【無料添削!】志望動機は添削すべき!!内定に近づく志望動機を作成するには?

【無料添削!】志望動機は添削すべき!!内定に近づく志望動機を作成するには?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録
伊東美奈
Digmedia編集長

HRteamに新卒入社。 キャリアアドバイザーの経験を経てマーケティング事業へ異動。 アドバイザー時代にサービス立ち上げや人材開発、人事の業務に携わり、現在では「Digmedia」のメディア運営責任者を担っている。

はじめに

志望動機を作成して一段落つき、早速提出したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし志望動機は作成したらそのまま提出して良いというものではありません。

自分や周りの人に添削してもらい、質を高めてから提出することが重要なのです。

そこで今回は志望動機を添削するメリットなどについて詳しく紹介していきます。

【志望動機を添削しよう!】志望動機とは

志望動機について考えていく前に、そもそも志望動機とはどのようなものなのかについて、定義から考えていく必要があると言えるでしょう。

志望動機とは、志望した企業でなぜ働きたいのかを伝えるものであり、ESにおいても、面接においても100%聞かれるものであると考えて問題ありません。

就活の中でも自己PRと並んで最も重要性が高いものなので、質の高いものを提出する必要があります。

【志望動機を添削しよう!】志望動機を聞かれる理由

企業はなぜ志望動機を聞いてくるのでしょうか。

そもそも企業の意図を理解することができれば、相手側の立場になって文章を作成することができます。

企業の採用担当者に良い印象を与えるためにも、下記の3つの点を意識した上で志望動機を作成していきましょう。

人柄を見るため

企業は人柄を見るために志望動機を聞いてきているという側面もあるでしょう。

当然ながら企業の採用担当者も人間なので、可能な限り今働いている他の社員や自分と気が合う、仕事に対する考え方が近い人材を採用したいと考えているはずです。

企業の社風に合っているか、同じ方向を向いて働いていくことができるかについて、志望動機を通じて確認している企業がほとんどであると言えます。

志望度の高さを見るため

志望度の高さを見るためというのも、企業が志望動機を聞いてくる理由の一つに挙げられるでしょう。

どのくらい練り込まれた、質の高いものを提出してくるかというのはもちろんのこと、企業研究をどれくらい行っているかについても確認し、就活生のモチベーションを確認しているのです。

質が高いものを提出してくる、そして企業の理念や取り組みについてしっかりとリサーチしていることが伺える志望動機を提出してくる就活生は、採用した場合も熱心に仕事に取り組んでくれる人材であるとみなされる可能性が高いです。

自社とのマッチ度を図るため

自社とどれほどマッチしているかというのも、志望動機を通じて多くの企業が確認しているポイントの一つであると言えます。

どれほど有能な就活生であったとしても、いざ採用して活躍することができなければ、お金をかけて採用した意味があまりありません。

そして何より就活生があまりリサーチを行っていない、または企業に関して勘違いをしているなどの場合、就職してから想像と異なっていたという理由で早期離職をしてしまう可能性もあります。

会社としても、当然ですが、就活生からしても、新卒という強いカードを失ってしまうことになるので、お互いのためを思ってあえて落とすという選択をすることもあるのです。

【志望動機を添削しよう!】志望動機を添削してもらうメリット

志望動機を添削してもらうメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

志望動機は自分で添削するだけでなく、第三者に確認してもらうことも非常に重要です。

この対策におけるメリットは、大きく分けて3つあります。

完成度の高い志望動機を作成することができる

自分だけでなく、第三者に確認してもらうことで、完成度の高い志望動機を作成することができるのが、志望動機を添削してもらうメリットの一つであると言えるでしょう。

自分の書いた志望動機は、どうしても100%客観的に確認することはできません。

そこで他の誰かに聞いてみることで、説明不足な点はないか、分かりにくい部分はないかなどについて確認することができます。

自信につながる

自信に繋がるというのも、第三者に志望動機を添削してもらうことの大きなメリットの1つであると言えるでしょう。

添削をしてもらうことで、ミスやわかりにくい部分について指摘してもらえるだけでなく、太鼓判を押してもらえることもあります。

複数の人に問題がない、良い志望動機であると言ってもらえた場合、自信が高まることでしょう。

就活においては、自信を持って臨むことも非常に重要であるため、志望動機を添削してもらうのは重要な対策の一つであると言えるのです。

アドバイスをもらうことができる

基本的に志望動機の添削をしてもらう場合、ダメ出しをしてくれるだけでなく、どのように改善すれば良いのかアドバイスをもらうこともできます。

どの点が分かりにくかったのか、それをどのように改善すれば良いのかについて教えてもらえるだけでなく、相手が就活を終えている先輩などであった場合は、どうすれば企業の採用担当者に響くのかについても教えてくれます。

ただ悪いところを指摘するだけでなく、どうすれば良いのかまで教えてくれる人が多いというのが、志望動機を添削してもらうことのメリットの一つであると言えるでしょう。

【志望動機を添削しよう!】志望動機の添削方法

ここまで志望動機を添削することが重要であるとお伝えしてきましたが、そもそも志望動機を添削するにはどのような方法があるのでしょうか。

大きく分けて5つの方法があるので、それぞれのメリットや特徴について詳しく紹介していきます。

志望動機の添削方法

・添削ツール

・大学のキャリアセンター

・大学の先輩

・OBOG

・ChatGPT

添削ツール

添削ツールを利用するのも志望動機を添削してもらう上でおすすめの方法の一つです。

こちらの添削ツールはLINEで気軽に利用できるのが大きなメリットであり、就活のプロが監修しているので信頼性も高いです。

どうしても知り合いや他の人に依頼する場合は遠慮してしまうという方でも、相手がツールなので気兼ねなく利用できるでしょう。

1万人以上が活用している権威性のある添削ツールである点も魅力です。

大学のキャリアセンター

大学のキャリアセンターに行って添削してもらうのも選択肢の一つであると言えるでしょう。

キャリアセンターはその名の通り、学生の就活をサポートするための場所なので、就活に詳しい大学のスタッフが対応してくれます。

時期や時間帯によっては混雑しており、すぐに利用できない場合もありますが、あらかじめ予約をしておくまたは早い段階で就活を始めることで、待ち時間なくスムーズに利用できるでしょう。

大学の先輩

サークルや学部の先輩で就活が終わっている人、比較的時間がありそうな信頼できる人がいるならば、添削をお願いしても良いでしょう。

特におすすめは、自分が目指している業界に就職が決まった先輩です。

どのようなことに気をつけて就活を行ったか、面接ではどのようなことを意識したかなど、志望動機の添削以外にもいろいろと有益な情報を教えてくれることでしょう。

OBOG

大学のOBやOG、つまり実際に選考に通過した人からアドバイスを聞くことも非常に有益な選択肢の一つであると言えるでしょう。

実際にその企業で働いている、または選考に通過したことがある人に話を聞くということは、どうしたらその企業に合格できるのか聞けるようなものです。

自分の志望動機にはどのような点が足りないのか、どのような点を加えたらより良い印象を与えることができるのかなどについて詳しく教えてもらえることでしょう。

ChatGPT

凄まじい勢いで進化を遂げるAIに添削をしてもらうのも選択肢の一つでしょう。

文章を添削してもらうならば、ChatGPTがおすすめです。

キーワードを指定することで文章を作成すること自体も可能ですが、どうしても「いかにも機械が作成しました」という雰囲気の文章になってしまうことが多いので、まるごと作成をお願いするのはあまりおすすめしません。

しかし、誤字脱字のチェックや添削などにおいては素晴らしいクオリティがあるので、忙しい方などは利用してみても良いでしょう。

【志望動機を添削しよう!】自分で志望動機を添削する際のポイント

続いて、自分で志望動機を添削する際のポイントについても詳しく紹介していきます。

下記のポイントを押さえた上で添削をすることで、他の人になかなか依頼することができなくとも、ある程度クオリティを高めることができるでしょう。

構成を再認識する

構成を再認識するのは、自分で志望動機を作成する上で最も重要なポイントの一つです。

自分で志望動機を添削する際は、まず文章の構成自体がおかしくないかについて確認していく必要があります。

文のつながりや話の軸はもちろんのこと、伝えるべき内容が含まれているかなどについて確認していきましょう。

志望動機の基本的な構成は以下で確認していきます。

結論

志望動機を作成する際は、まず一言目に結論を述べるようにしましょう。

志望動機の場合は「志望する理由は〇〇です」と言ったように、まずは一言で述べる必要があります。

これにより、企業の採用担当者は新たな志望動機を念頭に置いて文章を読んでくれることでしょう。

先に結論を述べないと、何が言いたいのかわからず、間延びした文章になってしまう可能性が高いです。

根拠

自分がその企業を志望する根拠についても詳しく説明していく必要があります。

結論を述べた後は、それを詳しく説明していくのです。

志望するにあたっての経緯や具体的なエピソードがあるならば、是非とも盛り込んでいきたいところです。

また、企業の独自性などについても触れることができれば、企業研究をしっかり行っている、モチベーションの高い人材であるということも併せてアピールできることでしょう。

今後の展望

志望動機の最後では、今後の展望についても分かりやすく説明していくことが重要であると言えます。

なぜならば、全ての企業の採用担当者は、就活生に対して入社した後に活躍してくれることを望んでいるからです。

よって、あなたが持っているスキルをどのように活用して企業に貢献するのか、どのようなポジションで働きたいと思っているのかなどについて話していきましょう。

これにより、企業研究をしっかり行っている、内定を出したらしっかり入社してくれる人材であると信頼もしてもらえることでしょう。

誤字脱字を確認

志望動機を自分で添削する際は、誤字脱字をしっかりと確認することが非常に重要であると言えます。

適切な日本語で書かれているか、間違った表記がないかなどについて確認しつつ、シンプルな誤字や脱字などのミスがないかについても確認していく必要があります。

誤字脱字をチェックする際は、ゆっくりと声に出して読んでみることも重要です。

声に出して読むことで、間違っている部分がより分かりやすくなることでしょう。

面接で質問されそうな部分の対策をする

面接で質問されそうな部分は、どのようなところであるかについても確認していく必要があります。

自分の志望動機において、どのような点を掘り下げて質問してくる可能性が高いかについて考えていきましょう。

この対策ができれば、いざ本番で質問されたとしても、ある程度予測ができているので、落ち着いて答えることができます。

完全に回答を丸暗記する必要はありませんが、ある程度どのような質問がされるかについて考えておくことが重要であると言えます。

まとめ

今回は志望動機を添削することの重要性はもちろんのこと、誰に依頼をすれば良いのか、自分で添削をする場合はどうすれば良いのかなどについて詳しく紹介していきました。

志望動機を作成し終わり、そのまま提出したいと思う人もいるかもしれませんが、可能な限り多くの人に確認してもらい、おかしなところはないか、誤字脱字がないかなどをチェックしてから提出することで、自信を持って就活に臨むことができるでしょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます