【志望動機例文あり】食品業界のインターンシップとは?参加するメリットや志望動機の書き方を徹底解説

【志望動機例文あり】食品業界のインターンシップとは?参加するメリットや志望動機の書き方を徹底解説

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録
伊東美奈
Digmedia編集長

HRteamに新卒入社。 キャリアアドバイザーの経験を経てマーケティング事業へ異動。 アドバイザー時代にサービス立ち上げや人材開発、人事の業務に携わり、現在では「Digmedia」のメディア運営責任者を担っている。

目次目次を全て表示する

はじめに

食品業界は、消費者との接触が多く、人気の高い業界となっています。

しかし、どのような業種や業務があるのかわからない方は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、どんな業種や業務があるのか、またどのような人がこの業界に向いているのかをご紹介します。

さらに、インターンシップに参加する際の注意点や志望動機の書き方まで解説しているので、この記事を参考にして、食品業界のインターンシップに参加して就職活動に活かしましょう。

【食品業界のインターンシップ】食品業界とは

食品業界とは、冷凍食品、加工食品、お菓子、清涼飲料水など食に関する原料の生産、加工、販売を行う企業のことです。

食品業界で人気の高い大手食品メーカーなどは、加工・販売を行っていますが、実際の食品業界は原材料の生産を行っている企業の方が多いです。

しかし、原材料を自社ブランドで作っていることもあるため、1つの企業で幅広い職種があるのが特徴となっています。

食品業界は、原材料を作る企業から、その材料を加工メーカーに売るのを仲介する商社、加工から出荷を行う食品メーカーなど幅広い職種が存在しています。

各々の役割を理解しておくことで、自分のやりたい仕事は何かを考えましょう。

【食品業界のインターンシップ】食品業界の種類

ここからは、食品業界の業種についてご紹介します。

第一次産業・商社

食品業界における第一次産業は、農業や酪農などの食品の原材料を生産する企業を指します。

この第一次産業は私たちの食を支える食品業界や私たちの生活において大きな役割を果たしている産業です。

ここで生産された原材料を加工メーカーや消費者に販売する手助けをするのが商社となっています。

商社は生産された食品を消費者に届けるまでの加工や卸、流通、販売の段階で適切なサポートをすることが仕事です。

商社は国内だけでなく、貿易などで外国の取引を行うこともあるため、国内だけでなく国外まで幅広く活躍できるのが特徴です。

食品メーカー

食品メーカは、原材料を加工し、小売店や飲食店に販売することで、消費者に届けています。

原材料の仕入れから製造・加工・販売などを行っているため、食品業界の中心的な役割を担っています。

食品メーカーは1つの商品を製造しているメーカーから多くの食品を製造しているメーカーまで幅広く、各々の強みを活かして経営を行っています。

小売・飲食業界

小売・飲食業界では、食品メーカーから購入した製品を消費者に提供する役割を担っています。

スーパーやコンビニ、飲食店がここに当てはまります。

私たち消費者が直接食品業界に関わるのは、この小売・外食業界です。

近年では、新型コロナウイルスの影響で、飲食業界は大きな影響を受けましたが、テイクアウトや宅配などで収益や利益率は増加傾向にあります。

実際に食品を販売して社会に貢献しているという実感を持ちたいという方に向いている職業です。

【食品業界のインターンシップ】食品業界の職務内容

これまでは、食品業界企業の種類についてご紹介しました。

ここからは、詳しい職務内容について代表的な職種を3つご紹介します。

営業

自社の原材料や食品を販売するには、当然営業をする必要があります。

営業とは、自社の製品をスーパーやコンビニエンスストアなどに販売する仕事です。

食品メーカーの営業は、すでに取引のある顧客と納入している食品や飲料水などの売れ行きを確認し、消費者ニーズの確認、新商品の提案等を行う「ルート営業」であることがほとんどです。

自分が提案した商品が店頭に並んでいたり、消費者が投稿した口コミで良い評価を貰えることで、やりがいを多くの場面で感じることができます。

マーケティング

マーケティングは自社の商品が売れるための仕組みづくりを確立する仕事です。

消費者のニーズにあった食品を販売するために、顧客分析やプロモーション施策を行います。

この仕事は、商品開発やサービスの改善のためにとても重要な役割を担っています。

研究開発/生産技術

高品質で安全な食品を製造するために、生産体制を整えたり、生産技術力を向上させる仕事です。

研究開発では、新製品を開発するためにデータの収集や分析を行い、消費者ニーズに基づいた食品を企画することが主な目的となっています。

その後、安全性やコスト、生産性などの検証を行います。

生産技術では、モノづくりを行う仕事です。

研究開発で検証された成果を活かし、高品質で安全な食品を製造します。

この2つの職種は高い専門知識と技術が必要です。

【食品業界のインターンシップ】食品業界に向いている人の特徴

様々な業種や職種がある食品業界ですが、食品業界に特に向いていると思う人の特徴をご紹介します。

あくまで、1例であるため、この特徴に当てはまらないから向いていないという訳ではないのでご注意ください。

食への興味がある

食品業界というのは、顧客が求める食品の製造・販売を行う業界です。

よって、食に興味がない人は、顧客のニーズを理解しにくいと思います。

また、業務外でも食品というのはずっと私たちの生活に必要不可欠な存在であるため、食に興味のない人は、ずっと食品と関わると辛い業務となってしまう可能性があります。

食べる事が好きな人や健康食品に興味がある人など、食に関しての関心が高い人は、消費者が求めている食品やニーズを理解できるため、向いているのではないかと考えます。

責任感がある

食品というのは、消費者の体に直接摂取されるものです。

よって、健康トラブルに繋がる失敗や無責任な行動は絶体にしてはならない業界となっています。

また、そのようなトラブルが起きてしまうと、企業にも多大な損害をもたらします。

安全な製品を消費者に届けるという強い意志や、健康食品などで消費者を健康にしたいという考えを持っている責任感のある人物が向いているのではないかと考えます。

地道な業務が苦ではない

食品業界の商品開発は1つのヒット商品を生み出すまで多くの失敗を経験するほど、難しい業務となっています。

また、営業でも不動産業界のように1つの取引で大きな成果を得られるという機会は多くありません。

そのため、地道な努力を重ねて企業に貢献できる人がこの業界に向いていると考えます。

【食品業界のインターンシップ】インターンシップとは

ここまでは、食品業界の業種や向いている人などをご紹介しました。

ここからは、食品業界のインターンシップの参加方法や参加するメリット、インターンシップに参加するための志望動機の書き方をご紹介します。

 

まず始めにインターンシップの基本的な情報をご紹介します。

インターンシップには短期インターンシップと長期インターンシップがあり、それぞれの参加する方法や参加する目的が異なります。

短期インターンシップ

短期インターンシップとは、1dayや2daysのインターンシップを指します。

このインターンシップは長くても2週間で、企業説明会や座談会などとセットで行われることが多いです。

企業がこのインターンシップを開催する目的は、選考前に業務の体験を行い、企業の業務を正しく理解してもらうことや、業界について詳しく知ってもらうことです。

また、インターンシップを通して、優秀な就活生を選考に進めて優秀な人材を確保するために行われることもあります。

就活生は、企業に自分をアピールできるチャンスであるため、積極的に参加することをおすすめします。

長期インターンシップ

長期インターンシップとは、2週間から数か月、数年のインターンシップです。

このインターンシップは、実際に企業で働くことで、社会に出るための知識や経験を獲得することができます。

短期インターンシップでは、業界理解や企業研究を目的としていますが、長期インターンでは、ビジネス経験やスキルを磨くことができるため、自分にあった仕事は何かを考えるきっかけをつくることができます。

また、長期インターンシップで実績を残すと、就活で有利になる事があるため、自分の強みを作ることも可能です。

【食品業界のインターンシップ】インターンシップに参加するメリット

企業は、業界理解や優秀な人材を確保するためにインターンシップを行います。

インターンシップは企業だけでなく、私たちも参加するメリットがあります。

業界・企業・業種研究を深めるため

業界研究・企業研究は、調べるだけでは実際に働いている様子などは想像しづらいです。

特に、直接消費者と関わることが少ない業界では、何をしているのかを調べるだけで理解することはほとんど不可能です。

入社後に自分の思っていた業務とは異なると感じたり、自分に合っていないと感じて、転職するのは企業にとっても自分にとっても大きな損害となります。

よって、インターンシップに参加して、業界理解を深めることで、自分の描いていた業務との相違を無くしておきましょう。

ビジネスマナーが身につく

インターンシップでは、実際の会社で直接社員さんと関わるため、ビジネスマナーが身につきます。

インターンシップの種類によっては、実際に営業体験を行うものもあるため、ビジネスマナーを実践的に取得できます。

短期インターンシップでも、社員さんがどのような働き方をしているのかを知る事ができるため、業務内のビジネスマナーについて勉強できるかもしれません。

就活で有利になる

短期インターンシップから選考に進めるという企業が増えています。

このことから、インターンシップで結果を残すことができれば、就職活動が有利に働きます。

長期インターンシップでも、インターンシップに参加した経験は企業にとって大きな評価対象となるため、インターンシップに参加することは就職活動にとって、メリットとなることが多いです。

インターンシップとアルバイトの違い

長期インターンシップは実質アルバイトなのではないかと感じる人も多いのではないかと考えます。

そこで、アルバイトとインターンシップの違いについて説明します。

この2つの違いは、業種や職種に限らず、多くの業種を体験できることです。

アルバイトは、基本的に指示されたことをこなし、給料を獲得するために働きます。

長期インターンシップでは、企業の利益に関わる業務を任されることがあります。

長期インターンシップの方が、責任が大きく伴い、社員さんとほとんど変わらない業務を行うという点で異なります。

【食品業界のインターンシップ】食品業界のインターンシップ

ここまでは、インターンシップの基本的な情報や参加するメリットについてご紹介しました。

ここからは、食品業界のインターンシップの特徴や応募時期についてご紹介します。

インターンシップの時期

大手の食品メーカーは大体8〜9月の夏季長期休暇や1月〜2月の冬季休暇期間にインターンと説明会を行っています。

最近ではコロナ禍により、オンラインインターンシップが増えているため、気になる企業のインターンシップに気軽に応募できるようになりました。

しかし、大手の食品メーカーは人気が高く、インターンシップにエントリーしても抽選や選考があるため、早いうちからESや面接の対策が必要です。

大手のインターンは、長期インターンシップではなく短期インターンシップが多く、リクナビやマイナビなどの就活サイトで多く募集しています。

インターンシップの種類

食品業界のインターンシップは多岐にわたります。

営業インターンやマーケティングインターン、新規事業に関わるインターンなど様々な職種があります。

そのため、自分がやりたい職種を明確にしてから応募しましょう。

食品業界全体に興味がある人は、それぞれの職種のインターンに参加して自分に合った職種の選考を受けるのも良いかもしれません。

【食品業界のインターンシップ】インターンシップに参加する際に注意すること

企業のHPや就活サイトからインターンシップに参加することが可能です。

しかし、応募する前に注意してほしいことが3つほどあります。

インターンシップ選考がある

インターンシップと同時並行で選考を行う企業が近年増加しています。

よって、インターンシップに参加するためにESや履歴書の提出を行い、就活生の能力を判断している企業が増えています。

また、インターンシップに参加している様子をチェックし、選考に活かしている企業もあるため、インターンシップだからといって、不真面目な態度をしているとその後の選考に影響を受けてしまう可能性があるため注意しましょう。

志望動機が大事

インターンシップに参加するには、志望動機がとても重要です。

インターンシップに参加する前にESや履歴書の提出した際に企業が最も見ている点は、学歴や経歴だけではなく、志望動機も重点的に見られています。

志望動機では、なぜ食品業界に興味を持ったのか、このインターンシップに参加しようと思った理由、この業界に対してどのような想いを持っているのかなどをアピールしましょう。

そのため、企業研究や業界研究、自己分析などの選考対策を早期から行う必要があります。

何を学びたいかを明確にする

インターンシップを通じて、学びたいことや参加する目的・目標を予め明確にしておきましょう。

インターンシップで企業研究をしたいのか、自分に合っている職種なのか、技術を身につけるために行うのかなどなにかしらの目標を設定しましょう。

目標や目的がないと、インターンシップに参加しても何も学ぶことがなく、ただ無駄な時間を過ごしてしまいます。

【食品業界のインターンシップ】志望動機を考える際のコツ

食品業界は、人気が高くインターンシップで普通に志望動機を書いてしまうと、他の就活生と同じ様な志望動機となってしまい、採用担当者の印象に残らないものとなってしまいます。

そうならないためにも、ここからは、志望動機を考える前にしておくことや書き方についてご紹介します。

企業研究をする

良い志望動機を書くには、企業研究や業界研究をしっかりとしておく必要があります。

ただ自分のやりたいこと、目標を書くだけではなく、企業にマッチした志望動機の方が良い印象を与えることができます。

企業にマッチした志望動機は企業のことを知っていなくては書けません。

自分にあった企業を探すといった面でも、企業研究はインターンシップに参加する前から定期的に行いましょう。

自己分析をする

インターンシップに参加する前に、自己分析を行いましょう。

自己分析をすることで、自分はこの企業にあっているのか、自分は何をしたいのかを知る事ができます。

自分に向いていることややりたいことが分かっていないと、インターンシップに参加する目的が定まりません。

自己分析が難しい人は、家族や友人、就活エージェントなどに相談して、他己分析してもらいましょう。

そうすることで、自分について客観的に知る事ができます。

自己分析をすると、自分の強みを活かすためには何をすればいいのかもわかるため、インターンシップに参加する前に自己分析は行っておきましょう。

【食品業界のインターンシップ】志望動機の書き方

ここからは、志望動機の詳しい書き方についてご紹介します。

この方法を意識することで、採用担当者に伝わりやすい志望動機を作成することができます。

結論ファーストで書く

志望動機はできるだけ結論から書くようにしましょう。

先に結論を書くことで、内容が伝わりやすくなります。

採用担当者は多くの就活生を見ているため、結論が最初にないと何を伝えたいのかが分からないとなってしまいます。

よって、最初に結論を記すことで、なぜこの企業を志望したのか分かりやすくすることができます。

全体的な志望動機の構成は結論、具体的なエピソード、結論、今後の展望です。

このフレームワークを意識して書くと相手に伝わりやすい文章にすることができます。

具体的なエピソードを書く

結論を最初に書いたら、次は具体的なエピソードや志望する理由を書きましょう。

どんなことに興味があるのか、何をしたいのかを実体験を交えて書くことで、具体性があるエピソードにすることができます。

実体験が書かれていないと、志望動機としての根拠が薄く、良い評価を貰えないことがあるため、必ず実体験を入れるようにしましょう。

また、より具体性を出すために、定量的に表せるものは数値で書くようにしましょう。

人数や年齢、順位など覚えている範囲でできるだけ詳しく書くようにしましょう。

志望動機を書く前に自分の経験を深堀しておくことで、具体的なエピソードを書けるようにしておきましょう。

将来の目標や今後の展望を書く

具体的なエピソードを書いた後は、最初に述べた結論と将来の目標などを一緒に書くと良いでしょう。

今後のことを書くことで、採用担当者はより就活生が企業に入社した後の行動を想像をしやすくなります。

積極的な態度で参加してくれる就活生や企業理念とマッチした同じ価値観を持っている人材を求めているため、今後の展望で自社で活かせる活躍を期待できる人は企業からの評価も高くなります。

【食品業界のインターンシップ】志望動機の例文

上記の注意点や書き方を参考にして志望動機を書いてみましょう。

ここからは具体的な例文をご紹介します。

私が貴社を志望する理由は、貴社の健康食品の製造を行っている点について魅力を感じたためです。

私はレストランの厨房でアルバイトをしていました。

自分の作った食事を美味しく食べてもらう喜びを実感すると共に、外食でも健康的な食事ができるような仕組みを作りたいと考えていました。

貴社は、美味しく健康的な食品の製造に力を入れており、多くの人々の健康を支えていると考えています。

アルバイト経験で培った、栄養バランスの知識やコミュニケーション能力を活かして1人1人に適した健康食品の開発で人々の健康を支えたいと考えています。

まとめ

この記事では、食品業界のインターンシップ、志望動機の書き方についてご紹介をしました。

食品業界は人気が高く、その中でも特に大手食品メーカーを志望する就活生は多いのではないでしょうか。

消費者との距離が近く、志望しやすい業界であるということから、入社後のギャップも少なからず存在すると思います。

そのため、思っていた業務との相違を無くすためにも、しっかりと企業研究、自己分析、インターンシップの参加を行うことをおすすめします。

食品業界のインターンシップにぜひチャレンジして、有利に就職活動を進めましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます