インターンシップ

2020/12/04

【インターンでやらかした…】インターンでやらかしたらどうすればいい?就活に影響は?

2020/12/04

インターンでのやらかしのパターンを知った上で、その際の対策方法を確認しておきましょう。
また、インターンでやらかしてしまっても就活全体に与える影響は小さいので、その後どうやって行動するかが重要です。
とにかく謝罪するのか、他の企業を選択するのかはあなた次第といえるでしょう。

【インターンでやらかした…】はじめに

インターンでやらかしてしまったという学生は多いかもしれません。

そして、やらかしてしまったあとにその後自分の評価がどうなったのか気になって仕方がないという人もいるでしょう。

今回はそんなインターンにおけるやらかしについて紹介します。

なるべくならこうしたミスは避けたいところですが、毎年必ずいくらかはやらかす人がいるといえるでしょう。

そのため、
万が一、やらかしてしまった場合はどうなるのかを把握しておくのもよいかもしれません。

【インターンでやらかした…】やらかしあるある

インターンでのやらかしは、いくつかのパターンがあります。

典型的なパターンとしては遅刻をしてしまう場合ではないでしょうか。

さらに、そこから無断欠席までしてしまう人もいますし、服装を間違えてしまう人もいます。

他にも相手にため口をきいてしまう人もいたり、インターンでのやらかしはこのようなパターンになってくるでしょう。

それぞれのやらかしは就活にどのくらいの影響を与えるのかを考えてみますので、ぜひ確認してみてください。

遅刻してしまった…

これは社会で生きるためのマナーといえますが、それでもインターンの際に遅刻をしてしまう人が多いです。

また、インターンでのやらかしの中でかなり多いパターンになるのではないでしょうか。

遅刻してしまうと、かなり焦ってしまうので、そこからさらなる失敗をしてしまうような人もいます。

インターンで遅刻してしまうと、社会人としての資質を問われることになってしまいますので、十分に注意しましょう。

長期インターンで何度も出社するうちの1回ならばそれほど影響がないかもしれませんが、
短期インターンでの遅刻は致命的といえるでしょう。

その時点で相手の評価はかなり落ちてしまうと考えるべきです。

インターンをするなら絶対に避けたい初歩的なミスといえますので、自分なりに対策をして、やらかさないようにしてください。

服装を間違えてしまった…

服装を間違ってしまう人は、毎年ある程度はいます。

しかし、遅刻してしまうことに比べると、傷は浅いといえるのではないでしょうか。

服装を間違うといっても、あまりに逸脱した服装はあまり考えられません。

ちょっとしたミス程度の服装の間違いかと思われますので、その場合はその他の部分で挽回するとよいでしょう。

よほど大きな服装のミスをしない限りは、就活に影響は出ないといえるでしょう。

また、就活の際にはしっかりとした服装をすることも忘れないようにしてください。

ただし、
明らかに場違いな服装をしてしまった場合には、かなり印象は悪くなっていると思われます
ので、大幅に評価を落としてしまうことがあるかもしれません。

社員の人と知らず、タメグチで話してしまった…

これはインターンに限らず、社会人になりたての人や、学生がミスしてしまいやすいポイントです。

自分では気を使っているつもりでも、ちょっとしたことでため口が出てしまうのです。

また、インターンの心得として、
インターン中に出会う人はすべて会社に関係している人物だと思うことが大切です。

そうすることによって、こうしたミスを避けることができます。

とはいえ、咄嗟にため口が出てしまった程度は、ある程度相手も許容してくれますので、大きく就活に響くということはないでしょう。

しかし、まったく目上の人に敬語を使う気持ちがない場合は人格を疑われてしまう可能性があります。

基本的には大きな影響はないものの、ため口を使ってしまった状況にもよるといえるでしょう。

無断欠席してしまった…

無断欠席は相手からの印象をかなり悪くしてしまいます。

遅刻をしてしまい、どうしていいか分からないので、そのまま無断欠席してしまうというパターンはあり得ます。

しかし、そこはしっかりと連絡をしなければ、まず就活でのよい結果はないと考えるべきでしょう。


無断欠席は、会社の信用を一気に落としてしまう行動なので、絶対に避けるようにすべきでしょう。

もしインターンで無断欠席してしまったのならば、その会社はあきらめるべきかもしれません。

ただ、どうしても連絡することができないこともあり得ますので、そういった場合はあとからしっかりと理由を説明する必要があります。

それが納得できる理由ならば、相手も再び考えてくれるかもしれません。

【インターンでやらかした…】対策方法

ここではインターンでやらかした場合の対策方法を紹介します。

自分で絶対にそうしたミスをしないとも言い切れませんので、万が一、そうなってしまった時の対策を把握しておくことは重要です。

また、インターンでのやらかしは、
心構えとちょっとした知識さえあれば、ほとんどが未然に防げるものばかりです。

マナー系は事前にできるだけ調べておく

ため口はマナー系のやらかしだといえますが、これは事前にできるだけ調べておくことによって防ぐことができます。

そもそも、インターン先で出会う人はすべて会社の関係者だと思うという心得があれば、ため口というやらかしはあり得ないといえるでしょう。

マナー系は知識はもちろんですが、事前の心得でかなり防ぐことができますので、実践してみるとよいでしょう。

また、普段からため口をきかないような癖をつけておけば、咄嗟の時にミスをしてしまうのを防ぐことができます。

就活に関するマナー系の情報はたくさんインターネットに出回っていますので、それらを利用して事前に勉強しておくのもよいです。

めちゃくちゃ謝る。本気で。

インターンで失敗してしまった場合は、その後の対応によっても状況は大きく左右されます。


自分が悪いと思っていることをしっかりと伝えることが重要で、そのためには本気で謝ることが重要になってくるでしょう。

遅刻をしても1度くらいならば、しっかりと謝罪することができれば、就活に大きく影響を与えることはありません。

しかし、謝罪もない場合は、悪いと思っていないと受け取られてしまう可能性もあるのです。

ため口なども気づいたあとに、しっかりと謝罪して、今後の行動を改めることができれば、そこまで深く追求されることはないでしょう。

多くの企業は、大学生ということを前提に見てくれますので、失敗したら謝罪したり、反省する姿勢を見せることが非常に重要になってくるのです。

【インターンでやらかした…】就活に与える影響は?

万が一インターンでやらかしてしまった場合の就活に与える影響を紹介します。

どのくらい影響を与えるかによって、やらかしたあとの方針が変わってきますので、これは重要なポイントだといえるでしょう。

ほとんどないが、その企業一本は危険

インターンでやらかしてしまった場合の影響は、広い視野でみれば、実はそれほど大きな影響を与えるわけではありません。

そもそもインターンに参加した企業を志望するかも分かりませんし、就職先の選択肢は一つだけではないのです。

逆に、インターンを志望した企業に絶対に行きたいという場合は、大きなミスになってしまう可能性があります。

また、場合によってはその企業一本だけではなく、他の企業を選択肢として考えておく必要もあるでしょう。

少なくとも、インターンでのやらかしがその他の企業の就活に影響を与えるということはあまり考えられません。

まとめ

インターンでのやらかしについて理解できたのではないでしょうか。

失敗しないように注意をするのは大前提ですが、どうしても失敗してしまうことはあります。

その場合は、そのミスがどの程度のダメージなのか、就職先を考え直す必要があるのかを考えた上で行動を選択したいものです。

失敗してしまったものはどうしようもありませんので、次に失敗しないように注意をすることと、気持ちを切り替えて努力することも重要になってくるのではないでしょうか。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る