【例文あり】人材業界の自己PRを作成しよう!業界研究も完全網羅!

【例文あり】人材業界の自己PRを作成しよう!業界研究も完全網羅!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録
伊東美奈
Digmedia編集長

HRteamに新卒入社。 キャリアアドバイザーの経験を経てマーケティング事業へ異動。 アドバイザー時代にサービス立ち上げや人材開発、人事の業務に携わり、現在では「Digmedia」のメディア運営責任者を担っている。

【人材業界の自己PR】人材業界とは

人材業界の自己PRを作成するにあたって、人材業界とはどのようなものなのかについて知っておく必要があります。

人材業界は人と企業をつなげる業界で、大きく分けて4つの業務があります。

それぞれの業務について詳しく知っておくことで、より分かりやすい自己PRを作成できるので、一緒に確認していきましょう。

人材紹介

人材業界の業務内容として、まず1つ目に挙げられるのは人材紹介です。

企業と求職者のマッチングを行い、採用を支援します。

求職者のスキルや経験を把握して、企業のニーズにあった人材を紹介する必要があるので、企業に対しての理解はもちろんのこと、紹介する人材がどのようなスキルを持っていて、どのような業務に向いているのかについても詳しく把握する必要があります。

人材業界の業務の中で真っ先に必要とされるものであり、必ず丁寧な作業が求められます。

様々なチェック項目を用いて、企業と人材のマッチ度合いを図るようにしましょう。

人材派遣

人材派遣業界なので、当然ながら人材派遣業がメインの業務内容となります。

必要な人材を派遣会社に派遣するのが、人材派遣業の主な仕事内容です。

派遣スタッフのスキルやニーズを把握することはもちろんのこと、企業のニーズを把握し、それにあった人材を派遣する必要があります。

こちらは先ほど紹介した人材紹介と同じように、企業について詳しく理解する必要があるのはもちろんのこと、人材についても詳しく特徴を抑える必要があります。

人それぞれ向いている仕事は異なるので、どのような仕事が向いているのか、様々なチェック項目を用いて確認し、それぞれに向いている仕事を紹介する必要があります。

求人広告

人広告を出すのも人材業界の仕事の1つです。

企業が求人情報を掲載して、求職者に募集を告知するサービスのことです。

求人広告会社は企業の求人情報を非常にわかりやすく、そして魅力的に伝える必要があります。

求職者にとって魅力的に映らなければ、なかなか応募の数も増えません。

求人広告を出すにあたっては、時代の流れに沿った見出しやコピーライティングをする必要があります。

人々の趣向に合うような、魅力的な求人広告を出さなければならないので、広告担当は常に世の中の流行にアンテナを貼る必要があります。

人事コンサルティング

臨時コンサルティングも人材業界の仕事において非常に重要な内容の1つです。

企業の戦略の立案や、人材育成の支援を行うサービスです。

企業に関する課題を解決し、企業の成長を支援するのも目的となっています。

「新卒採用を行いたいがノウハウが無い」「なかなか経験者を採用できないので、採用における課題を見つけたい」などそれぞれのニーズを把握した上で、企業を支援する必要があります。

企業によってそれぞれ課題は異なるので、それぞれしっかりとヒアリングを行い、適切なアドバイスをする必要があります。

企業にとってどのような点を魅力として打ち出すべきなのか、どのようなウィークポイントを改善していく必要があるのか、などについてそれぞれ考えていかなければなりません。

【人材業界の自己PR】人材業界の強み

ここからは人材業界の強みや魅力などについて詳しく紹介していきます。

人材業界は様々な魅力がある業界ですが、その中でも多くの方が仕事を行うにあたって魅力を感じるであろう部分について詳しく紹介していくので、一緒に確認していきましょう。

社会貢献性が高い

「社会貢献性が高い」ということが人材業界の魅力として挙げられます。

企業と求職者をつなげることができることや、求職者の就業を支援するのが人材業界の主な役割です。

そのため、社会貢献性が非常に高い職業であるといえるでしょう。

特に最近では企業にマッチしているかを自分で把握できず、正しい企業を選べず、すぐに仕事を辞めてしまう人も多いです。

しかし、企業と人材、それぞれの特徴をうまく把握した上で人材を把握することができ、人材を派遣することができれば、同じ企業で長く働いてくれる可能性は高まります。

人材業界での最も大きな目的は、派遣した人材が長く同じ企業で働いてくれることです。

成長性が高い

成長性が高いというのも人材業界の特有の魅力として挙げられるポイントの1つでしょう。

業界は経済の状況や労働人口の減少などにより今後も成長が大きく見込まれる業界の1つです。

成長性が高いということは、給料が上がる可能性はもちろんのこと、福利厚生なども改善される可能性がありますし、「人材業界で働いている」ということ自体がステータスになる可能性もあります。

成長性が高い業界で働いているということが多くの人から魅力的に映りますし、他の、さらに条件が良く、やりがいのある会社にステップアップできる可能性もあります。

【人材業界の自己PR】人材業界が求める人物像

ここまで人材業界そのものについて、そして人材業界の強みなどについて紹介してきました。

人材業界への理解が深まり、より就職へのモチベーションも高まったのではないでしょうか。

モチベーションが高まったところで、自己PRを作成するための知識も深めていきましょう。

ここからは人材業態が求めている人物像について詳しく紹介していきます。

大きく分けて3つの特徴があるので、一緒に確認していきましょう。

コミュニケーション能力が高い

人材業界は企業の採用担当者や求職者とのコミュニケーションが重要な役割を果たす分野です。

企業と求職者を適切にマッチングさせる役割を担っており、そのためには双方のニーズや要求を正確に把握し、効果的に伝える必要があります。

コミュニケーション能力が高い人材は、企業のニーズを的確に理解し、それを求職者に適切に伝えることができます。

逆に、求職者のスキルや経験を企業に対して効果的にアピールすることも可能です。

マッチングの精度が向上し、企業と求職者双方の満足度も高まります。

コミュニケーション能力が高い人は、問題が発生した場合の対応も適切に行うこともできます。

問題解決のスキルは人材業界においても非常に重要です。

目標達成意欲が高い人

人材業界は成果主義が色濃く反映される場です。

目標達成意欲が高い人材はこの業界での成功に不可欠です。

目標達成意欲が高い人材が持つ積極性や自己モチベーションは、求職者と企業の適切なマッチングやサービスの質向上に寄与するのです。

目標達成意欲が高い人は、困難な状況でも解決策を見つけ出す力を持ち、業界の競争においても持続的な成果を上げることができます。

また、自己成長のために常に学び続け、新しいスキルや知識を身につける努力を惜しまないので、業界の変化や新たなトレンドにも迅速に対応できます。

チームのモチベーションも向上させることもできます。

前向きな姿勢は周囲の人々にも良い影響を及ぼし、組織全体の生産性を向上させるでしょう。

学習意欲が高い人

人材業界は絶えず変化し進化している分野であり、新しい知識やスキルの習得が必須です。

人材業界で成功するためには、市場の動向、技術の進歩、法律の変更など、多岐にわたる要素を把握し続ける必要があります。

学習意欲が高い人材はこうした変化に適応し、新しい情報やスキルを迅速に吸収する能力を持っています。

学習意欲が高い人材は自ら進んで新しい知識を求め、スキルを向上させようとする姿勢があるので、業界の変化に対しても柔軟に対応できます。

また、学習意欲が高い人は問題解決のための新しいアプローチや方法を探求できます。

問題解決能力と学習意欲を兼ね備えている人物こそ、人材業界に向いていると言えます。

【人材業界の自己PR】人材業界のランキング

人材業界のおすすめ企業ランキングについても詳しく紹介していきます。

人材業界は経済の活況や労働人口の減少などにより、今後も成長が見込まれる業界です。

人材業界で働きたい人は、これらの企業を参考に就職活動や転職活動を進めてみてはいかがでしょうか。

このランキングは売上高をもとに作成しています。

1位:リクルートホールディングス

リクルートホールディングスは就職や進学などをはじめとした、人生における新しいステージに進むために必要な情報を求める個人のユーザーと企業クライアントが出会うマッチングの場を作り出しています。

このように、多くの適切なマッチングを実現することにより、双方の満足を追求することを大切にしています。

インターネットの普及により、膨大な量の情報に直接触れられる昨今、より早くシンプルに最適なマッチングの重要性が高まっていることを考えた上で、最適な方法で人材と企業結びつけることを大切にしています。

またリクルートは、会社員の独立や転職なども支援しており、スキルアップやキャリアアップを目指したい方にもおすすめできる企業です。

2位:パーソルホールディングス

パーソルホールディングスは働く個人のライフステージの変化や適正・能力に合わせたサービスを提供している人材派遣会社です。

人材紹介、人材派遣、アウトソーシング、IT、教育など、多岐にわたる事業を展開しています。

企業側のニーズである効率的な人材採用や専門領域の人材採用、繁忙・閑散に応じた人材活用を実現しつつ、求職者のニーズである「就職したい」「転職したい」「時間を決めて働きたい」などのニーズを実現できるよう、日々工夫を凝らしている企業の1つです。

人材派遣会社には珍しく、求職者に対して診断やラーニング、コミュニティやコーチングの提供も行っている、「ただ企業に人材を派遣する」だけではない業務領域の広さが魅力です。

3位:アウトソーシンググループ

アウトソーシンググループは人材派遣、アウトソーシング、IT、エンジニアリングなど、多岐にわたる事業を展開しています。

特に大きな特徴は、顧客の生産変動にフレキシブルに対応できるスタッフ配備を目指していることです。

企業の繁閑に合わせたスタッフ投入を行うので、余計な費用がかからず、人件費を抑えつつ人材不足を解消できます。

新たな人材教育が不要で、安定してスタッフを投入できる点も評価されています。

4位:パソナグループ

パソナグループは人材紹介、人材派遣、アウトソーシング、IT、教育など、多岐にわたる事業を展開しています。

「人を活かすこと」を大切にしており、社会の問題点を解決するためダイバーシティを推進し、誰もが好きな仕事を選択できる社会を目指し、人材派遣に力を入れています。

新しく新卒として働く人はもちろんのこと、社会復帰を望む人、転職を望む人など、さまざまな人のニーズに応えようと日々尽力しているのが特徴です。

人材派遣業界にはさまざまな企業がありますが、その中でも社員の福利厚生などに力を入れているのが特徴です。

社員が健康的に働けるよう、労働生産性状況などを可視化しているのも有名です。

5位:テクノプロ・ホールディングス

テクノプロ・ホールディングスはITエンジニアの派遣、ITコンサルティング、IT研修など、IT領域における事業を展開しています。

2023年6月時点で24,125人のエンジニア・研究者が所属しており、技術系人材サービスの中では日本最大級の規模を誇るのが大きな特徴です。

機械、電気・電子、組込制御、ITインフラ、AI・データ解析、ソフト開発・保守、化学、バイオ、建築施工管理など、日本の産業界が必要としているあらゆる種類の技術者を抱えています。

教育研修制度も徹底しており、充実したサポート体制で多くの人が順調に就職を叶えています。

その研修の受講者数は述べ303,930人にも及び、2つの技術センター、48ヶ所の研修施設で、業界随一の500種類以上の研修プログラムを受けられるので、IT系の人材派遣会社としては異例とも言えるサポート体制の充実度合いです。

【人材業界の自己PR】自己PRとは

人材業界の自己PRの作成方法について本記事を紹介していますが、そもそも自己PRとはどのようなものなのかについてまず考える必要があります。

就活における自己PRとは自分の長所やアピールポイントを企業に伝えるためのものであり、就職活動や転職活動において自分を採用すべき理由をアピールする重要なツールとなります。

自己PRは就活において非常に重要な役割を担うので、何度も繰り返し修正することでより良いものに作成していきましょう。

【人材業界の自己PR】自己PRの書き方

人材業界について深く理解できたところで、ここからは人材業界による自己PRの書き方について詳しく紹介していきます。

人材業界における自己PRの書き方は大きく分けて「自己分析」「エピソードを考える」「結論を明確にする」「企業との関連性を考える」の4つがあります。

それぞれそれぞれ深く解説していくので、確認してみてください。

自己分析

自己分析は自己PRを作成するにおいて最も重要な要素の1つであると言っても過言ではありません。

自分の過去を振り返り、今までの経験や、それを通して学んだものにどういったものがあるのかを振り返ってみましょう。

企業にとってどの程度魅力的に映るのか、自分にはどのようなスキルがあるのかについて考えることは非常に重要です。

もしこの記事を読んでいるあなたが大学1年生や2年生である場合、すでにこの段階で一度自己分析を行ってみるのも悪くないでしょう。

そして就活の直前になってもう一度自己分析をしてみることによって、どのような点が成長したのかを可視化することができます。

自分の大学生活における実りや、学生時代に学んだことについても詳しく書けるようになるでしょう。

エピソードを考える

自己PRを作成するにあたってエピソードを考えることは非常に重要です。

自己PRは基本的に自分の強みを企業の採用担当者にアピールするものですが、自分の魅力をアピールするにあたってエピソードを加えることでより分かりやすくなります。

例えば自分の魅力について「忍耐力がある」ということを表現するにあたり、ただ「自分は忍耐力が強いです。」と言ったところであまり意味がありません。

具体的にどのように対処し、どのような場面を乗り越えてきたのかなど詳しく解説することでより分かりやすく伝わるようになります。

また、エピソードについて考えることは文字数を調節するという面でも非常に重要です。

人材業界は複数の企業があるので、複数の企業を受けることになる可能性が高いです。

自己PRの文字数指定は300字が基本的ですが、100字や500字の場合もあります。

そうした場合に臨機応変に対応できるように、文字数調整がしやすいエピソードを組み込んでおくことは非常に重要なのです。

結論を明確にする

結論を明確にするのも人材業界の自己PRを作成する上で非常に重要なポイントであると言えます。

結論を明確にすることによって、自己PRの印象を強く残すことができるのです。

企業の採用担当者は、基本的に就活の時期になると膨大な数の自己PRを読むことになります。

それが人気の企業であればなおさらです。

そうなると、全ての自己PRを完全に集中して読むことはなかなか難しくなってしまいます。

特に冗長でダラダラと書かれている文章に至っては、途中で読むのをやめてしまう可能性もあります。

よって、結論を先に提示することで「この人は自分の長所を〇〇として話したいのだな」とわかり、話の展開もはっきりするので、わかりやすくすることが大切です。

当然ながら自己PRで採用担当者にアピールするには最後まで読んでもらうことが大前提となります。

まずはしっかりと最後まで読んでもらうためにも、結論を明確にすることは非常に大切です。

企業との関連性を考える

自己PRを作成するにあたり、企業との関連性を考えるのも非常に重要なポイントと言えます。

例えば、企業と全く関連のないスキルを紹介してしまったところであまり意味がありません。

何より、採用担当者に「この人は業界研究や企業についての研究をあまりしていないのではないか」とマイナスイメージを与えてしまう可能性もあります。

そこで早い段階で企業について詳しく調べ、その企業が求めているスキルを的確にアピールする必要があります。

例えば、「海外の企業と取引が多い」と公式サイトに記載されている場合は、英語ができることなどをアピールするのも良いでしょう。

このように企業となるべく関連性が強い文章を作成することが大切です。

また、企業との関連性を強調しているということは、企業研究をしっかり行っているということもわかり、自分の企業に対する志望度の高さもアピールすることができます。

いずれにせよ、企業との関連性を考えることは非常に重要であると言えます。

【人材業界の自己PR】自己PRの構成

ここからは自己PRの構成方法について詳しく紹介していきます。

人材業界の自己PRを作成するにあたっては、しっかりと自己PRの構成についても考える必要があります。

分かりやすく、採用担当者に良い印象を与えられる自己PRを作成するためにも、構成についてしっかりと学んでいきましょう。

PREP法

PREP法とは簡単に述べるならば先に結論を話すという文章の構成方法です。

まず最初にP、つまり結論を述べることにより、採用担当者にどのような話を展開するのかについてイメージしてもらうことができます。

また、R、つまり理由についてその後説明することにより、その自分の結論を自分の強みとしている理由なのかについてもしっかりと説明していくことができます。

そしてE、つまり具体例を用いることにより、より深く具体性を持った内容にすることができます。

そして、再度結論を最後に述べることにより、自分の伝えたいことが何だったのかを再確認してもらうこともできます。

また、この際、文字数に余裕があるならば、実際にどのように自分のスキルが活かせるのかの展望についても述べることができれば良いでしょう。

【人材業界の自己PR】自己PRの例文

ここからは人材業界の自己PRの例文について詳しく紹介していきます。

ここまで紹介してきた内容をもとに、3つの能力に焦点を当ててそれぞれ例文を作成しましたので、確認してみてください

コミュニケーション能力

私の強みはコミュニケーション能力が高いことです。

学生時代はプロジェクトを成功に導くために様々な工夫をしてきました。

具体的には、チームメンバーとの円滑なコミュニケーションを確保するためのミーティングを企画し、フィードバックの時間を設けました。

その結果、プロジェクトはスムーズに進行し、期待以上の成果を上げることができました。

また、メンバー間の信頼と協力の精神も育てることもできました。

この経験から、効果的なコミュニケーションがプロジェクトの成功に不可欠であると学びました。

貴社に入社した暁にはこのコミュニケーションスキルを活かし、チームの生産性や効率を向上させたいと考えています。

また、プロジェクトが直面する可能性のある問題や課題に対して、柔軟かつ迅速に対応するためのコミュニケーションの仕組みを構築・提案し、貢献していきます。

目標達成意欲

私の一番の強みは目標達成に対する強い意欲です。

学生時代にはボランティア活動において集客や企画を担当しました。

初めての企画は残念ながら全く目標数値に届かなかったのですが、めげずに改善を重ね、試行錯誤を繰り返しました。

その結果、様々な方法とアプローチから学び、目標達成のための新しい道を切り開くことができました。

このような経験を通して、私は失敗から学び、常に前向きに改善し続ける重要性を深く理解しました。

入社後はこの意欲を活かして計画的かつ効率的に業務に取り組みます。

また、困難や障壁に直面した際も、柔軟な思考で問題解決に努める姿勢を持っています。

貴社での業務においても、私のこの強みが高い生産性と成果をもたらす一因となると確信しています。

目標達成のための情熱と継続的な改善の姿勢で、貴社の一員として全力で貢献していきたいと考えています。

学習意欲

私の最大の強みは止まることない学習意欲です。

新しい知識やスキルの獲得に絶えず努めており、これまでにも様々な状況でその強みを発揮してきました。

例えば、ゼミで行われた大会において、発表の準備にあたり、徹底的なインプットや多岐にわたるヒアリングを行いました。

その結果、私たちのプレゼンテーションは入賞を果たすことができました。

この経験から学んだことは、知識や情報のインプットだけでなく、それをいかに効果的にアウトプットするかが重要であるという点です。

私は学び取ったことをただ満足するだけではなく、それを具体的な形で仕上げる力も持っていると自負しています。

貴社に入社した暁には、この学習意欲とアウトプット力を最大限に活かし、組織の発展に寄与したいと考えています。

新しい課題やプロジェクトに取り組むにあたっても常に知識とスキルをアップデートし、実務に活かすことで業務の効率や質を高めていきます。

【人材業界の自己PR】自己PRのNG例文

NG

私の強みは非常に高い学習意欲です。

この学習意欲のおかげで、常に新しい知識やスキルを吸収し、自己の成長を続けています。

その結果として、さまざまな課題に対しても柔軟に対応する能力を身につけることができました。

また、これまでも何度か困難な状況に遭遇しましたが、その都度、前向きな姿勢で問題解決に取り組むことができ、成果を上げてきました。

貴社に入社させていただく場合、私のこの学習意欲を存分に発揮し、企業のさらなる発展に貢献していきたいと考えています。

常に前向きに業務に取り組み、チームやプロジェクトの成功のために努力していく所存です。

私の持つポテンシャルと、貴社での経験を通じてさらに磨かれるであろうスキルが、貴社の成功に貢献できると信じております。

【人材業界の自己PR】まとめ

今回は人材業界を目指す上での自己PRの作成方法について紹介してきました。

人材業界は非常に魅力的な業界ですし、志望者が多いので、なかなか差別化を図りにくく難しい場面も多いかもしれません。

しかし、自分のスキルを活かし、魅力的な自己PRを作成することができれば第一志望の内定を目指せるので、ぜひ本記事を参考に、質の高い自己PRを作成してください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます