自己分析

2020/10/16

就活の軸でまよったら「やりがい」をベースに考えるべし!

2020/10/16

はじめに

 

就職活動を開始しますと先輩などから「まずは就活の軸をはっきりさせろ!」なんてアドバイスをもらうはずです。就活の軸が無いと就職活動も行き当たりばったりになってしまいますし、それでは無駄な作業も多くなってしまいます。なのですが急に「就活の軸」なんて事を言われても、何を基準に考えればよいのか、よくわからないですよね。また自分なりに考えてみた就活の軸が本当に正しいのか、本当に有効なのか不安になることもあるものです。

 

そんな時におすすめなのがやりがいをベースに就活の軸を考える事です。これまであなたが感じてきたやりがいが基準だからこそ、等身大のあなたにぴったりな軸ができますし、だからこそ就活が上手くゆくものです。そんなやりがいをベースにした軸の考え方について、徹底的に解説していきます。

 

そもそも就活の軸ってなに?

そもそも就活の軸ってなんでしょう?明確な答えはないのですがざっくりと言えば「就職活動において自分が最も重要視したいこと」です。

 

こういうと「とにかくマスコミ関係に就職したい」であったり、あるいは「一部上場企業がマスト」なんて事を考える人がいるかもしれませんが、それらを就活の軸というのはあまりにも曖昧です。

 

なぜマスコミに就職したいのか、なぜ一部上場企業が良いのか、その裏にはより深い思いがあるはずですし、さらにそれを深掘りすれば、自分が本当に大切にしたいことが見えてきます。それこそが就活の軸です。

 

就活の軸ってどう使うの?

就活の軸ですが、実際の就職活動においてどのように利用するのでしょう?続いてはそのポイントについて解説していきたいと思います。軸なんて本当に必要?と思っている人はぜひ参考にしてみてください。

 

業界・企業選びの基準になる

就活の軸の最も基本的な使い方は「業界・企業選び」です。これこそ就活の基本の基本であり、最も重要といって過言ではない要素です。ここで就活の軸が無いと「あっ、この企業も良い!」「あっコレも気になる!!」といつまでたっても候補が絞り込めません。

 

候補が絞り込めないということは業界研究や企業研究に力を注げないということを意味しています。それでは本当に入りたい企業を見つけることは困難ですし、就職活動も中途半端なモノになってしまいます。当然ですが、中途半端な姿勢で応募して中途半端なままに面接を受けても結果には繋がりません。

 

自分が進むべき道を見つけ出すためにも、就活の軸ははっきりとさせておきましょう。就活が忙しくてそれどころではないかも…なんて人もいるかもしれませんが、急がば回れです。

 

エントリーシート作成時の指針になる

就活の軸はエントリーシート作成時にも役立つものです。エントリーシートには志望動機であったり自己PRであったり、あるいは学生時代に力を入れた事であったり、色々な項目を作成しなくてはなりません。

 

志望動機や自己PRなど、それぞれの項目をそれぞれ適当に作成していますと、それぞれ微妙に食い違い、矛盾が生じてしまうこともあるものです。志望動機では「チャレンジ精神が旺盛」と書いたにも関わらず、自己PRでは「とにかく慎重」なんて書かれていますと、それを読んだ人は混乱してしまうのみですよね。

 

当然ですが、そんなチグハグなエントリーシートが内定につながることはありません。就活の軸をはっきりとさせ、自分がアピールすべきポイントが明確になっているからこそ、筋の通ったエントリーシートが書けるのです。

 

面接での受け答えに一貫性が出る

書類選考を無事に通過し、いざ面接というシーンでも就活の軸は重要です。エントリーシート作成時以上に一貫性が問われるのが面接だからです。

 

当然ですが、エントリーシートに記載した事と矛盾があってはいけません。また、一つ一つの受け答えに一貫性が無い場合「適当に受け答えをしている」と受け取られてしまいます。そんな人をわざわざ雇いたいと思う企業はレア中のレアケースです。

 

就活の軸がしっかりとしていれば、自分が主張したいことも明確になります。だからこそ受け答えに一貫性が出て、あなたの信頼性を高めてくれます。

 

就活の軸があいまいだとどうなるの?

就活の軸が重要であるというのはここまで述べてきた通りなのですが、では逆に就活の軸がはっきりしていない場合、どんな弊害があるのでしょう。本章ではその詳細に迫ってみたいと思います。

 

行き当たりばったりの就活になる

就活の軸がはっきりとしないまま、就職活動を続けていますと、どんな事が起きるのでしょう?その一つが「行き当たりばったりの就職活動になる」ということです。

 

なにせ軸ははっきりとしていないのですから、色々なことに影響を受けることになります。就活イベントに参加する度に、気になる業界が増え、友人が「〇〇を受けてみようかな」というたびにその企業が気になり…。その全てに全力投球ができるはずもなく、結果全てが中途半端になってしまいがちです。

 

そんな「行き当たりばったりの就活」を避けるためにも、自分なりの就活の軸を明確にしておくことが大切です。

 

入社後にミスマッチが生じやすい

就活の軸があいまいな一番の弊害は「せっかく入った会社とのミスマッチ」かもしれません。せっかく入社したのに「アレっ…なんか違うかも…」というのでは目もあてられません。

 

ミスマッチが大きすぎる場合、働き続けることは困難ですし、その場合には遅かれ早かれ転職活動を開始しなくてはなりません。転職活動だって簡単にはいきませんし「新卒」という売りが無くなってしまう以上、転職先の条件は悪くなることが一般的です。なんかすごくもったいない話ですよね。

 

企業側としても、新卒採用後すぐに辞められるのは避けたいものです。なにせ求人には少なくないお金と時間を投入しています。それは新卒採用した人がそれなりに実力をつけ、会社に利益をもたらしてくれると期待しているからです。

 

一般的に新卒採用者が利益を生み出すまでには数年がかかります。つまり新卒採用後すぐに辞められてしまっては会社にとって出費のみしかないのです。お互にとって不利益が生じないよう、できる限りミスマッチは避けたいものです。

 

就活の軸が思いつかないなら「やりがい」を基準に考えてみよう

「就活の軸が大切なのは分かったけど…なんかイマイチ思いつかない…」なんて事を考えている人もいますよね。確かに就活の軸をはっきりさせることは簡単な作業ではありません。そんな時におすすめのやり方が「やりがい」を基準に就活の軸を考えてみるということです。

 

夢中になったこと・真剣に取り組んだことをリストアップ

やりがいをベースに就活の軸を考えるにあたり、まずはこれまで夢中になったことや真剣に取り組んだことをリストアップしてみてください。小学校時代の少年野球、中学時代に夢中になったゲーム、高校時代の受験勉強、大学時代のサークルなど、夢中になった事であればなんでもOKです。とにかく難しい事は考えず、思い出せることをリストアップしてみてください。

 

どんな部分にやりがいを感じたのか深掘りする

さて、これまであなたが夢中になって取り組んできた事柄ですが、なぜあなたの心をそれほどまでにとらえたのでしょう?そして何に対してやりがいを感じていたのでしょう?それが就活の軸を考える上でのキーとなります。

 

単純に「試合の緊張感が好きだった」という人もいるはずですし、「コツコツとした努力が楽しかった」という人もいるはずです。いずれにしても、それはあなたにとって重要なやりがいです。

 

やりがいと仕事との関係性を考えてみる

あなたにとってのやりがいが明確になったら、そのやりがいと仕事の関係性について考えてみてください。コツコツとした努力が好きという人であれば、コツコツした努力が報われやすい仕事を考えなくてはなりませんし、試合の緊張感が好きというタイプですとプレゼンで営業を勝ち取っていくなんて仕事が向いているかもしれません。

 

そんなことを考えていますと、仕事に対する軸がだんだんと明確になってくるものです。やりがいと仕事が直接的に関わっていなくても、何かしらが間接的に関わっているということがあるはずです。

 

なぜやりがいを軸にするのがいいのか

やりがいをベースとして仕事の軸を考えるポイントをご紹介してきましたが、なぜやりがいをベースにするのが良いのでしょう?そこには大きな理由があります。それは「ウソ偽りない自分らしさが表しやすいから」です。

 

就活の軸というこれまで考えたことが無い事を考えるのですから、この作業はそれなりに大変です。また就活という難しい題材ゆえについつい自分を偽り「ハードな職場で自分をしっかりと鍛えたい」なんてちょっとカッコつけた事を考えがちです(もちろん本心からそう思う人もいます)。

 

カッコつけて考えた就活の軸はあなたを誤った方向に導いてしまいます。それでは意味がないどころか悪影響を与える可能性すらあるものです。そんな事にならないよう、ウソ偽りのない、素のあなたをベースに就活の軸を考える必要があるのです。

 

軸に自信がない…という人も就活を続けていると軸が強固になる

就活の軸をとりあえず考えてみますと「本当にコレで良いのかなぁ…」なんて不安になることがあるものです。就活の軸には明確な答えが無いため、どこまで考えたところで多少の不安はつきまとうものです。

 

けれどご安心ください。就活の軸は就活を続けていることでブラッシュアップされ、だんだんと強固な軸になっていきます。そして企業を見る目が養われ、あなたの就活をより良いモノにしてくれるはずです。

 

何はともあれ、ブラッシュアップするためには、そのベースとなる就活の軸が必要です。とりあえず今は自信が持てなくても、それが磨かれることを信じて先に進んでいきましょう。

 

まとめ:やりがいをベースに就活の軸を考えてみて

就活の軸について、その定義から、なぜ就活の軸が必要なのか、そしてやりがいをベースとした就活の軸の考え方についてご紹介してきましたが、気になる情報は見つかりましたか?

 

ここまでご紹介してきた通り、就活の軸は就職活動の指針となり、エントリーシート作成や面接対策の重要な要となるものです。是非ともこれまでに感じたやりがいをベースとして自分なりの軸を考えてみてください。簡単な作業ではないはずですが、就職活動は急がば回れです。その苦労は後にきっと素敵な未来を連れてきてくれるはずです。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る