就活マナー

2020/12/08

【就活でパーマはかけていい?】就活中の髪型はどうすればいい?パーマは気を付けるべき?

2020/12/08

大学生活の中では自由にパーマをかけたりして個性を出すことができるので、欠けている方も多いものです。
しかし、就活中となると身だしなみは就活中に大きなチェックポイントとなります。
リクルートの学生に求められる身だしなみは、明るく爽やかさをもった清潔感です。
パーマはもともと清潔感を期待できる髪型ではありません。
最近流行りの緩いパーマでさえもだらしなく見えることもあります。
ただし、くせ毛が酷い場合は、清潔感を与えられるストレートパーマをかけるのもおすすめです。
また直毛すぎて髪がまとまらない場合は、前髪やシークレットパーマのようなちょっとしたパーマを活用するのも朝の身支度の時短につながることがあります。

【就活でパーマはかけていい?】はじめに

就活の際に大変重要なポイントは、身だしなみです。

リクルートというのはやはり清潔感があり、爽やかな人物が好印象を与えることができます。

服装ももちろんですが、身だしなみで気をつけたいのは髪型です。

就活の際に髪の毛が跳ねていたりボサボサの整えていない髪型はだらしない印象を与えてしまいます。

学生の間にはファッション感覚でパーマをかけている方も多いですが、パーマは就活中にかけていても問題はないのでしょうか。

【就活でパーマはかけていい?】就活は第一印象が大事!

就活はやはり第一印象が重要なポイントとなります。

特に髪型は全身の上の方にあり、直接目を合わせて会話をするので一番目に止まりやすい場所でもあります。

採用試験で入室した際に、整えていない髪型で応募者が訪れたらどのような印象を受けますか。

恐らくあまり清潔感は感じられないでしょう。

基本的に髪型は清潔感を与えることが重要です。

そのため、清潔感あふれる髪型を意識するように心がけるといいでしょう。

面接官などの採用担当者は、会社の一員としてあるべき社会人の姿を想像して面接をしています。

得意先や顧客と接することがある人物を選考するのですから、会社にクリーンなイメージを与えることができる人物を選ぶ傾向があるのは当然のことです。

ビジネスシーンにふさわしい髪型を意識して、第一印象をよく見せるように努力しましょう。

【就活でパーマはかけていい?】パーマはかけてていいの?

おしゃれの一環としてパーマをかけている学生も現在は多いですし、高校生まではパーマが禁止されているなどさまざまな縛りがあった中で、大学生活は自由度が高いのでパーマをしていても何のお咎めもありません。

もちろん学生のうちはもちろんそれでも構いません。

しかし、就活中にパーマはふさわしいのでしょうか。

面接官にとってパーマをかけていることで第一印象を悪くしてしまうデメリットはあるのでしょうか。

パーマは基本的にかけるのは避けよう

就活中にパーマをかけることは基本的にはおすすめしません。

もちろんパーマをかけているとおしゃれには見えますし、その人の個性にもつながることはあるでしょう。

しかし、おしゃれは就活には必要はありません。

個性は外見で与えるものではなく、中身や発言、態度で表現し、アピールするものです。

パーマというと皆さんはどのようなイメージでかけていますか。

清潔感があるからといってパーマをかけますか?第一印象は清潔感や爽やかさを与えるのが重要です。

パーマはどちらかというと整ったヘアスタイルではなく、無造作ヘアの部類に入るため、それには適していないと言えるでしょう。

つまり、パーマは第一印象をあまりよく見せることができません。

【就活でパーマはかけていい?】どうしてもかけたい人は?

中には就活中にどうしてもパーマをかけたいという方もいらっしゃるかもしれません。

現在は緩いパーマが流行でもありますが、本来は緩いパーマでも避けるべきです。

ただし中にはくせ毛の強い方もいらっしゃることでしょう。

その場合はストレートパーマや縮毛矯正をかけるのは問題ありません。

くせ毛の方はうねりが気になるのでパーマをかけているのではないかと疑われたり、スタイリングをしていないのではないかと疑われる可能性もあります。

むしろストレートをかけることで清潔感を与えることができるので、第一印象をよくすることができるはずです。

前髪だけなどの遊ばない程度のものにしよう

それでもどうしても髪型が気に入らないので、パーマをかけたいという方は、目立たないパーマをかけるといいでしょう。

たとえば直毛の方にありがちなのが、前髪がうまく決まらないということです。

前髪だけパーマをかけるというのもおすすめです。

直毛の方は、マジックカーラーなどを巻いてもすぐに1時間も経たないうちに取れてしまうことが多いので、あえて前髪にパーマをかけることで癖が付きやすくなり、前髪を整えやすくなります。

時短にもなるのでおすすめでしょう。

前髪だけのパーマであれば、面接官にも分かりづらいのでおすすめです。

つまり、おしゃれではなく髪型を整えやすくするために行うパーマであれば何ら問題はありません。

男性はシークレットパーマを選ぼう

また、男性の場合、直毛の男性はスタイリングが決まりにくく、幼い印象を与えてしまいます。

そこで就活にもおすすめのパーマがあります。

それがシークレットパーマと呼ばれるものです。

シークレットパーマは、パーマの一つですがカールが強くないので、ワンカールだけ髪がカールされたようになれるパーマです。

そのため、見た感じではなかなかパーマをかけていると気づかれることもないので大変お勧めです。

またセットもしやすくなるので、毎日のセットが楽になるだけでなく、就活当日の忙しい朝の準備も楽になることでしょう。

またシルエットも大変綺麗になるので、直毛よりもいい印象を与えることもできます。

意外にもビジネスパーソンの方も多くかけられているおすすめのパーマです。

短めのさっぱりしたものであれば男性は大丈夫

男性はパーマをかけている方でも短めであれば、さほどパーマが目立たないので気づかれないことが多いです。

そもそも就活では男性の場合、長めの髪型よりも短めの髪型の方がフレッシュ感を演出することができるため、より好印象を与えることができます。

前髪は眉を見せるように意識したり、襟足やもみあげも気をつけてスッキリしたスタイルにしましょう。

またパーマをかけている男性はワックスをたくさんつけてセットする傾向にありますが、いくら短髪で緩くパーマをかけていたとしてもワックスの付けすぎはあまりいい印象を与えることができません。

オイリーな髪に見えるので不潔なイメージを与えてしまいます。

普段よりも半量くらいを目安につけるといいでしょう。

【就活でパーマはかけていい?】就活に適した髪型は?

また、パーマの有無に関わらずに就活に適している髪型はどのような髪型なのでしょうか。

髪の毛にも色やパーマの有無、長さなどによって印象が随分と変わってきます。

就活にふさわしい髪型は、男性、女性でそれぞれ変わってきます。

女性の場合は特にショートカットの方、ボブの方、ロングヘアの方がいるのでそれによっても望ましいヘアスタイルは変わってきますので、男女別でご紹介しましょう。

黒髪で短髪

まず男女問わずカラーは黒色に統一しましょう。

カラーリングしている髪は特に男性の場合あまりいい印象を与えられません。

派手な印象を与えるためです。

もともと髪色が明るい方は無理に染める必要はないですが、学生の間にカラーリングしていたのであれば髪色をもとに戻しましょう。

男性の場合は、清潔感を与えることができる短髪がおすすめです。

前髪は目にかからず耳やおでこ周りを出すように心がけると眉毛も見えるので表情も伝わりやすくなり、爽やかな印象を与えることができるでしょう。

女性の場合は、髪の長さを制限する必要はありませんが、眉毛は見えるように前髪を整えること、そして耳が見えるようにすること、お辞儀をした際に乱れないように整えることが大きなポイントです。

これを踏まえるとロングヘアの方は後ろに一つに束ねるようにして顔まわりをスッキリ整えましょう。

【就活でパーマはかけていい?】まとめ

学生生活中はパーマを自由に楽しむことができますが、就活ともなると企業に対する第一印象をよくするためにおしゃれというよりも、清潔感を意識しなければなりません。

清潔感に少し欠けるパーマはあまりいい印象をもたれないので注意しましょう。

ただし、万が一かける場合も男性ならシークレットパーマをかけたり、女性は前髪のワンカールなどの分かりにくいパーマを使ってスタイリングしやすくするのも朝の支度を時短にするのに便利です。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る