ガクチカ

2021/1/24

【2種の例文あり】サークル経験から受かるガクチカを作る方法

2021/1/24

ガクチカでサークル経験について取り上げるときは、読みやすく分かりやすい文章にすることが何より基本です。
結論から述べて具体的なエピソードを書いて、説得力を持たせます。
たくさんの活動歴を書くよりも、能力をとくにアピールしやすいエピソード一つに絞るほうが効果的です。
深堀りした内容で、面接官にインパクトを与えることができれば成功です。
幹部に就いた経験は、肩書自慢ではなく頑張った内容重視のほうが高い評価につながります。

はじめに

志望動機や自己PRと同じく、聞かれる頻度が高い質問にガクチカが挙げられます。

選考クリアするためには、人事担当者に好印象を持ってもらえるガクチカにすることが重要です。

最近では、学生時代にサークル活動に励む人も増えてきました。

ここではガクチカのネタとしてサークル活動を取り上げる際に、どのような点に注意すれば良いのかを解説していきます。

高評価につながるサークル経験の書き方について見ていきましょう。

 ガクチカとは?

ガクチカについての質問は、「学生時代に頑張ったことを教えてください」、「学生時代、何かに夢中になって取り組みましたか?」といった聞き方をされることが多いです。

ガクチカは「学生時代に力を入れたこと」の略した言い方です。

ギャンブルのように明らかに悪い印象を受けるものでなければ何をネタにしてもかまいません。

ボランティアや留学、趣味や部活動などに勤しんだ人も多いでしょう。

アルバイトやサークル活動もよく見られるガクチカと言えます。

自分らしい能力や良さがアピールできるネタを探したいものです。

 ガクチカの書き方

企業はガクチカを聞くことで、就活生の行動や経験レベルを知ろうとしています。

何をどう頑張ったのかによって、就活生の長所や能力も見えてくるでしょう。

さらにそこから、自社に合う人物であるかどうかを判断しているのです。

企業が求める能力と重なるものであれば尚良しです。

ガクチカを書く準備として、きちんと企業研究をして何を必要としている会社なのかを把握しなければなりません。

そしてどんなネタであっても、深堀りした内容を書くことが大切になってきます。

次に大切なことは、読み手にストレスを与えない書き方です。

長い前置きや句読点のない長文は読みにくい上に何が言いたいのか分かりづらいです。

結論から断言して、それを証拠付けるエピソードを書くことを心がけましょう。

最後はもう一度結論を述べて印象づけて、入社後の目標やビジョンで締めると効果的です。

そのガクチカで得た学びを、入社後にどう生かすかを明確にしたいものです。

 サークルをガクチカにする時のポイント

サークル活動は、何人かのメンバーにより行う場合が多いです。

チームや団体行動になる点で、企業という組織に似ています。

そのことからサークル活動についてのガクチカは、人事担当者から見て印象が良いと言えます。

より高い評価を得るためには、サークルの数ではなく内容や質をアピールすることがポイントです。

肩書よりも、どのような活動で何を学んだのかを明らかにすることが重要です。

そしてその学びを仕事にどう生かすのかを書きましょう。

 サークルの数はアピールにならない

一言にサークルといえども、さまざまな種類があります。

インドア系にアウトドア系、学祭関連のサークルやまったく学外でのサークルも見られます。

社交的な人は、いくつかのサークルを掛け持ちしているかもしれません。

ガクチカで話す際には、参加したサークル数は評価に至りません。

大切なことは、一つのサークルでどのように充実した時間を過ごしたかです。

いかに深い学びがあったのかを企業は知りたいのです。

 肩書にとらわれない

サークル内では部長やリーダーなどのまとめ役や幹部が存在します。

責任ある役職を任されることは、それなりにその人物が優秀であることは違いありません。

ですので役職経験があるならば、それはガクチカでアピールすれば良いでしょう。

しかしここで大切なことは、「リーダーを任されていた」ことではなく、「リーダーとして何をどう頑張ったのか」です。

肩書を書く際には、肩書名だけではなく活動の中身を書きたいものです。

肩書や結果にとらわれるよりも、そこでどんなことがあり何を目指してどう頑張ったのかが重要と言えます。

 サークルで得たことをどのように活かすか

たとえばコーラスサークルで、みんなで練習してコンクール入賞した話をガクチカにする場合に、その経験を仕事にどう生かすのかが問題になってきます。

サークル活動を満喫しただけのガクチカでは、意味がないわけです。

企業としては、そこから得たものを会社で生かせるかどうかが知りたいのです。

この場合、協調性や努力する姿勢などがアピールできます。

チームでの仕事ならチームワークは必要ですし、どんな仕事もコツコツ粘る姿勢が大切です。

サークルで得た学びやスキルの仕事での生かし方をしっかり書きましょう。

 サークルのガクチカ例文

サークル系のガクチカについて、どのような内容を書けば良いのかを例文を出して説明します。

ここでは、サークルの幹部経験を取り上げたガクチカと、模擬店出店の内容について例を挙げます。

幹部などの役職に就いたことをどうアピールすれば良いのか、参考にしてください。

結論から書いて具体的なエピソードを添える方法を頭に入れておけば、要点を押さえた文章に仕上がります。

 例文(サークル幹部)

「私は学生時代、音楽サークルの副部長として頑張りました。

音楽サークルとはクリスマスにゴスペルを歌ったり、時にはステージでライブをしたりします。

歌やピアノが好きだったので入りました。

活動人数は30名ほどで副部長として部長の補助をするとともに他大学との渉外的なことも任されます。

上手に他校と関わりを持つことで、イベントの場が増えました。

部長がはっきり物を言うタイプのために反発するメンバーもおり、私は調和役としても頑張ったと思います。

音楽サークルの副部長という役に就いたおかげで、周りを見る目と社交性が身に付きました。

貴社ではチームでの販売になるので、人と和やかにコミュニケーションを取れる力や気配り力を生かしたいです。」

副部長という幹部を任され、その役目をどのように担ったのかを簡潔にまとめています。

社交性や周りを見る目を、入社後のチーム制販売職で生かしたいと述べている点も良いでしょう。

 例文(模擬店)

「私は学祭サークルに所属し、学生時代は模擬店の出店に力を入れました。

模擬店ではかき氷やタコ焼きなどの屋台を出しましたが、エコにつながる取り組みを提案しました。

ただの屋台ではなく、できるだけゴミが出ないようにみんなにマイコップやマイ箸を持って来てもらったのです。

この案を考えたのは私で、非常に好評でした。

そのほかにも、子どもたちが楽しめるようなワークショップ計画を立てたりもしました。

模擬店出店のサークル活動により、企画力やチャレンジ精神が養われたと思います。

貴社は業界の中でも新商品をどんどん出している点に魅力を感じています。

斬新な新商品の開発に向けて、自身のアイデアや企画力を生かしたいです」

この例文では、模擬店出店のサークル活動でさまざまな提案をして成功したエピソードを書いています。

そこから企画力やチャレンジする姿勢が身に付き、新商品開発の仕事への意欲につなげています。

分かりやすく、入社後のビジョンも感じる例文です。

 まとめ

団体行動という面で、サークル活動は企業という組織と似ています。

そんなサークル活動をガクチカに挙げるのは、良い印象につながりやすいと言えます。

失敗しないためには、そのサークルで何をして何を学んだのかを定かにすることです。

企業が求める能力に近い力をアピールし、入社後に生かそうとする前向きな意欲を見せましょう。

役職に就いた経験は、肩書よりも幹部として頑張った内容をアピールするのがポイントです。

前向きで自分らしさの伝わるサークル経験で、選考クリアを目指したいものです。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る