ウェブテスト

2021/8/11

【Webテスト落ちたらどうする?】Webテストの傾向と対策とは?通過率を上げよう!

2021/8/11

要約


Webテストは、企業の就活において現在非常に重要な位置を占めているため、Webテストに落ちたらその原因を分析し、通過率を上げる対策を打つしかありません。

現在Webテストにはたくさんの種類があり、それぞれ内容がまったく異なるため、自分の受けるWebテストを調べて事前に準備しておきましょう。

稀にWebテストに落ちてもESや性格診断テストで高評価を得ることで次へ進める場合もあるものの、可能性は非常に低いです。

特に人気企業においては点数による足切りの要素も強いため、とても期待できるものではありません。

Webテストに落ちてしまう原因には勉強不足のほか、スピード不足や練習不足も挙げられます。

PCの操作に慣れておらず、手間取ることで思考が混乱してしまう就活生も少なくないでしょう。

対策には本番に近い状況で何度も問題集を解き、状況と出題に慣れる訓練が必要です。

【Webテスト落ちたらどうする?】はじめに

就活にはさまざまなハードルがありますが、Webテストに落ちることで内定を逃すのは大変もったいないことです。

なぜなら、Webテストは対策できることだからです。

企業と自分の価値観が相違する場合などは、基本的に解決策はありません。

それに対しテストは所詮テストですから、準備を整えればクリアできる可能性が高いです。

ここでは就活のWebテストに対し、なぜ落ちてしまうのか、落ちたらどうすれば良いかを解説します。

【Webテスト落ちたらどうする?】Webテストに落ちる理由は?

まず、なぜWebテストに落ちてしまうのか理由を整理しておきましょう。

そもそもwebテストとは?
就活のWebテストは、企業に本エントリーするために企業側が実施するテストです。

テストには数種類あり、合格ラインは企業側が設定します。

一般的に就職難易度が高い企業は合格点数も高く、有名大学生でも落ちることは珍しくありません。

Webテストに落ちる理由は一概に言えませんが、主なものをまとめておきましょう。

単純な勉強不足

シンプルな理由としては、単純に勉強が不足していることが挙げられます。

高学歴の就活生にありがちですが、WebテストにはWebテストの勉強が必要であり、きちんと努力しなければ高い点数を取ることはできません。

現在Webテストには、SPIテストや玉手箱、TG-Webなどさまざまな種類がありますが、採用されるテストがわかっている場合はそのテストに絞って勉強しておきましょう。

問題の内容はテストによってまったく異なり、数学もあれば非言語問題もあります。

これとは別に性格診断テストなどもあり、人となりもチェック対象になることは少なくありません。

こちらは勉強できるわけではありませんが、求められている人物像がわかっているなら、一定の対策は可能です。

スピード不足

実は勉強しているつもりでも勉強方法が誤っていると、スピード不足でほとんど回答できないまま終わってしまう場合があります。

スピードはWebテストにおいて、非常に重要な偏差値を出す際の基準になり得るものです。

問題を一つひとつ丁寧に解いていくタイプの人には厳しいですが、解くスピードが遅すぎる場合はここで引っかかっている場合も少なくないでしょう。

実際に失敗したと感じている就活生の多くが、ほとんど埋められずに終わってしまった、時間がまったく足りなかったと反省しています。

勉強する際には、解く時間も考慮して素早く判断ができるようにしましょう。

練習不足

スピード不足にも通じることですが、普段は比較的サクサクと問題が解ける人でも、本番の迫りくるタイムリミットに慣れていないと焦りすぎてしまうことが少なくありません。

わかっているのにペースが乱れて思考がフリーズしてしまうのは普通にあることですので、練習を繰り返すことで緊張感に慣れておく必要があります。

できる限り本番と同じような環境できちんと制限時間を設け、その中で正しく回答できるよう訓練しましょう。

また、攻略上重要なのは、PCの操作に慣れておくことです。

自分のスマートフォンなら得意でも、他者のツールを同じようにスムーズに使えるとは限りません。

画面レイアウトや回答する操作など、事前に調べて戸惑わないようにしておくことも重要です。

ESの質が低い

ESと同時に選考が行われる場合、ESの質が低いと落ちてしまう場合があります。

Webテストなのだからテストの点数が評価のメインだとは限りません。

ESも当然評価対象となりますので、提出するすべてにおいて手を抜くようなことはしないでください。

Webテストで失敗したと感じ、ESを書いても意味がないと決めつけるのは早計です。

逆に、Webテストが完璧だと自信があっても、ESの内容が悪ければ面接の声がかかることはないでしょう。

ESはWebテストが実施されようとされるまいと、就活生にとっては重要な存在です。

常に質の高いESが作成できるよう、日頃から自己分析し、準備しておくことが大切です。

【Webテスト落ちたらどうする?】Webテストが悪くても通ることはある?

就活生の中には、Webテストが悪かったけれど面接に進めたという人も確かにいます。

ただ、基本的にはWebテストの結果が良くなかった場合、先に進めることはあまりありません。

いくつかの場合で通ることがあるのは事実ですが、最初からそこに期待するのはやめましょう。

とはいえ、実際に通っている人を見ると、いったい何が違うのか不満に感じるかもしれません。

一概に言えませんが、通る場合どのような状況が考えられるかまとめておきます。

その他のESなどで高評価を受けている

先ほどWebテストの点数が良くてもESの質が低ければ落ちてしまう可能性を書きましたが、逆にESの質が高く、点数が振るわなくてもそちらに救われたという例もあります。

ただし、どのようなESが高く評価されるかは企業ごとに千差万別ですし、必ずリカバーできるわけではないので期待しすぎるのは避けましょう。

また、性格検査も実施され、そちらの内容で相当な高評価を受けている場合は、通るチャンスがあることも事実です。

ただ、こうした救済策も、企業が大きくなればなるほどその可能性が減ることは間違いありません。

Webテストは応募者多数の人気企業にとっては、やはり足切りであることは避けられませんので、期待値は低いと認識してください。

【Webテスト落ちたらどうする?】Webテストの成績を上げるために

Webテストの成績を上げるためには、相応の努力が必要です。

なんにせよテストですから、勉強して実力を付ける以外にクリアする方法はありません。

ただし、より効率的に勉強しなければ学業にも響きますし、大学時代の貴重な時間を使う以上、効果の出る方法を実践すべきなのは言うまでもないことです。

どのような対策をすればWebテストの成績を上げられるか、まとめておきましょう。

問題集を何回も解く

受験のときと変わらず、テストは問題集を何回も解くことで答え方の訓練を積むのが一番の近道ですが、就活のWebテストの場合、少々コツがあります。

それは、問題の形式は変わらないので、問題を多く解くことより「その形式の問題の解き方をマスターする」ことです。

つまり、さまざまな問題集をたくさん買い集めて解くのではなく、同じ問題集を何回も解いて訓練するのが効果的な勉強法となります。

本質が理解できれば、言い回しや例題が変わっても問題を見たときに「あの解き方か」とわかるようになるでしょう。

語彙力を付ける

得意不得意の話になりますが、言語系のテストの点数が低くなってしまう場合、理由の根本に「語彙」の少なさがある場合がほとんどです。

語彙というのは単語の総体であり、たくさんの文章を読むなどしてまずは語彙を増やす努力が必要です。

ほとんどの人が毎日スマートフォンでいろいろな文章を読んでいるでしょうが、そこに使われている語彙は常に限られていて、非常に少ないのが事実です。

ほんの少し本や新聞、雑誌を読んだだけでも、今まで知らなかった言葉に出会う人は少なくありません。

わからない言葉、知らない単語を見つけたら、その場ですぐに調べるクセを付けましょう。

いろいろなWebテストの形式を混同しない

先にも触れましたが、現在さまざまなWebテストの形式があります。

形式ごとに問題の傾向もジャンルもまったく変わってしまうので、Webテストの種類は正しく覚え、混同しないようにすることが大切です。

しっかり勉強しているつもりでも、自分が受けるテストとはまったく違う種類のWebテストでは、すべてが無駄になってしまいかねません。

本番で自分が対応していない問題が出てきてしまうと思考が混乱してしまう危険がありますので、自分が受けるテストの種類を把握して準備しましょう。

狙っている企業に就職した先輩や大学の先生、就活支援センターなどを利用して、なるべくたくさんの情報を得ることが勝利の秘訣です。

【Webテスト落ちたらどうする?】まとめ

Webテストに落ちてしまうと、残念ながら次のステップへ進めるチャンスはほぼ閉ざされてしまうと考えたほうが良いです。

稀に通過できることもありますが、やはり通過率を上げるためには事前の準備や日々の勉強が必須だと言えます。

自分が不得意なジャンルを把握することも大切ですが、とにかく問題集を何度も解いて、解き方を理解しましょう。

スピード不足で落ちる就活生も非常に多いので、迫る時間のプレッシャーに負けない精神力も大切です。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る