【その業界向いてる!?】広告業界の未経験者が知っておくべきこと。やりがい、そして成功への方法

【その業界向いてる!?】広告業界の未経験者が知っておくべきこと。やりがい、そして成功への方法

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録
伊東美奈
Digmedia編集長
伊東美奈

HRteamに新卒入社。 キャリアアドバイザーの経験を経てマーケティング事業へ異動。 アドバイザー時代にサービス立ち上げや人材開発、人事の業務に携わり、現在では「Digmedia」のメディア運営責任者を担っている。

はじめに

広告業界は華やかで面白そうなイメージも相まって、就活の場で非常に人気の高い業種です。

ただ、「広告業界に興味はあるけど、経験もないし自分が活躍できるイメージがわかない」なんて方も多くいらっしゃると思います。

そこで今回は広告業界に向いている人はどういう特徴を持っている人なのか、また未経験の場合はどんなことを最低限知っておけばいいかということを解説していきます。

また、広告業界ならではのやりがいや、どうすればこの業界で活躍できるのかということについても紹介していきます。

今時点で広告業界について詳しくなくても問題ありません、是非この記事を参考にして広告業界への理解を深めて効率的な就活準備に活かしてください。

広告業界とは

広告業界は、企業や団体が自らの製品、サービス、イベント、またはアイデアを一般大衆に向けて紹介し、その魅力を伝えるために行う専門的な活動の総称です。

この業界は、テレビCM、ラジオ広告、新聞・雑誌の広告、オンライン広告、屋外広告など、多岐にわたるメディアを通じて情報を発信します。

広告業界の目的は、ターゲットとする顧客層に対して効果的なメッセージを届けることにより、商品やサービスの認知度を高め、購買意欲を刺激することにあります。

この過程では、クリエイティブなアイデアを形にするデザイナーやコピーライター、戦略を練るプランナー、メディアプランを策定する専門家など、様々な職種の専門家が関わります。

近年では、デジタル化の進展により、SNSや検索エンジンを活用したデジタルマーケティングの重要性が増しており、広告業界内でも革新的な技術や手法が求められています。

広告業界の職種と役割

ここからは広告業界にはどんな職種や会社の種類があり、それぞれどういう業務内容で、どういった価値提供をしているのかということを解説していきます。

広告業界と一言に言っても企画を考える人や、それを実行したりデザインを実際に作る人、デジタルに強みをもっている人など様々な職種が存在します。

下記で解説する職種をみて、自分が得意そうなものや、未経験でも興味が沸いたものがあれば是非挑戦してみてください。

広告代理店

広告代理店は、クライアントである企業や団体の広告戦略の立案から実行までを一手に担う専門機関です。

これには、ターゲット市場の分析、広告キャンペーンの企画、広告素材の制作、選定されたメディアでの広告の配置といった一連のプロセスが含まれます。

広告代理店の役割は、クライアントの製品やサービスを最終消費者に効果的に紹介し、ブランド認知度の向上や売上増加を目指すことにあります。

また、広告代理店は、テレビCM、ラジオ、新聞・雑誌広告、屋外広告、デジタル広告といった多様なメディアを駆使してキャンペーンを展開します。

近年ではSNSマーケティングやSEO対策など、インターネットを利用した広告も重要な役割を担っています。

クリエイティブエージェンシー

クリエイティブエージェンシーは、クライアントのブランドイメージやマーケティングメッセージを視覚的、言語的に表現するためのデザイン、コピーの作成を専門とする会社です。

革新的なアイデアやクリエイティブなソリューションを通じて、企業や製品のアイデンティティを際立たせることを得意としています。

サービス範囲は、ロゴデザイン、ブランドアイデンティティの開発、ウェブサイトやアプリのデザイン、広告キャンペーンのビジュアルとコピーライティング等です。

最終的には、これらのクリエイティブな取り組みが、クライアントのブランド認知度の向上、顧客基盤の拡大、そして売上の増加に貢献することが期待されます。

現代のマーケティング環境において、クリエイティブエージェンシーの役割はますます重要になっています。

メディア会社

メディア会社は、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、オンラインプラットフォームなど、様々な形式のメディアを通じて情報やエンターテイメントを提供する企業です。

これらの会社の主な収入源の一つは、広告スペースや放送時間の販売によるものです。

メディア会社は、広告主との間で交渉を行い、製品やサービスを宣伝するためのスペースや時間を提供します。

そして、広告主とメディア会社との契約には、広告の配置、期間、コストに関する詳細が詳細に定められ、双方の利益を最大化することが目指されます。

メディア会社は、広告主に価値ある露出機会を提供することで、そのブランド認知度の向上や売上促進を支援します。

同時に、メディア自身のコンテンツの質と多様性を維持・向上させるための貴重な資金源ともなっています。

デジタルマーケティングエージェンシー

デジタルマーケティングエージェンシーは、インターネットを主軸とした広告やプロモーション活動を専門とする会社です。

これには、ウェブサイト広告、ソーシャルメディアマーケティング、検索エンジン最適化(SEO)、電子メールマーケティングなどが含まれます。

彼らの役割は、デジタルメディアを活用してクライアントのマーケティング戦略を立案・実行し、ターゲットのエンゲージメントを促進することにあります。

また、データ分析とクリエイティブなコンテンツ制作を組み合わせ、高度にパーソナライズされたマーケティングキャンペーンを展開することも得意としています。

デジタルの進化に伴い、彼らのサービスは企業がデジタル時代において競争優位を確立するために不可欠なものとなっています。

制作会社

制作会社は、広告映像、ラジオCM、印刷物など、ブランディングやプロモーション活動に必要なクリエイティブな素材を制作する企業です。

彼らの作業は、アイデアの概念化から、スクリプトの作成、撮影、編集、最終的な制作物の納品までを含みます。

また、ただ作るだけではなく、独自のクリエイティブな視点と専門技術を駆使して、クライアントのメッセージを効果的に伝えることができる高品質なコンテンツが求められます。

このような業務を通じ、彼らはクライアントのブランド認知度の向上、製品やサービスの魅力の強調、消費者との強いつながりをサポートしているのです。

現代において、制作会社の役割は非常に重要であり、多様なメディアチャネルを通じたブランドのプロモーションに不可欠な存在です。

PR会社

PR会社は、企業や個人のイメージ向上、認知度の向上を目的とした公共関係(Public Relations)活動を専門とする会社です。

例えば、メディア対応、プレスリリースの作成と配信、イベントの企画と実施、ソーシャルメディア戦略の策定、さらには危機時のコミュニケーション管理などが含まれます。

PR会社は、クライアントのポジティブなメッセージを効果的に伝え、ターゲットとの良好な関係を築くことで、ブランドのイメージを構築し、保持することを目指します。

また、公共の関心事やトレンドに基づいた戦略的なアプローチを通じて、クライアントの目標達成を支援します。

さらに危機管理においては、PR会社は潜在的な問題を未然に防ぐための戦略を提供し、問題が発生した場合には、クライアントの評判を守るために迅速かつ効果的な対応を行います。

広告業界で求められる人材の特徴5つ

ここからは広告業界で活躍できる、かつ求められる人材の特徴を5つ紹介していきます。

もし現状、自分が当てはまるものが無くても心配はいりません。

いまから紹介する特徴の中にはこれからでも身に着けられるものもあるので、今から意識していくことが重要です。

クリエイティブな発想力がある

広告業界に向いている人は、クリエイティブな発想力を持ち合わせています。

常に新しいアイデアを生み出し、それを実現可能な形で表現できる能力は、この業界で成功する上で不可欠です。

斬新で効果的な広告キャンペーンを立案し、ターゲットオーディエンスの注意を引き、関心を喚起できるようなクリエイティブを創出することが求められます。

さらに、トレンドに敏感であり、社会の動向や消費者のニーズを理解し、それらを踏まえたアイデアを形にできる視野の広さも重要です。

こういったクリエイティブな思考は後天的にも十分得ることができるスキルなので、今自信がない人でも興味のある方は是非挑戦してみてくださいね。

コミュニケーション能力に優れている

広告業界では、クライアントやチームメンバーとの円滑なコミュニケーションが極めて重要です。

明確で効果的なコミュニケーション能力を持つ人は、相手のニーズや期待を正確に理解し、適切な対話やフィードバックができます。

また、プロジェクトの進行にあたっては、さまざまなステークホルダー間で意見の調整が必要になることが多く、その過程でも重要なスキルでしょう。

なので、優れたコミュニケーションスキルは、プロジェクトの目標に対する共通理解を助け、効率的なチームワークを実現するために不可欠というわけです。

さらにコミュニケーション力が高いと、クライアントのビジョンを正確に把握することができます。

これは最終的にクリエイティブなアイデアを形にするための戦略を練ることのベースにもなる重要な要素になります。

チームでの協力ができる

広告業界においては、プロジェクトを成功に導くためにチームでの協力が不可欠です。

異なる専門分野を持つ複数の部門や個人と協調し、共同で作業を進める能力があると非常に有利でしょう。

このようにチームで協力することは、アイデアの共有、異なる視点の統合、そしてプロジェクトの効率的な進行を可能にします。

また、顧客やパートナー企業との連携も頻繁に求められ、これらの関係を管理し、調和を保ちながら目標に向かうことに対してもこのスキルは活きてきます。

このようにチーム内外での協力を促進し、共通の目標達成に向けて協働できる能力は、広告業界で活躍するために欠かせない特性です。

柔軟性と適応力が必要な理由

広告業界は、常に変化し続ける環境の中で進化しているため、柔軟性と適応力を持つ人材が求められます。

この業界で成功するためには、新しいテクノロジーの導入、消費者行動の変化、競合他社の戦略への対応など、絶えず変わる市場の要求に迅速に適応できる能力が不可欠です。

また、柔軟な思考と適応力を持つ人は、予期せぬ課題に対して創造的な解決策を見出し、変化をチャンスに変えることができます。

このようにして、クライアントのニーズを満たし、ターゲットに響く斬新なキャンペーンを生み出すことができます。

広告業界において柔軟性と適応力は、変化に強いプロとして重要な資質で、業界の最先端を行くための重要な要素と言えるでしょう。

プレッシャーに強い

広告業界で活躍するには、プレッシャーに強いことが不可欠です。

この業界は、タイトなスケジュール、厳しいデッドライン、高い期待値といった厳しい条件のもとで動いています。

変化が激しく競争が激しいため、常に高いパフォーマンスが求められます。

プレッシャーに強く、ストレス耐性のある人は、これらの挑戦的な環境の中でも冷静さを保ち、問題解決に向けて効果的に行動できます。

また、期限内に質の高い成果を出すための時間管理能力や、緊急時に適切な判断を下す決断力も重要です。

こうした能力を持つ人は、広告業界の速いペースに適応し、将来的に成功を収めることができる可能性が高いです。

プレッシャーの中でも最高のクリエイティビティを発揮し、クライアントやチームの期待に応えることが、求められるということです。

広告代理店に向いていない人の特徴

上記では広告業界に向いている人の特徴を解説してきましたが、ここからはどんな人が広告代理店に向いていないのかという点を解説していきます。

あくまで一例ですので、もし自分が当てはまっても諦めることはなく、意識しておくだけでも大分違います。

また、本当に合わないのならそもそも入社しても不幸になるので、他の選択肢も検討してみましょう。

地道な作業が苦手な人

広告業界では、クリエイティブなアイデアを形にしていく過程で、地道な作業や細かな調整が頻繁に必要とされます。

例えば、キャンペーンの企画段階での綿密な市場調査、広告素材の微調整、メディアプランの精密なスケジューリングなどがあります。

そのため、細かい作業に対して忍耐力がない、あるいは一つのタスクに長時間集中することが苦手な人は、広告業界に適応することが難しいかもしれません。

つまり、クリエイティブなアイデアだけでなく、それを実際に実行するための細部にわたる緻密な作業が不可欠な業界なのです。

この点を理解して地道に努力できる人が向いている業界と言っていいでしょう。

長時間労働に耐えられない人

広告業界は、プロジェクトの締切やクライアントの要求に応えるため、しばしば長時間労働が必要とされる環境です。

キャンペーンの打ち出し前や大規模プロジェクトの締め切りに向けては、通常の勤務時間を大幅に超えることも珍しくありません。

このような時期には、夜遅くまで残業することや、週末も仕事に追われることが求められる場合が多々あります。

そのため、プライベートな時間を大切にしたい、あるいは定時で帰宅したいと考える人にとって、広告業界の働き方はストレスの原因となり得ます。

また、長時間労働が常態化することで、ワークライフバランスを保つことが難しくなり、仕事とプライベートのバランスを求める人には不向きな環境かもしれません。

向いていない人今から対策できる

上記のように広告業界に向いていない人の特徴を解説してきましたが、自分にあてはまるものがあったからと言って肩を落とす必要はありません。

なぜなら、今から対策をすれば十分就職活動を満足いくものにできるからです。

以下、具体的にどういった対策をすればいいのか紹介していくので、チェックしておきましょう。

職場体験やインターンシップの参加

まず、職場体験やインターンシップに参加することです。

広告業界以外にも、さまざまな職場や業界での実務経験を積むことで、理屈だけでは得られない貴重な学びがあります。

そして、自分自身に合った職場環境や仕事内容を直接見て感じることができ、自分の適性や興味がどの分野にあるのかを深く理解する機会になります。

広告業界にしか興味がないと思っていても、こういった実践的な場で経験を積むことで考え方も変わってくる可能性は十分にあるので選択肢として覚えておいてください。

キャリアカウンセリングや相談

つぎに、キャリアカウンセリング等のサービスを利用して相談してみることもいいでしょう。

キャリアカウンセリングや専門家への相談を通じて、自分の適性やキャリアプランを客観的に評価し、アドバイスを受けることができるのがメリットです。

自己理解を深め、気づかない強みや改善点を明らかにでき、効果的な就職活動の作戦を立て直すことができるでしょう。

もしこういったサービスに抵抗がある場合は先輩や大学のキャリアセンターの人に頼ってみてもいいかもしれません。

めげない精神!負けない

精神論にはなりますが、めげない心や負けないという気持ちを持つことも重要です。

挑戦の過程では、失敗や挫折は避けられないものです。

しかし、そこから学び、成長するためには、めげない精神とポジティブな姿勢が必要不可欠になってきます。

挽回策がすぐに効果を出すとは限りませんが、持続的な努力を通じて徐々に状況を改善できるでしょう。

自己発見は一朝一夕には完了しません。

失敗や困難を乗り越えることで、本当の自分とはどんな人間か見えてくるものです。

広告業界のやりがいと魅力

ここからは広告業界で働くやりがいや、その魅力について詳しく解説していきます。

人気な業界だけあって、他の業界にはない特徴や楽しさ、やりがいが沢山ありますが、その中でも特に大きいものを紹介します。

クリエイティブな仕事の楽しさ

広告業界での仕事は、クリエイティブなアイデアを生み出し、それを具体的な広告キャンペーンに落とし込むプロセスに大きなやりがいを感じることができます。

発想から実現までの一連の流れは、創造性とイノベーションへの探求心を刺激し、自身のアイデアが形となって世に出る瞬間は、この上ない達成感と喜びを提供してくれます。

自分の考えが広く社会に受け入れられ、人々の心に響くことで、ブランドや製品のイメージを形作ることが可能になることは大きなやりがいです。

インパクトの大きさと見える成果

広告業界の魅力の一つは、そのインパクトの大きさと成果が目に見える形で現れることにあります。

成功した広告キャンペーンは、製品やサービスの認知度を飛躍的に高め、消費者の購買行動に直接的な影響を与えます。

このようなキャンペーンがブランドの売上や市場シェアの増加に貢献した時、広告業界で働く人々は自らの努力が形になったことを実感し、大きな達成感を得ることができます。

また、デジタルメディアの発展により、広告の効果測定が以前よりも容易になり、キャンペーンの成果を詳細に分析することが可能になりました。

このように具体的な成果を目の当たりにすることは、仕事の大きなやりがいの一つです。

広告業界の動向と将来性

ここからは広告業界がこの先どうなっていくのかという動向や将来性について解説していきます。

広告業界を目指す人にとっては気になるところだと思うので、是非抑えておいてください。

面接等でも業界動向について意見を聞かれることもあるので要注意です。

デジタル広告の拡大

インターネットとソーシャルメディアの普及は、広告業界におけるデジタル広告の重要性を一層高めていると言っていいでしょう。

現代の消費者は日常的にデジタルメディアを利用しており、企業はこの機会を活かして特定の消費者にターゲティングし、直接リーチする方法を模索しています。

そしてデジタル広告は、従来のメディアよりも高い精度でユーザーの興味や行動を分析し、パーソナライズされた広告を出すことができます。

このため、デジタル広告への投資は今後も増加し、広告業界における主要な成長分野となると予想されるでしょう。

このような背景から、デジタル広告の拡大は広告業界の将来性を代表するものであり、革新的なアイデアと技術を持つ企業や人材にとって重要な要素です。

クリエイティブな人材の需要増加

上記で紹介したように、広告業界はデジタル化の進展に伴い、大きな変化を遂げています。

伝統的な広告媒体だけではなく、このようなデジタルメディアやソーシャルメディアを通じた広告活動の増加が、クリエイティブな人材への需要を加速させているのです。

新しい技術やプラットフォームの登場により、広告の形式や手法を進化させ、その結果、より創造的で革新的なコンテンツの創出が求められています。

そんなコンテンツを創れる人材の需要が今もこの先も増加していくことは間違いありません。

そして広告業界もそんなクリエイティブな人材を獲得するために、今後もより発展していくと考えられています。

おすすめの業界

広告業界に向いている人は他の業界でも活躍できるスキルを持ち合わせていることが多いです。

その中でも特におすすめの業界を2つ紹介するので、広告業界を受けようと思っている人はこれらの業界も是非、視野に入れておいて下さい。

あまり沢山の業界を受けるのはおすすめしないですが、自分の特性が活かせるのであれば積極的に受けてみましょう。

マーケティング業界

広告業界に興味を持つ人にとって、マーケティング業界は魅力的な選択肢と言って良いでしょう。

両業界は緊密に連携しており、ブランド戦略の策定、市場調査、顧客分析、プロモーション戦略の立案など、多くの分野でスキルと知識が共通しています。

広告業界で必要なクリエイティブなアイデア発想、ターゲット市場の洞察、効果的なコミュニケーション能力は、マーケティングの世界でも非常に重宝されます。

したがって、広告業界に適性や情熱を感じる方にとって、マーケティング業界はそのスキルをさらに伸ばし、幅広いキャリアパスを展開できる場所と思っていいでしょう。

販売および小売業界

広告業界に向いている人には、販売・小売業界もおすすめです。

広告業界で重視される商品やサービスの販売促進のスキルは、小売業界でも同様に重要とされています。

顧客への効果的なメッセージの伝達や製品のプロモーション能力は、小売業界で顧客体験を高め、販売を促進するために直接活用することができます。

さらに、マーケティングや販促のスキルを活かし、消費者のニーズに合った製品展開や店舗戦略に貢献できるでしょう。

一見遠いように思えますが、広告代理店の立場か、事業者としての立場で施策を実行しているのか違いというわけです。

おすすめの記事紹介

今回の記事では広告業界とは?といった基本的な解説や、どういう特徴を持った人が広告業界に向いているのかという事を紹介してきました。

そこで、さらに広告業界の志望動機の書き方や就活の軸の見つけ方などもう少し内容を細分化したおすすめ記事を紹介します。

本気で広告業界を目指したい方はこういった記事も参考にしながら、万全の状態で本番に臨むことでより内定の可能性を高めることができるでしょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます