるようにエピソードを盛ることは、信頼性や信用性を失う原因となります。

人々は情報を信じる際、その情報が事実であることを求めます。

しかし、事実と異なるエピソードを盛ることで、人々は情報の真偽を疑うようになります。

質問などで綻びが生じ、その人に対する信憑性が無いと判断されると、即落ちなので事実と異なるエピソードはやめましょう。

順位や人数などの数字

順位や人数を盛ることは、注意が必要です。

特に順位が表彰されている場合などは、インターネットなどに掲載されていることがあります。

調べればすぐに真実が分かってしまいます

もし、自分の順位が掲載されていないことが分かった場合、内定が取り消される可能性もあります。

そのため、順位などの数値は、正確な情報だけを記載しましょう。

しかし、アルバイトの人数や詳細な勉強時間などは、少し盛っても問題ありません

これは、自己PRの一環として、少しアピールすることも重要です。

ただし、大きく盛りすぎると、信用を失ってしまう可能性もあるので、適度に調整しましょう。

役職や立場

役職については必ず正直に答えましょう。

役職や立場はそこになった人にしかわからない問題であるため、嘘を考えるにしても難しいといえるでしょう。

しかし、役職について正直に答えることは、信頼性を高めるために非常に重要です。

例えば、面接時に自分の経験やスキルを過大評価したり、役職を偽ったりすることは、後々信頼を失う原因になる可能性があります。

役職はなくても行動したことが重要であるため特に問題ありません。

役職はあくまで組織内の階層や役割分担を示すものであり、それ自体が成功や成果を保証するものではありません。

むしろ、役職にとらわれずに自らの行動や貢献に重点を置くことが大切です。

例えば、チームの一員として協力し、自ら積極的に取り組む姿勢を持つことが、組織内での評価や成長につながるでしょう。

このことから、役職については必ず正直に答えることが大切です。

自分自身を正確に表現し、信頼性を高めることで、組織内での評価や成長につながるでしょう。

【ガクチカを盛る】嘘は面接官にばれている

採用担当者は何人もの学生を面接してきたため、これが嘘かどうか判断することは容易です。

しかし、確かに1回の面接で全ての嘘を見抜くことはできません。

面接では、学生の能力や人物像を正確に把握するために様々な質問がされますが、それに対して嘘をつくこともあるでしょう。

しかし、何か違和感を感じたら選考に不利に働くことがあるため、なるべく正直に答えることが重要です。

面接では、採用担当者は学生の言葉遣いや態度、表情などを注意深く観察し、嘘を見抜こうとします

また、面接時に過去の経験や実績について尋ねられることもありますが、嘘をついてしまうとその後の選考に不利になる可能性があります。

採用担当者が、嘘をついている学生を見破るためには、経験や実績に関する具体的な質問をすることです。

それに対して正確かつ自信を持って答えることが重要になります。

一方で、学生が正直に答えることは簡単なことではありません。

面接では、自分自身をアピールするために過大な表現や装飾がついてしまうこともあるでしょう。

また、面接の緊張やプレッシャーによって、本来の自分とは違う言動をとってしまうこともあるかもしれません。

しかし、採用担当者は多くの学生を面接してきた経験から、嘘をついているかどうかを見抜くことができるでしょう。

そのため、なるべく正直に自分自身を表現することが重要になります。

【ガクチカを盛る】面接での受け答えの仕方

ここからは面接での受け答えの仕方について解説していきます。

堂々とした態度をする

面接官は嘘に気づいたとしても、あまり大きな嘘や事実と大きく乖離していなければ選考を通ることがあると言われています。

面接の際には、堂々と受け答えをし、矛盾のない回答をすることが重要です。

実際、一部の場合では誇張した点が大きなアドバンテージになることもあります。

たとえば、自己PRの際に自分の能力や実績を少し大げさに表現することで、自信を持っている印象を与えることができるでしょう。

また、過去の経験や成果についても、少し強調して語ることで、面接官に印象を残すことができるかもしれません。

しかし、これはリスクが伴う行為でもあります。

嘘が発覚した場合、信頼性を失ってしまい、採用のチャンスを逃してしまう可能性もあります。

そのため、なるべく正直に受け答えをし、自分の本当の姿を面接官に伝えることが重要です。

自分の長所や短所を客観的に認識し、適切な言葉で表現することが求められます。

面接は相互の信頼関係を築く場でもあるため、正直さと誠実さは非常に重要な要素です。

矛盾が生じないように細かいところまでエピソードを練る

面接官にばれないためには、矛盾を無くすことが非常に重要です。

自己紹介やエピソードの話の中で、自分が述べたことと矛盾しないようにする必要があります。

例えば、過去の経験やスキルについて話す場合、それが本当であることを確認し、信憑性を保ちましょう。

もし矛盾があると面接官に見抜かれてしまう可能性があり、信頼性を失うことにつながります。

自分のエピソードが嘘ではないことを示すためには、事前にしっかりと準備をすることが重要です。

自分の経験や成果について具体的な証拠や事例を用意し、それに基づいて話を展開しましょう。

また、練習を重ねることも大切です。

矛盾がないか確認するために添削をする

自分の発言に矛盾がないか、違うことを言っていないかを確認するために、模擬面接やフィードバックを受けることが有効です。

他人の目から見て矛盾がないかを確認することで、自信を持って面接に臨むことができます。

矛盾を無くすことは、面接官に信頼されるためにも必要なスキルです。

面接では、自分自身を最大限にアピールすることが求められますが、その際に矛盾があると信頼性を損なうことになりかねません。

自己分析や準備をしっかり行い、自分の話が一貫性を持つように心掛けましょう。

面接官が矛盾を見つけることなく、自分の話を信じてくれるようになれば、内定獲得への道も近づくことでしょう。

【ガクチカを盛る】ガクチカで重要な事

以下ではガクチカで重要なことについて解説していきます。

ガクチカは「成果」ではない

最初に言ったように、ガクチカは「成果」を求めていないということです。

彼らが重要視しているのは、企業との相性や仕事への取り組み方など、人物そのものです。

つまり、ガクチカは人柄や将来性を重要視しているのです。

ガクチカを盛るという行為は、本当の人柄を証明することができないため、企業にとっても就活生自身にとっても良い結果とは言えません

ガクチカは正直に自分自身の考えを伝えるべきです。

例えば、ガクチカが面接で自分を盛ってしまった場合、実際の仕事でその能力を発揮できるかどうかは分かりません。

企業は実力や経験を重視しているため、ガクチカの実力が伴っていなければ、長期的な成功は難しいでしょう。

また、ガクチカが自分の本当の人柄を隠してしまうと、仕事のパフォーマンスやチームワークにも影響が出る可能性があります。

ガクチカが自分自身を素直に表現し、企業との相性が合わない場合は、お互いにとって良い結果とは言えません。

ガクチカは正直に答えることで、自分自身の強みや成長意欲をアピールすることができます。

企業はガクチカの真の姿を見極めることができ、長期的な関係を築くことができるでしょう。

【ガクチカを盛る】盛る際のガクチカ例文

ここでは盛る際のガクチカの例文について紹介していきます。

アルバイト経験

アルバイト経験は就活生が書くことが多いため、差別化が難しいです。

盛る前の例文

私の学生時代に力を入れたことはアルバイトのキッチン経験です。

アルバイトを始めた当初は中々上手く出来ず、社員の方に負担を強いてしまう事がありました。

しかし、私はその経験を通じて多くのことを学ぶことができました。

私がアルバイトを始めた当初は、料理の技術や流れを理解するのに時間がかかりました。

社員の方々は忙しい中、私に手を取って教えてくださり、そのおかげで徐々にスキルを磨くことができました。

しかし、まだまだ完璧ではありませんでした。

私の未熟さによって、時には社員の方に負担をかけてしまうこともありました。

そこで私は、業務時間終了後に社員さんに頼んで料理の作り方を練習しました。

彼らは忙しい中でも親切に教えてくださり、私が理解するまで何度も指導してくれました。

私は真剣に取り組み、自分の未熟さを克服するために努力しました。

その結果、私は徐々に料理のスキルを向上させることができました。

最初は時間がかかっていた料理も、徐々に早く、そしておいしいものを作ることができるようになりました。

社員の方々からも認められるようになり、自信をつけることができました。

このアルバイトの経験を通じて、私は単なる仕事の経験以上のものを得ることができました。

努力と継続の大切さを学び、困難に立ち向かう力を身につけることができました。

また、他の人に負担をかけないことの重要性も学びました。

私の学生時代に力を入れたアルバイトのキッチン経験は、私の成長の一つの証です。

今でもその経験から学んだことを活かし、日々の生活や仕事に生かしています。

 

上記の盛る前の文章には、どのようにして課題を改善したかなどの記載はあるものの、具体的にどのように行動し、改善したかなどについては書いてありません

盛った後の例文

私の学生時代に力を入れたことはアルバイトのキッチン経験です。

アルバイトを始めた当初は中々上手く出来ず、社員の方に負担を強いてしまう事がありました。

しかし、私はこの経験を通じて自己啓発の重要性を学びました。

 

アルバイトを始めた当初は、料理の経験がほとんどなく、仕事に追われる中でなかなか上達できませんでした。

しかし、私は諦めずに努力を続けることを決意しました。

業務時間終了後に社員さんに頼んで料理の作り方をシフト毎1時間必ず練習するようにお願いしました。

最初は戸惑いもありましたが、社員さんの指導のもとで徐々にスキルを磨くことができました。

さらに、料理ノートを作り、社員さんからのアドバイスをメモすることで家でも練習をして料理の腕を上げることができました。

自分の弱点や改善点を明確にするために、反省点も書き留めるようにしました。

このような継続的な努力と反省を通じて、私の料理の技術は徐々に向上しました。

この経験から、継続の必要性や1つの目標を達成するための努力をすることの重要性を学ぶことができたと感じています。

アルバイトのキッチン経験を通じて、成功するためには努力と継続が必要であり、目標を達成するためには自己啓発を続けることが大切だということを学びました。

私の学生時代に力を入れたアルバイトのキッチン経験は、私の成長と自己啓発の礎となりました。今でもこの経験を忘れずに、新たな目標に向かって努力を続けています。

 

上記の例文では、盛る前の例文と比較して「シフト毎に1時間練習」「料理ノートを作り、社員さんからのアドバイスをメモした」などの具体的にどのようにして努力したのかを述べています。

サークル経験

ここからはサークル経験に関するガクチカです。

盛る前の例文

私の学生時代に力を入れたことは、テニスサークルでの経験です。

大学2年生の頃、私は大会に出場する予定でしたが、コロナ禍のために開催されませんでした。

しかし、私たちはモチベーションを保つために、サークルメンバー4人で週に1回テニスをしました。

この経験から、テニスの大会が開催できなくても楽しく続けることができることを学びました。

私たちは諦めずに努力し、大学4年の時に開催された大会でダブルスで優勝することができました。この経験は私にとって、諦めずに続けることの重要性を教えてくれました。

テニスサークルでの経験は私にとって大きな自信につながりました。

私は困難な状況でも諦めずに取り組むことができることを知りました。

また、チームメンバーとの協力や励ましも大切な要素であり、それが私たちを勝利に導いたのです。

この経験は私の人生においても役立つことが多いです。

例えば、就職活動や仕事での困難な状況に直面した際にも、諦めずに努力し続けることができます。また、協力や励ましの力も忘れずに活かすことができます。

私の学生時代のテニスサークルでの経験は、私にとって大切な学びの場でした。

諦めずに努力し続けることの重要性を学び、自信をつけることができました。

これからも困難な状況に立ち向かいながら、前向きな姿勢で取り組んでいきたいと思います。

 

上記の文章だと、コロナ禍でなかなか人と集まれないことは伝わりますが、モチベーションを保つために普通にサークル活動を行って結果を出したことしか伝わっていません。

盛った後の例文

大学時代に力を入れたのは、テニスサークルでした。

大学2年生の頃、私は大会に出場する予定でしたが、残念ながらコロナ禍で大会は中止されました。

しかし、私はモチベーションを保つために、サークルメンバーに声をかけて、週に1回のテニスレクリエーションを開催しました。

このレクリエーションは、サークル以外の場所で行うものでした。

このレクリエーションのおかげで、私たちは疎遠になることなく、サークルの活動ができない状況でも結束を保ちました。

そして、私が大学4年生の時に開催されたダブルスの大会で、なんと優勝することができました。

この経験から、私はどんな状況でも諦めず、周りを巻き込むことの重要性を学ぶことができました。

この経験は、私にとって大きな教訓となりました。

人生には様々な困難や障害が存在しますが、諦めずに努力を続け、周りの人々と協力し合うことが重要だということを学びました。

また、チームスポーツの醍醐味は、仲間との結束力や信頼関係を築くことにあるとも感じました。

これからも私は、諦めずに努力をし、周りの人々と協力しながら、目標に向かって進んでいきたいと思います。

テニスサークルでの経験が私の人生に大きな影響を与えたことに感謝しています。

私の将来の挑戦にも同じような精神を持って取り組み、成果を上げることを目指します。

 

上記の文章では、コロナ禍で人と集まれない時期に、部員たちがテニスへのモチベーションを保つためにどのように行動したのかが伝わってきます

コロナで思うように行動できなかった中でもチームワークを高めて、4年生の大会で結果を出したことで困難を経て、結果を出したストーリー性のあるガクチカになっています。

まとめ

面接やエントリーシートは「自分がいかに優秀な人物であるか」を伝える場ではなく「学生と企業の相性を確かめる場」です。

これは、学生が輝かしい実績や面接の受け答えに自信を持っていても、必ずしも合格できるわけではないということを意味します。

実績の大きさだけに気を取られずに、学生の皆さんは相性を重視して企業を選ぶべきです。

また、企業も自己PRを盛っていることに注意が必要です。企業説明会では、会社の悪い部分を聞くことは難しいですし、座談会に参加する社員も選ばれたエースの一部です。

最近の傾向として、グローバルを強調する企業が多いように感じられますが、実際にはその企業が自分に合っているかどうかを判断するためには、会社の説明だけでなく、OB訪問などの情報収集が重要です。

学生の皆さんには、企業選びの際には自分なりの情報収集を踏まえて判断することをお勧めします。実際に働く社員の声を聞いたり、仕事の現場を見学したりすることで、企業の実態を知ることができます。

自分に合った企業を選ぶことは、将来のキャリアにおいて非常に重要な要素です。

面接やエントリーシートは、自分の優秀さをアピールする場ではなく、学生と企業の相性を見極める場であることを忘れずに、自分に合った企業を選ぶために十分な情報収集を行いましょう。


 

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます