企業分析

2021/9/08

【理系人気企業!】旭化成はなぜ理系に人気?今後の業績は?

2021/9/08

旭化成が、なぜこれほどまでに理系の学生に人気なのかを紹介します。
人気の理由には、旭化成という企業にステータスがあるからだとも言えるでしょう。
旭化成といえば、日本国民の多くが知っている企業です。
そのため、この企業に働いている自分はすごいという理論が成り立つのです。
ネームバリューというのは、人を引きつける力を持っていますので、そういった意味での人気もあるでしょう。
また、最近の若者にも支持される理由として、ノルマが少ないというメリットもあります。
ノルマが少ないというのは、企業で働いている人たちにも影響を与えて、それゆえに旭化成の社員にはノルマノルマとがつがつしているような人がかなり少ない印象です。
ホワイト企業を探している学生などにとっては、かなり響く特徴だといそうです。
そんな旭化成の倍率ですが、理系の場合は30倍程度になっています。
逆に文系の場合は50倍まで跳ね上がります。
30倍と50倍とではハードルに大きな違いが見受けられますので、旭化成を目指すのならば、やはり理系から目指すのが無難だと言えるのではないでしょうか。
理系から旭化成にいった場合には、マテリアル事業やヘルスケア事業が考えられます。
さらに、住宅事業にも力を入れていますので、こちらでの活躍も考えられるでしょう。
旭化成は今後も明るい企業だといえて、技術開発似余念がないので、新しい技術の恩恵にすぐにありつける環境があります。
さらに、同業種の中でも比較的安定した企業であるというのも大きいでしょう。

【理系人気企業!】はじめに


今回は、理系の学生に大人気の旭化成について紹介します。

倍率は理系に限定しても30倍を超えることもあり、かなりの人気企業であることがわかります。

それだけの狭き門を越えても、働きたい理由が旭化成にはあると言えるでしょう。

今回はそうした理由を一つひとつ紹介していきますので、ぜひ確認してみてください。

すでに旭化成を志望している学生にとっては、再確認になるかもしれませんし、まだまだ就職先を決めかねているというような人にとっては、旭化成が選択肢になるかもしれません。

将来の自分を想定しながら、読んでみてはいかがでしょうか。

【理系人気企業!】旭化成は理系になぜ人気?

旭化成は理系に人気の企業です。

まずは、なぜ旭化成が理系に人気なのかを把握しておくと良いでしょう。

なぜ人気なのかがわかれば、旭化成の魅力がわかりますので、自分の進路がここで大丈夫なのかを決める判断基準になってくれるでしょう。

まずはネームバリューがあるという点があります。

これは多くの人が知っている企業なので当然だと言えるでしょう。

さらに、ノルマが少ないというのも若者に受ける理由になっています。

ネームバリューがある

旭化成といえば、日本が誇る大企業の一つです。

そのため、ネームバリューという意味ではかなりのレベルであると言えるでしょう。

基本的に、就活生はネームバリューに引き寄せられるように集まってきますので、そういった意味でも就活生が多く集まる傾向があります。

さらに、最近の若者の中にも、安定志向の人は多いので、安定志向の人ほど、こういったネームバリューに弱い傾向があります。

さらに、IQの高い人は保守的な思想になりがちなので、そうした思想にも合致していると言えるでしょう。

ノルマなどが少ない

旭化成が人気の理由の一つに、ノルマの少なさがあります。

有名企業の中には、旭化成のようにノルマの少ない企業と、激務につぐ激務といった企業で大きく分かれます。

いくら給料が高いからといっても、激務ばかりなのではメンタルを維持できないので、ノルマの少ない企業を目指すという若者は多くなっているのです。

そんな若者の考え方にマッチするのが旭化成だと言えるでしょう。

同業種と比べても、かなりノルマが少ない傾向にあります。

また、そうした社風は穏やかな人を生み出しやすい傾向がありますので、人間関係で疲れるということが少ないのです。

こういった部分を把握しても、ホワイト企業だということができるのではないでしょうか。

【理系人気企業!】倍率はどのくらい?

続いて、旭化成の倍率について確認していきます。

基本的に、旭化成はネームバリューのある企業になりますので、理系であってもかなりの倍率を覚悟してく必要があるでしょう。

また、文系との倍率を比較してみるのも良いかもしれません。

技術職は30倍程度

旭化成を理系から志望する場合には、30倍程度の倍率になってくると言えるでしょう。

これは技術職を志望する場合の倍率になっています。

逆に事務職などの文系職では50倍を超えます。

理系の30倍という倍率は十分に高い倍率になってしまいますが、それでも文系の50倍と比べると、かなりの差があると言えるでしょう。

どうしても、旭化成に入りたいというような人は、やはり理系から狙っていくべきです。

倍率が50倍を超えてしまう文系になると、いくら優秀であっても、時の運で落とされてしまうことも十分にあるでしょう。

より確実性を突き詰めるのならば、理系でしょう。

【理系人気企業!】理系はどのように働いている?

旭化成を理系から目指すのならば、理系はどのように働いているのかも確認する必要があるでしょう。

どうやって働くかのイメージをすることはとても大切で、イメージトレーニングをすることによって、より働きたくなることもありますし、逆にやっぱりこの企業は自分向きではなかったと気づくこともあるのです。

旭化成の場合は、マテリアル事業やヘルスケア事業なども考えられるでしょう。

ほかにも住宅事業なども考えられます。

マテリアル事業

マテリアル事業は、「素材」に関わることは何でもするという名目通り、基軸としてマテリアル事業は大きな看板事業であり、技術職として求められています。

マテリアル事業を推進するためには、大量の技術者が必要になってきますので、旭化成を理系から目指すのならば、ここは外せないでしょう。

ヘルスケア事業

旭化成を理系から目指すのならば、ヘルスケア事業も見逃せないところです。

健康製品や、それに準じたヘルスケアに関するもののを開発製造しており、技術職として求められています。

特に、今度はヘルスケア事業は重要視される可能性があります。

コロナによって人々の健康意識は高まり、そうした製品の需要が高まっていますので、見事に旭化成の取り組みと合致するのです。

また、ヘルスケア事業とIT事業を融合したようなビジネスも話題になっていますので、そういった意味でもアドバンテージはあります。

旭化成を狙うのならば、この分野に飛び込んでみるのも面白いかもしれません。

住宅事業

「へーベルハウス™」や「ヘーベルメゾン™」のようなものにあるように、住宅事業にも力を入れており、技術的なものを求められています。

学生が持っている旭化成のイメージとは違いますが、学生によってはこちらに進んだほうが自分を活かせる可能性があります。

どちらにしてもものづくりの分野になっていますので、まったく畑違いということでもないでしょう。

【理系人気企業!】旭化成の今後は?

ここでは旭化成の今後について紹介します。

どんなに優良企業であっても、将来性がないのであれば、あまり魅力はありません。

そのため、これから旭化成を志すのならば、将来性を把握しておくことは重要になってくるでしょう。

そのための材料としては、同業種の中でもかなり安定した企業であるという点です。

また、新しい技術を積極的に取り入れる技術屋集団であるという点にも注目になります。

こうした材料を踏まえたうえで、旭化成の今後について考えてみると良いでしょう。

同業種の中でも安定している

旭化成は同業種と比較した場合、かなり安定した企業であることがわかります。

大企業ということもありますし、今後も安定した業績を残すことが予想され、比較的安定しているといっても過言ではないでしょう。

旭化成という企業の社風はおっとりと穏やかなイメージです。

社員もそうした人たちが多く、あまり競争とは無縁の世界だと言えるでしょう。

そういった社風であっても、業界で安定した業績を残せるということは、よほど経営基盤が盤石だと言えるのです。

そういった意味でも今後も業界の勝者として君臨していく可能性は高いのではないでしょうか。

また、ヘルスケア事業などにも力を入れており、こうした事業は今後伸びる可能性の高い事業になっていますので、そういった意味でもますます経営基盤は盤石になりそうです。

新しい技術開発にも力を入れていく

旭化成は、穏やかな社風を持っていますが、一方で、新しい技術の開発には余念がありません。

企業全体が向上心の塊で、どんどん新しい技術を取り入れていくので、これも将来性を計るうえでの大きな強みだと言えるでしょう。

多角的な事業展開をしていることもあり、さまざまな領域の技術を掛け合わせた技術開発も期待できるというのも大きいです。

今後は、新技術の開発にいち早く着手できるかがポイントになってきますので、そういった体力をしっかりと備えている旭化成は、まだまだ強いのではないでしょうか。

【理系人気企業!】まとめ

理系の人気企業であった、旭化成についてずいぶん理解したのではないでしょうか。

実際に旭化成が人気の理由を一つひとつ調べていくと、すぐにこの企業が人気の理由がわかるはずです。

そして、実際に働いてみたいという人も多いのではないでしょうか。

まさに典型的なホワイト企業なっていて、がつがつした競争意欲の高いような人はあまりいません。

その反面で、技術開発などには積極的な部分もありますので、自分の好きな分野の仕事をじっくりとしたいような人にはかなり向いていると言えるでしょう。

また、今後についても明るい会社だと言えますので、まだまだ旭化成の理系の学生からの支持は続きそうな予感がします。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る