理系学生も資格を取ったほうが良い!?資格の選び方やおすすめの資格を紹介!

理系学生も資格を取ったほうが良い!?資格の選び方やおすすめの資格を紹介!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

【理系も資格を取ろう】はじめに

世のなかにはさまざまな資格があります。

硬筆書写検定のように就職活動や社会人として働くうえで直接的には有利にならない資格や、日商簿記検定のように実践的なスキルとして活用できるもの、建築士のような国家資格まで、その種類は数えきれないほどです。

自分の目指す道にあった資格を取得することで就職活動はより有利になります。

何より勉強して身につけた知識や技術は一生ものの財産になります。

今回は、理系大学生にこそおすすめしたい資格についてご紹介しましょう。

【理系も資格を取ろう】理系も資格を取ったほうが良い!

長引く新型コロナウイルスの影響で、現在は第二の就職氷河期といわれています。

2020年度、2021年度と、満足に講義を受けられない状況が続いています。

そんななかで連続して新卒内定の取り消しも相次ぎ、将来に不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。

もともと理系大学生は文系学生に比べて就職率が高く、有利だといわれています。

しかし、先の見通しの立たない今だからこそ、あらためて資格取得を目指してみるのもいいかもしれません。

もともと就職に有利な理系大学生だからこそ、資格を取ることによってさらに自身の能力をアピールできます。

就職活動は、いかに自分自身をアピールできるかで勝敗が決まります。

自分の能力を示すツールとして、資格をもっておくことは大切なのです。

就職に役立つから

理系でも資格を取ったほうが良い理由は、まず第一に就職の際に役立つからです。

世の中にはさまざまな職種があり、その中には当然、資格が必須の職種も存在します。

代表的なものとしては、弁理士や建築士、税理士などがあげられます。

不景気で先行きの見えない時代だからこそ、自分が活躍できる職種の幅を広げておくことが重要なのです。

また、理系の知識や経験を活かして就職したい場合も、資格は有効です。

専門職や技術職へ就くには、知識があることはもちろん重要ですが、それを相手に証明できなければアピールポイントにはなりません。

自分に一定のスキルがあることを企業に理解してもらうため、資格を取って就活を有利に進めることが重要です。

資格で収入が上がるから

勤続年数よりも実力が重視されるようになりつつある現代、資格取得を推奨する企業は多いです。

このような企業の場合、資格を取得しているだけで資格手当が発生するケースも少なくありません。

最初から高待遇を受けるためにも、学生のうちに、ぜひ資格取得に挑戦しましょう。

さらに、スキルが証明できる手段を持っているということは、入社後の評価にも影響します。

資格がない場合と比べて、自分の仕事が評価されやすくなり、収入を上げることにつながるのです。

このように、資格の存在は収入に大きく関わってくるポイントです。

就活に役立てるためだけでなく、将来を安定させてキャリアに集中するためにも、資格を取得して少しでも高収入を確保しておきましょう。

職業の適性がわかるから

資格取得は、職業適性を知るための自己分析としても利用できます。

勉強するからには、試験に合格できれば良いのですが、仮に失敗してしまったとしても、勉強した事実はあなたにとって役立つからです。

資格取得のために専門知識と向き合う時間を作ることによって、あなたがどのようなスキルを持っているのか、なんの仕事に向いているかなど、あらためて自分を見直すきっかけになるでしょう。

スムーズに合格できれば自信をもって就活に挑め、難しいと感じた場合は希望職種の変更も視野に入れて、柔軟に行動できます。

早い段階で資格取得に向けて勉強に取り組んでおけば、自分に合った道へ進みやすくなるはずです。

失敗を恐れず、前向きに資格取得に挑戦してみましょう。

【理系も資格を取ろう】資格の選び方

資格といっても、世の中にはたくさんの種類が存在します。

せっかく頑張って勉強して資格を取得しても、それが就活やキャリアアップに役立たないもので、あれば意味がありません。

そこで、まずは自分がどの資格に挑戦するかを適切に選ぶ必要があります。

資格を選ぶ際にポイントとなるのは、信頼度・専門度・難易度の3つです。

以下で一つずつ解説するので、これら3つの要素を考慮しながら、最適な資格を絞り込むのがおすすめです。

信頼度の高さ

まず重要となるのは、その資格の信頼度の高さでしょう。

資格には国家資格と民間資格があり、国家資格のほうが信頼度は高いと評価されます。

そのため、国家資格のほうが就活において役立つ幅が広いと言えるでしょう。

一方で、国家資格には、合格難易度が高い・受験費用が高額といったデメリットも存在します。

合格難易度が高いことは、裏を返せばその資格がとても強力な武器になることを意味しますが、高額な受験費用を支払っても合格できないリスクがあるという見方もできます。

どちらを重視するかは、あなたの価値観やスキルによるでしょう。

国家資格にしろ民間資格にしろ、メリットとデメリットを見比べて、自分の実力に合った無理のない資格を選ぶことが重要です。

専門度の高さ

資格には、誰でも取得しやすいものから高度な専門性を要するものまで存在します。

例として、情報処理技術者試験を見てみましょう。

情報処理技術者試験には、現代のあらゆる社会人を対象とした「ITパスポート」という基礎的な資格のほか、情報系の専門職の方が目指す「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」という資格も含まれます。

基本的なITリテラシーがあることを証明するには、ITパスポートに合格していれば十分だといわれます。

一方、プログラマーやエンジニアを目指すのであれば、基本情報技術者試験に合格していると、より高度なスキルがあるとして重宝されるでしょう。

このように、自分の希望する職種によって、必要となる資格の専門度が変わってくるのです。

取得の難易度

最後に、取得の難易度についてもよく調べておく必要があります。

難易度が高い資格を取得すると、即戦力として期待され、就活は有利に進むでしょう。

しかし、資格取得の難易度が高ければ高いほど、準備や勉強のためにかかる時間が長くなります。

そのため、就活で有利になるからといって、難易度の高い資格に無計画に挑戦するのはおすすめできません。

就活に向けて自分がやるべきことを整理して、自由に使える時間がどれくらいあるか、ほかに取り組むべき活動はないかなどを考えたうえで、資格取得に向けて勉強を始めましょう。

就活準備のために使える時間は有限なので、その時間をどうバランス良く配分するか、しっかり計画を立てて行動することが重要です。

【理系も資格を取ろう】どんな資格がいいの?

一口に資格と言っても、民間資格から国家資格、公的資格までさまざまです。

簡単な講義を受けるだけで取得できる資格から、難しい試験を受けることでようやく身につく資格まで、その難易度もピンからキリまであります。

どんな資格をもっていれば、より就職活動や社会人生活を送るうえで有利になるのかわからないという方も多いはずです。

目指している就職先にまったく関係のない資格は、無駄にはならないとしてもあまり効果はありません。

将来を見据えた資格の取得をする必要があるのです。

就活全般に役立つ資格

どうせ取得するのであれば、できる限り就職に強い資格を取りたいものです。

しかし、「就職に強い」といっても、自分が目指している職業にできる限りあった資格が必要となります。

たとえば、将来化学工業関連の研究施設で働きたいと考えている方が、介護福祉士の資格をもっていてもあまり強みにはなりません。

同様に、学芸員になりたいと考えている方が看護師免許を取る必要もありません。

どんな職場に就くにしても有利になる資格というものもあるのです。

TOEIC

TOEICとは、国際コミュニケーション英語能力テストのことです。

テスト結果は合格や不合格といった形式ではなく、スコアで表示されるという特徴があります。

TOEICの最高得点は990点とされており、そのうちどれだけスコアを獲得できたかで自身の能力がどの程度かを示すことができます。

世界160カ国で実施されているテストなので、世界基準のテストとして活用されているのです。

また、知識や教養としての英語ではなく、日常生活や仕事を通じてのやり取りに活かせる、実践的な英語によるコミュニケーション能力を測定するテスト内容となっています。

現代では国際化社会としてどの分野においても少なからず英語力が必要な部分は存在します。

そのため、好成績を残せれば就職で有利になるのです。

ITパスポート

ITパスポートとは、通称Iパスと呼ばれる資格のことです。

ITパスポートはITに関連する資格のなかでももっとも基礎的な試験になります。

経済産業省が認めている国家資格ですので、IT関連の企業に就職したいと考えているのであれば取得しておいて損はありません。

また、IT関連の仕事に興味がない方にもITパスポートはおすすめの資格だといえます。

なぜかというと、現代の日本では日常生活でも至るところにIT技術が使用されています。

仕事の面でも、職種や業種を問わずあらゆる分野に関わっているのがIT技術です。

そのため、ITに関する基礎的な知識を証明してくれるITパスポートの資格を取得していることにより、文系・理系を問わず、さまざまな職種へのアピールポイントとなります。

MOS

MOSとは、マイクロソフトオフィススペシャリストの略称です。

ExcelやWordなどの、Microsoft Office製品に関するスキルを証明できる資格となっています。

現在ではさまざまな業種でパソコンの使用が当たり前となってきています。

実際の現場でExcelやWordといったMicrosoft Officeの製品を使用するケースも多いため、これらのソフトを問題なく使えるかどうかはとても重要です。

パソコンの使用頻度が高くなればなるほど、ExcelやWordに触ったことがあるという程度ではなく、関数を組めるか、適切な書式で書類を作成できるかといった能力が求められます。

そのため、MOSの資格取得のために勉強したことをそのまま実践でも活かせるため、就職に強い資格なのです。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、IT業界で働きたいと考えているのであればもっていて損はない定番の国家資格です。

先に紹介したITパスポートとどう違うのかわからない方もいるかもしれません。

簡単に解説すると、ITパスポートは職場でITに携わることがあるという程度の一般的な社会人も対象としています。

試験内容はITに関するごく基本的な知識に留まります。

そのため、さまざまな業界に幅広く応用できる応用できる資格といえるでしょう。

これに対し基本技術者試験は、システムエンジニアやプログラマーといったプロとしてIT業界で働く方に向けた資格となっています。

出題範囲は似通っていますので、IT業界に興味がない方でも取得できる資格ではありますが、より踏み込んだ問題が出題されます。

専門性の高い資格

ここまではあらゆる業種に幅広く活用できる資格を紹介してきました。

しかし、将来はこの職業に就職したいという希望がはっきりとしているのであれば、その職業にあった資格を取得することも就職活動をするうえで大きな力になります。

理系大学生は卒業後、専門的な職業に就職するケースがほとんどです。

そのため、それぞれの就職先に活かせる資格をうまく見極めて取得することが大切になります。

ここからは、より専門的な内容の資格についてご紹介します。

乙種第4類危険物取扱者

乙種第4類危険物取扱者とは、さまざまな種類がある危険物取扱者という資格のなかでも、引火性液体を取り扱うことができる資格です。

第4種とは、ガソリンや軽油、重油、灯油など、身近な石油類が含まれます。

火災につながる危険性も非常に高いため、危険物取扱者試験のなかでも特に需要の高い分野となっています。

この資格を取得することで、第4類の製造や貯蔵、管理、活用に携わる業種に就くことが可能です。

たとえば、ガソリンスタンドに就職すれば昇進や昇給といった面で有利になります。

また、タンクローリーのドライバーになるためにも必要なのがこの資格です。

このほか、石油会社や化学系メーカーなどに就職する際にも、この資格を保有していることで採用されやすくなるケースがあります。

技術士

技術士とは、科学技術に関する専門知識と専門的な応用能力、豊富な実務経験があってはじめて認定される国家資格です。

試験は一次試験と二次試験に分かれており、二次試験に合格し、登録することでようやく技術士としての資格が与えられます。

また一次試験に合格した場合、もしくは指定大学において日本技術者教育認定機構が認定する課程を修了した場合は、技術士補として名乗れる登録制の資格も存在します。

技術士になるためには一次試験通過後もしくは指定大学での認定課程を修了したあと、実務経験を積む必要があるのです。

技術士になると建設や機械、化学、情報工学などさまざまな分野での研究職や技術職に携わることが可能です。

卒業後も研究を続けたいと考えている場合、技術士を目指してみるという道もあります。

ほかにも多様な専門的資格がある

理系大学生が取得しておくことで強みになる資格は、数えきれないほどあります。

希望する職種や業種によって、取得を推奨されている資格はさまざまです。

ときには就職後に資格の取得を求められる企業や、もっていることで資格手当などの優遇を受けられる資格も存在します。

そのため、自分の進みたい進路が決まっているのであれば、どんな資格が強みになるかを調べて挑戦してみることがおすすめです。

専門的な資格は取得が難しいこともありますが、その分就職活動で活用できるものばかりです。

就職を希望している企業から求められる資格があるのであれば、まずは挑戦して損はありません。

なかには入社時は不問とされていても、就職後に取得を求められる資格もありますのでリサーチしておくことをおすすめします。

【理系も資格を取ろう】まとめ

文系に比べ、就職に強い理系大学生とはいえ、昨今の就職難を考えれば少しでも就職に有利な資格を保有しておきたいところです。

資格は一度取得してしまえば、転職を考えた際にも自分の力になってくれます。

また、取得していることで昇給の条件になっているケースや、資格手当がつくなど優遇されるケースもあるのです。

学生時代であれば社会人に比べて資格の勉強に費やせる時間も豊富で、周囲に質問をする機会にも恵まれています。

このチャンスに、興味のある資格に挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます