就活中のバイトはどうするべき?両立させるポイントやおすすめの働き方も紹介

就活中のバイトはどうするべき?両立させるポイントやおすすめの働き方も紹介

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

「就活が始まると忙しくなるからバイトはやめたほうがいい?」
「就活とバイトは両立できないの?」
就活をはじめるにあたって、バイトをどうすればいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。

バイトで生計を立てているという人は、なおさら不安になることも多いでしょう。就活を優先するのは分かっていても、就活にはお金もかかるためバイトを続ける人も多いです。

本記事では、就活中のバイトについて解説します。この記事を読むことで、就活中のバイトをどうすればいいのかを知ることができるでしょう。

また、就活とバイトを両立させるポイントや、就活中におすすめのバイトも併せて解説しているため、就活中もバイトを続けたいという人は、チェックしてみてください。

【就活中のバイトはどうする?】はじめに

これから就職活動を本格的にスタートさせる学生の中には「就活に集中するためにアルバイトは辞めたほうがいいのかな」と考えている人も多いはずです。

しかし、その一方で金銭的な事情からアルバイトを辞めることは難しいと感じている学生も多いことでしょう。

そこで、ここでは就職活動とアルバイトを両立させるためのポイントを詳しく紹介していきます。就活生におすすめのアルバイトも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【就活中のバイトはどうする?】就活中はバイトはどうする?

就職活動をはじめるにあたって「バイトを続けるべきか、辞めるべきか?」と悩んでいる学生もいるでしょう。

いざ就活が始まってしまえば何枚もの履歴書やエントリーシートを作成しなければなりませんし、企業説明会や面接にも足を運ばなければなりません。

時間がいくらあっても足りないと不安になるのは当然のことでしょう。バイトは就職活動との両立ができるものなのでしょうか。それとも就活だけに集中したほうがいいのでしょうか。

休めるならそれが理想

理想を言うならば、就職活動が始まったらアルバイトを辞めてしまって就職活動だけに集中したほうがいいでしょう。

アルバイトをしていれば時間的な制約が出てくるので、突然面接の予定が入ってしまったときなどにスケジュール調整が難しくなってしまいます。

シフトに穴を空けたらお店に迷惑がかかってしまいますし、シフトを急にチェンジしたら他のアルバイトさんにも迷惑をかけてしまうことになるので、アルバイトをしなくてもいいならそれが理想でしょう。

【就活中のバイトはどうする?】就活中はお金が無くなるのも事実

就活をスタートさせたらアルバイトを辞めてしまって就活に専念するほうが理想的なのは言うまでもありません。しかしながら、実際にそのようなことができるのは、ごく一部の就活生だけです。

大部分の学生は親からの仕送りだけでは大学生活を楽しむのには十分でなく、足りない分はアルバイトをしながら収入を得て生計を立てているというのが実情ではないでしょうか。

学生ですから多額の貯金があるという人も多くはないでしょうし、就活中はいろいろと出費がかさむものです。

現実的な問題として就活が始まったからといってアルバイトを辞められるかといえば、「辞めてしまったら生活できなくなってしまう」というのが学生の本音でしょう。

就活中はさまざまな面でお金が無くなる

就活中は何かとお金が必要になります。まず思い浮かぶのはリクルートスーツの購入代金です。比較的値段の安い量販店のスーツでも一着2~3万円ほどしますし、ネクタイやワイシャツ、靴、カバンなどもそろえなければなりません。

就活が長引けば夏用のスーツも必要になるかもしれないので、さらに出費が増えてしまいます。

この他に、面接や会社説明会に出席するための往復の交通費が必要になりますし、外食の機会が増えるので飲食代もかかります。気づくとお財布の中が空っぽということも珍しくありません。

交通費

セミナーや面接などで移動するため、就活では交通費が必要になります。首都圏に住んでいればそれほど多額になることはないでしょうが、地方に住んでいれば新幹線や飛行機などを利用しなければならないこともあるため、大きな出費になることもあるでしょう。

自分の住んでいる地域から、就活で訪れる地域までの交通費については事前に調べて把握しておくことが必要です。

宿泊費

朝早くから面接がある場合や、数日間続けて就活を行う場合に必要となるのが宿泊費です。首都圏に住んでいる場合は必要ないでしょうが、首都圏から離れた地域に住んでいる学生が首都圏などで就活を行う場合は必要になります。

出費がかさむ部分でもあるため、なるべく安い宿泊施設を利用するなど工夫しましょう。

飲食費

就活中は日中に外食する機会が多くなります。1日に複数の面接が入っている場合などは、面接の合間に昼食をとったり、次の面接までのすきま時間を過ごすためにカフェに入ったりすることもあるでしょう。

積み重なると飲食費の出費が多額になる場合もあるため、事前に飲食費の予算を割り振っておくなどの工夫が必要です。

リクルートスーツ

就活を行うにはリクルートスーツも必要です。スーツは長持ちさせるために1日着たら1日休ませることが基本となります。

また、泊りがけで数日間続けて就活を行うこともあるため、リクルートスーツは最低でも2着は持っておいたほうがいいでしょう。

スーツの価格帯は1~10万円以上までと幅広いですが、就活用のリクルートスーツなら無理をせずに1~2万円程度のものを選ぶのがおすすめです。

服飾雑貨類

リクルートスーツを購入する際に、それに合わせてワイシャツやネクタイ、鞄、靴、ストッキングなどの服飾雑貨類も必要となります。これら一式を揃えると出費がかさみますが、どれも就活には欠かせないでしょう。

数日間続けて就職活動を行うこともあるため、洗い替え用のワイシャツなども準備しておくことをおすすめします。

その他に必要な物

前述した以外にも就活にはさまざまな物が必要です。身だしなみとしてメイク用品を揃えたり、就活中はたくさん歩くため靴擦れ防止グッズを準備したりしておくと安心です。その他にも企業へ応募するための履歴書や証明写真など、さまざまな物にお金がかかります。

細々とした物でも積み重なれば大きな出費になるため、自分に必要な物とその金額を書き出し、いくら準備が必要なのかを把握しておくことが大切です。

就活中のバイトで得られるメリット

バイトをしながらの就活は体力的にも時間的にも大変なことが多いと言えます。しかし、バイトと就活を上手く両立できれば、就活中のバイトで得られるメリットも多いです。

ここでは、就活のバイトで得られるメリットについて紹介していきます。

  • リフレッシュできる
  • スキルが身につく
  • お金に余裕ができる
  • 就活の資金ができる

リフレッシュできる

バイトは大変である一方、就活中の息抜きとなりリフレッシュできるというメリットがあります。

バイトに没頭している間は就活のことを忘れることができ、ネガティブな気持ちも吹き飛ばすことができるでしょう。また、バイト先に親しい人がいれば、一緒に仕事をしたり話したりするだけで気持ちが楽になることもあります。

就活に集中することは大切なことですが、のめり込み過ぎると空回りしてしまう可能性もあります。そのため、バイトをすることでリフレッシュできれば、大きなメリットとなるでしょう。

スキルが身につく

バイトをすることで、その業種に関連したスキルが身につくのがメリットです。結婚式場や飲食店など、接客業のバイトをしていれば、挨拶や言葉遣い、受け答え方などが身につきます。

また、調理のバイトなどで身につく料理のスキルも将来役立つでしょう。就活に応募する企業が同業種であれば、バイトで身についたスキルをアピールすることもできます。

たとえ同業種ではなくても、一つの経験としてバイトで身につけたスキルをアピールすることは可能です。

お金に余裕ができる

就活中はさまざまな物が必要になるため、出費がかさむことが多いです。就活に必要なリクルートスーツや鞄、靴などだけでなく、企業説明会や面接に行くための交通費の他、場合によっては宿泊費も必要になります。

お金に余裕がないと就活が大変なだけでなく、プライベートを楽しむこともできなくなるため、就活しながらバイトをすることでお金に余裕ができるのはメリットと言えるでしょう。

就活の資金ができる

前述したように、就活しながらバイトをすることでお金に余裕ができるため、就活の資金ができるというメリットがあります。

就活にはいろいろとお金が必要になることが多く、特に地方から首都圏などの企業の選考に参加する場合は、飛行機や新幹線を使うこともあり費用が高くなりがちです。

経済的な不安があれば、資金不足で選考に参加することを諦めなくてはならない可能性もあります。しかし、バイトをしていれば就活の資金ができるため、資金不足を理由に諦めることも少なくなるでしょう。

就活中にバイトをするときの注意点

就活中にバイトをするとさまざまなメリットがあることを解説しましたが、就活をしながらバイトをするのは大変なことも多いです。

ここでは、就活中にバイトをするときの注意点について解説するため、就活中にバイトをする際はこのような注意点があるということを知っておきましょう。

スケジュールを組むのが難しくなる

就活しながらバイトをするとスケジュールを組むのが難しくなります。企業説明会や書類の締め切り、面接の日程などを把握しながら動く必要があるため、就活のスケジュール管理だけでも大変です。

バイトのシフトが決まっていても、急遽就活の予定が入ってしまうこともあるでしょう。そのため、イレギュラーな就活の予定と早めに決めなければならないシフトを調整するのは難しいということを心得ておきましょう。

休める時間が少なくなる

就活で忙しい中、バイトもしていると休める時間が少なくなってしまいます。就活とバイトで体力を消耗し、あまり休めないでいると疲れが溜まってしまうでしょう。

疲れが溜まると体調を崩しやすくなるため、就活に支障をきたす恐れもあります。就活とアルバイトを上手く両立させるためには、意識して休む時間を作ることが必要です。

忙しくて心に余裕がなくなる可能性がある

就活とバイトのスケジュールを上手く組むことができても、忙しくなり休める時間が少なくなってしまいます。

そのため、忙しすぎて心に余裕がなくなってしまう可能性があり注意が必要です。ゆっくりできる休日を作ったり、無理しすぎないよう余裕を持ってスケジュールを組んだりするようにしましょう。

【就活中のバイトはどうする?】就活中におすすめのバイトの特徴!

就活はスケジュール管理が大変です。いきなり電話がかかってきて「明後日の14時から面接を行うので会社まで来てください」といったことも決して珍しくはありません。

いきなりの面接ということで準備だけでも大変なのに、指定された日時にアルバイトのシフトが入っていればシフトの変更もしなければなりません。就活とアルバイトの両立が難しいということがよく分かるでしょう。

経済的な理由などによってどうしても就活中にアルバイトをしなければならないなら、できるだけ就活に影響が出ないようにすることが大切です。

現在のアルバイトでは就活に影響が出てしまうというならば、バイト先を変えることも検討しましょう。

ここでは就活中でも働きやすいアルバイトの特徴を紹介していますので、バイト先の変更を考えているならば参考にしてください。

シフトが自由である、もしくは融通がききやすい

シフトの融通がきくということは、就活とバイトを両立させるために一番大切です。一般的にはアルバイトの人数が多い職場ほどシフトを変わってもらいやすいので、アルバイトを選ぶ際はバイトの人数をチェックしておくといいでしょう。

シフト希望の提出サイクルが短い職場もおすすめです。シフト提出が1週間ごとなど短いサイクルであれば、それだけこまめなスケジュール管理が容易になるので、突然面接の予定が入ったときなどにも安心です。

面接がよくある時間帯とずれている

企業説明会や能力検査、面接などの選考は一般的に平日の朝から夕方の時間帯で行われます。ですから、平日の昼間の時間帯に働くことが多いオフィスワークのようなバイトだと、どうしても就活のスケジュールとバッティングしやすくなってしまいます。

シフトを変更は、何度もお願いするのは他のバイトさんに対して迷惑がかかるので気が引けるでしょう。このようなことを避けるためにも、就活中のアルバイトは勤務時間帯も考慮に入れて選ぶべきです。

夕方以降の時間帯で働くことのできる職場であれば、面接などと時間がかぶることがなくなるでしょう。

同様に、面接が行われることの少ない土曜日や日曜日に働くことのできる職場を選ぶというのも、両立させるための大きなポイントになります。

【就活中のバイトはどうする?】就活中におすすめのバイトは?

これまでも説明してきたように、就活中にアルバイトを入れるには、高度なスケジュール管理能力が問われます。

どうしても就活は一番に優先しなければならないので、就活のない限られた曜日や時間帯を選んで効率的に稼げるアルバイトがおすすめです。

ここでは就活中でも比較的自由に働くことができて、しかも効率的に稼ぐことのできるアルバイトを紹介しています。

限られた短い時間の中で空いた時間を有効に使いながら就活とアルバイトの両立を目指してみてはいかがでしょうか。

深夜帯のバイト

企業の説明会や面接の行われるのは平日の昼間が中心です。また、面接の予定や合否の報告などはもちろん、連絡が入るのも平日の昼間がほとんどです。

ですから、平日の昼間の時間帯を避けて夕方以降深夜や早朝の時間帯で働くことのできるアルバイトを選ぶことも、両立させるためのコツです。

夜から深夜の時間帯で働くことのアルバイトにはコンビニやネットカフェなど24時間営業のお店の他、居酒屋・ファミレス・カラオケなどがあります。

一方、早朝のバイトには新聞配達や宅配便の仕分け作業、スーパーやコンビニでの品出し業務などがあります。

深夜から早朝にかけてのアルバイトは深夜手当によって昼間の時給より25%割り増しとなるので、効率よく稼ぐことができるという意味でもおすすめのアルバイトと言えるでしょう。

日雇いのバイト

就活中におすすめなのが日雇いの単発バイトです。就活中は企業説明会や面接、OB訪問などスケジュールがギッシリですし、卒業単位が不足している場合は授業にも出席しなければなりません。

そうなると、就活や授業のない日だけ働くことのできる日雇いのバイトはとても便利です。日雇いのアルバイトとして代表的なものにはイベント会場の設営、工場や倉庫内での仕分け・検品といった軽作業、試験監督、覆面調査スタッフなどがあります。

体力に自信があるならば引っ越し作業のアルバイトは時給もいいので、短時間で効率的に稼ぎたいという人には最適な職場といえるかもしれません。

また、日雇いのバイトは給料が即日払いでもらえることが多いので、急にお金が必要になったときなどにも重宝します。

土日祝に働くバイト

平日は就活を集中して行い、土日祝に働くという方法もおすすめです。ショッピングモールや遊園地など、土日祝にお客様が集中する仕事なら募集も多い傾向にあるため、バイがトしやすいでしょう。

平日は就活、土日祝はバイトときっちり分けることで、気持ちの切り替えがしやすく就活に集中できます。ただし、週明けに面接などがある場合は、バイトの疲れが残って就活に影響しないように気をつけましょう。

就活とバイトを上手く両立させるポイント

就活中はこれまで見てきても分かる通り、企業説明会や面接などで多忙ですし、突然のスケジュール変更を強いられるケースも多くあります。

その中でできるだけ勤務時間を減らすことなく収入を維持していくためには、働き方の変更が必要になってきます。その場合シフトに入る日数を減らして、その分勤務時間を長くするのがおすすめです。

たとえば、これまで週4日で1日4時間働いていたのであれば、土日の2日にまとめて8時間ずつ働くようにすることで就活とのバッティングを避けながら収入をキープすることが可能になります。

  • 体調をしっかりと管理する
  • バイト先には事情を伝えておく
  • 面接などでスケジュール変更するときは早めに連絡する
  • 単発のバイトに入る
  • あまり詰め込みすぎないようにする
  • 就活が始まる前にお金をためておく
  • 就活を最優先にする

体調をしっかりと管理する

就活中にバイトをするとどうしても忙しくなります。スケジュールを詰め込みすぎると体調を崩しやすくなり、大事な場面で能力を発揮できない可能性もあるでしょう。

スケジュールを詰め込みすぎず、ゆっくり休む日を作るなど、疲労が溜まりすぎないように気をつけて体調管理をしっかり行うことが大切です。

バイト先には事情を伝えておく

バイト先には就活中であるということを伝えておくようにしましょう。バイト先に事情を伝えておくことで、シフトを組む際に融通を利かせてくれたり、急な休みに対応してくれたりする可能性があります。

また、急に就活の予定が入って休まなくてはならない場合に、バイト仲間がシフトを変わってくれることもあるでしょう。

就活中はバイト先にも迷惑をかけることになるため、早めに事情を伝えておくようにしてください。

面接などでスケジュール変更するときは早めに連絡する

バイト先に就活中であることを伝えていても、就活の面接とバイトが被ってしまった場合には、できるだけ早くバイト先に連絡を入れるようにしましょう。

早めに連絡することでバイト先も代わりの人を探しやすくなるため、バイト先にかかる迷惑を最小限に抑えることができます。

バイト先に迷惑をかけないためにも、スケジュールの変更が必要になったときは早めに連絡してください。

単発のバイトに入る

バイトでシフトを調整するのが難しい場合には、単発のバイトに入るのも一つの方法と言えます。単発のバイトなら時間ができたときに働くことができるため、就活しながらでもバイトをしやすいです。

就活を優先しながら時間があるときに単発のバイトを行えば、体力的にも精神的にも負担が少なく、就活中でも無理なくバイトを行うことができるでしょう。

あまり詰め込みすぎないようにする

ここまで就活中におすすめのアルバイトとして日雇いのバイトや深夜・早朝の時間帯のバイトをおすすめしてきました。

このようなバイトは就活と並行して行うことができるというメリットがありますが、デメリットがないわけではありません。

たとえば、デメリットの一つとして挙げられるのが身体への負担の大きさです。日雇いバイトの場合は一般的なバイトに比べ1日の拘束時間が長くなりがちな上、イベント過剰の設営スタッフや引っ越し作業スタッフなどの仕事は体力的にもハードです。

また、深夜や早朝のバイトは生活リズムを崩しやすいので寝不足で体調を崩してしまうといったリスクが高くなります。あまり根を詰めてしまうと疲労がたまってしまって就職活動にも影響が出かねません。

就活が始まる前にお金をためておく

就職活動を直前に控えている学生にはもう遅いかもしれませんが、まだ就活のスタートまでそうとの期間があるならば、今のうちに可能な限りお金を貯めておくことも就活とバイトの両輪生活をしていく重要なポイントになります。

そもそも、就活中でもバイトのペースをキープしなければならないのは生活費や就活にかかる費用を捻出しなければならないからです。

しかし、バイトのペースをキープした状態でさらに就活をすることになれば、やはりどこかに無理が生じてしまいます。

就活までにある程度の金額を貯めておくことで、バイトのペースをこれまでの2分の1、3分の1に減らすことができれば、無理なくバイトもできるでしょう。

就活を最優先にする

就活中のバイトは学生が思っている以上にハードな面もあると思います。やはり、理想を言うならば就活中はバイトは辞めたほうがいいでしょう。特に就活で後悔したくないという思いが強いならば就活一本に集中すべきだと思います。

しかし、そうは言っても現実的にはアルバイトをしないと就活のお金を捻出できないという学生もいるわけで、その場合には優先順位を明確にして就活とバイトを両立させるしかありません。

「最低限どれだけの収入があれば生活費に困ることなく就活を続けることができるのか」「どの程度シフトを入れればバイト先のスタッフに迷惑をかけずに済むのか」ということを考慮することで、就活にも集中して臨むことができるでしょう。

バイトよりも就活を優先させよう

就活中のアルバイトは肉体的・精神的な負担も大きく、場合によっては就活の結果に悪影響をもたらしてしまう可能性も否定できません。

できるのであればアルバイトを辞めたり、勤務時間を減らしたりして、就活に集中できる環境を作ることが大切です。

これまで通りアルバイトをする場合も優先順位はあくまでも就活>バイトであることを意識するようにしましょう。そのためにバイト先を変更するというのも選択肢の一つです。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます