お役立ち

2020/12/11

【顔採用は就活に本当にある?】就活に存在する「顔採用」とは?その実態とそれに負けないために

2020/12/11

顔採用をしている企業があるか気になっている方もいるかもしれませんが、実際に顔採用しているところは多いです。
特に人と接する機会の多い企業では、人に与える印象がいい方を優先しています。
しかし顔と言っても美人やイケメンということだけでなく、その方の話し方、雰囲気、立ち振る舞い、身だしなみ、熱意も総合的に見ているのです。
美人やイケメンではないからどんなに熱意や能力があっても、不採用ということではありません。

【顔採用は就活に本当にある?】はじめに

企業が採用する際に学生のやる気や熱意を見ているといいながらも、結局は顔で採用しているのではないのかと感じている方もいるかもしれません。

実際に顔採用はあるのか、ひっそりと気になっている方もいるでしょう。

こちらで本当に顔採用があるのか、その顔採用というのはイケメンや美女のことを指すのかなどを紹介していきます。

ぜひ、今後の就活の参考にしてみてください。

【顔採用は就活に本当にある?】実際に顔採用はある

顔採用が就活ではあるのかないのかというと、ズバリあります。

悲しい現実ですが、さまざまな学生が来て面接を受けるのでその中でどの人を採用するか見る際に外見も加味します。

ただ注目してほしいのは、イケメンや美女だから即採用というわけではないという点です。

企業が採用したあとに活躍してもらいたいと思っていますので、ただ顔がいいだけでは採用されません。

ここからさらに詳しく、顔採用について見ていきましょう。

【顔採用は就活に本当にある?】なぜ顔採用はあるの?

顔採用は現実にあると知って、なんで顔を見て選ぶんだと感じた方もいるでしょう。

普段から綺麗だイケメンだと褒められている方は、自分だったら顔もいけると思っているかもしれません。

逆にそれほど褒められたこともなく自分の顔に自信のない方は、なんで顔を見て採用するのかとがっかりしているでしょう。

こちらでは、なぜ顔採用が存在するのか詳しく紹介していきます。

見た目が重視される業界では仕方ない

中には人と接することが多く、顔を重視して採用している業界があります。

たとえば営業でもモサっとして何を話しているのか分からない人よりも、さわやかなイケメンや、美しい美女に丁寧に説明してもらう方がこの商品を買いたいと思います。

商品なども大切ですが、この人が素敵だったらつい買っちゃったというのも人間の心理で、見た目がいい方が有利な場合があるのです。

お化粧品の販売をしているのに、万が一販売している店員さんがガサガサのぶつぶつの肌だとしたら説得力ないですが、肌がピカピカな美人の方が進めてきたらこの人のようになれるなら欲しいと思います。

採用で、顔や見た目を重視してしまうのは仕方がないことです。

結果的に見た目は印象に大きく影響するから

見た目がいい人というのは、私生活でも顔が美人、イケメンと褒められ慣れをしています。

そのため自分でも鏡を見ながら多少なりとも悪くはないと思っているので、自分という人間に自信をもっています。

それが話し方であったり雰囲気に出ているので、アピール上手でコミュニケーション能力が優れている傾向があるのです。

話をされている相手も、その雰囲気に飲まれておすすめされた商品を購入したり、この人といると心地よい気分にさせたりします。

性格が顔に出るとも言われますが、まさにその自信や人懐っこさ、愛嬌が表情に出てくるのです。

人事の方などもそのことを知っているからこそ、見た目で採用をします。

人事も結局は「人間」である

見ている人事も、人間ですので好みがありつい自分のタイプだと目がいきます。

他の学生よりも自分の好みのということもあり、大変素晴らしい人間に見えてきて一緒に働きたいという気持ちになってくるのです。

これは面接官の好みによってくるので、クールなイケメンや美人が好きだったり、癒やし系美女が好きだったりとさまざまですが、それでも好みにフィットすると多少の欠点があると思っても採用になりやすいです。

人には好みがありますし、どうしてもそのような目線で見てしまうことはあります。

ただせっかく顔が好みだとしても、想像と話し方がかけ離れていておかしいと感じてしまう場合などは、不採用になることもあります。

【顔採用は就活に本当にある?】顔だけで採用されることはない

顔を見ての顔採用はありますが、顔だけがよければ他はどうでもいいというわけではありません。

それなりに能力がないと顔だけよくても仕事ができない人材で使い物にならないですし、他の面もしっかりと見てトータルで採用するかどうかを決めています。

顔に自信がない方も、顔だけを見ているわけではないので落ち込まないでください。

どんなふうに学生を見て採用しているのか、こちらで紹介していきます。

スペック判断する要素の一つであるだけ

顔のよさを100%で見ているわけではなく、スペック判断する要素として見ています。

どんなに誰が見てもイケメンで素敵だと思っても、話をしてみたら常識を知らず話の内容もちぐはぐしていておかしいと感じたら採用しません。

実際に仕事をしたら使い物にならないのが目に見えていますし、それよりも顔は少し劣っても能力や常識があり雰囲気のいい方が採用になります。

ですので、顔に自信がなくてもその他のスペックが優れている場合は採用される可能性が十分にあります。

ただ同じような優れた能力で雰囲気もよく一緒に働きたいと思った時に、顔がイケメン、美人な人が採用される場合は考えられるとも言えるでしょう。

顔採用の「顔」は「顔」ではない

多少は顔のパーツが整っている、お客様の接客業や営業向きだと見られることはあります。

しかし顔採用の顔というのは美人やイケメンだからというわけではなく、その人のすべてを見ての顔となります。

お世辞にも美人やイケメンと言えないような人であっても、雰囲気がよく企業にピッタリだと思ってもらえればそれでも採用になる可能性があるのです。

他にも立ち振る舞いや、話し方、身だしなみに気を遣っているかどうかも見ています。

顔は美人で座っているだけでも華があるのに、話したらうつむいたままポソポソと話していて面接官と目も合わせないような場合は採用見送りになる可能性があります。

全体の雰囲気をトータルで見て、採用しているのです。

【顔採用は就活に本当にある?】顔採用のなかで勝ち抜く為に

顔がどのように整っているのか、誰から見ても美人やイケメンであるということだけでは面接を突破できません。

さまざまな就活生がいる中で勝ち抜くために、顔採用の中どのようにしておけば人事の方に気に入ってもらいやすくなるか知りたいところです。

こちらでは他の就活生に差をつけて採用になるためにはどんなコツがあるのか、詳しく説明していきますので参考にしてみてください。

美意識を上げる

顔が整っているということよりも、雰囲気イケメン、雰囲気美人を目指しましょう。

じっくりと見たらそれほど大したことのないパーツの顔なのに、なぜだかこの人が話すと素敵な雰囲気が出ていてイケメンや美人に見えてしまうと思われたら成功です。

女性の場合メイクもしますので、上手に凹凸をつけたりバランス取れた顔立ちに見えるメイクにするだけでも雰囲気が変わります。

他にも肌がガサガサで髪の毛がボサボサよりも、お手入れしていて綺麗な方が素敵に見えます。

話している時の表情にも面接官は注目していますので、顔の表情の印象をよくするためにも顔の筋肉運動をしておくといいでしょう。

笑顔の練習や、髪の毛も顔にかからず清潔感にするなど気を付けましょう。

企業の求める熱意などをしっかり伝える

顔が綺麗でも志望動機などを聞いていくと、それほどやる気を感じさせない方は不採用になります。

会社のネームブランドだけを見て選んだ雰囲気があり、この会社だったら面接を受けに来たというのを感じてしまうと、他の熱意がある人を採用します。

どんなに顔がよくても、きっと会社で働き出して嫌なことがあったらやる気に欠けるのですぐに辞めるのではないかと思ってしまうのです。

逆に話し方からも熱意がバンバン伝わってきて、この会社でこのようなことをし貢献したいという気持ちが伝わってくると、この人と一緒に働きたいと心が動かされます。

熱意ややる気がしっかり伝わってくる学生は、企業にとって魅力的に映ります。

【顔採用は就活に本当にある?】まとめ

結論としては顔採用はあり、多少は美人やイケメンなのか面接官の好みかというのは見られます。

しかしあくまで顔の印象だけを見て採用しているのではなく、全体の雰囲気や話し方、熱意などもチェックしています。

自分の顔に自信がない方も努力次第で、イケメンや美女よりも素敵な就活生に見えますので頑張りましょう。

この企業だったら働きたいと思ったというのを伝えられることが重要です。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る