企業分析

2021/9/09

ソフトバンクの仕事内容や将来性はどうなってるの?理系生のソフトバンク就職の全容を解説

2021/9/09

ソフトバンクの仕事内容や将来性はどうなってるの?理系生のソフトバンク就職の全容を解説

はじめに

今回はソフトバンクの仕事内容や将来性について紹介します。

理系生の中でもやはり人気の高いソフトバンクですが、具体的にソフトバンクに就職することができれば、どんな未来が待っているのかを解説していきます。

ソフトバンクはあまりにも人気なので、ただなんとなく受けるという人もいるので、ここでしっかりと全容について把握しておくと良いでしょう。

そうすれば、行きたいというモチベーションも高まるかもしれません。

【ソフトバンク就職の実態】ソフトバンクの就職実績は?

まずはソフトバンクの就職の実態について確認していきます。

ソフトバンクの実態を確認するうえで注目すべき点は、売上になってくるでしょう。

非常にハイレベルな売上目標を達成していることでも知られています。

さらに、理系性の倍率が30倍から50倍にまでなる超人気企業であるという点も見逃せません。

こういった点を踏まえながら、ソフトバンクの就職について確認していくと良いのではないでしょうか。

そうすれば、自分の進路も見えてくるかもしれません。

ソフトバンクは通信業売上ランキング2位!

ソフトバンクの実力を計るためのポイントとして、通信業の売上ランキングがあります。

ソフトバンクは2020年の通信業での売上ランキングが5兆円で2位となっている大手企業になります。

各所でさまざまな噂が囁かれるソフトバンクなのですが、その実力は健在で、こうした企業の恩恵を受けようと多くの学生が集まってくるからこそ人気が高いのです。

通信業の売上がこれだけのレベルになってくると、それだけ知名度も高くなってきますので、その知名度に人が引き寄せられるというのもあるでしょう。

また、スマホの主要キャリアという点も大きいです。

ソフトバンクの存在を知らない人はほぼおらず、プロ野球チームのオーナーでもあります。

これだけの存在であれば、むしろ応募者が集まってこないほうが不思議ではないでしょうか。

理系生の倍率は30~50倍程度

ソフトバンクの理系の倍率を確認することでも、この企業の人気や実力が見受けられます。

まず、コースによっても異なってきますが、だいたい倍率は30倍から50倍くらいになっています。

この30倍以上という数字は、日本企業の超有名企業の倍率と同じくらいになっていますので、ソフトバンクは日本の就職活動の中でもトップクラスの人気を誇っているというのは間違いないでしょう。

これだけの倍率があれば、人が人を呼ぶといった状況になってきて、その人気にあやかろうとたくさんの学生が集まってくるのです。

また、チャレンジを続けるソフトバンクの体質についてもメリットに感じている人は多いのではないでしょうか。

【ソフトバンク就職の実態】なぜソフトバンクは業界トップを走り続けるのか

ここではソフトバンクという企業が、なぜ業界のトップを走り続けることができるのかを紹介します。

トップを走ろうという気概はあっても、その実力が伴わなければ、なかなか実践はできないものです。

そして、必ず注目しておきたいポイントとしては、ソフトバンクは圧倒的スピードで世界トップ企業になったとも言えるでしょう。

もともと、ソフトバンクという企業はベンチャー企業の社風が強い会社です。

そのため、非常にチャレンジ精神が旺盛で、既存の事業にとどまらずに、どんどん投資をして、新しい分野にチャレンジしています。

基本的に、ソフトバンクという企業は、常に成長していて、今日もまた新たなチャレンジのためにいろいろと考察しているのです。

これには、会長であり、社長である孫正義さんのマインドが大きく関係していると言えるでしょう。

前例のないことへの挑戦

ソフトバンクはベンチャーから大きくなった企業のため、ソフトバンクの特徴として今まで行われなかった革命を起こしていることが挙げられます。

そんな、挑戦の姿勢が業界トップの糧になっていると言えるでしょう。

大企業になった今でも健在で、近年においてもチャレンジを続けています。

それは時には、危険な賭けなのではないかと周囲に言われることもありますが、そんな賭けを大企業になってからも続けたからこそ、業界トップクラスの業績をおさめられるだけになったのです。

多くの企業は、大企業になると安定を求めるようになってしまいますが、ソフトバンクは違ったのです。

こういった姿勢については、学生もぜひ持ちたいところではないでしょうか。

PDCAの早さ

ソフトバンクは、ハイリスク・ハイリターンを繰り返してきた企業だと言えるでしょう。

しかし、同じようなことをその他の企業が真似ると、ほとんどが失敗に終わってしまいます。

なぜソフトバンクがそういった賭けをして成功してきたかというと、大きな理由にはビジネスを回し、数字を出してぜひを出すまでの判断が異常に早いというものがあります。

それはほかの企業の比ではなく、ここにも社長であり会長でもある孫正義さんの鋭い嗅覚が関係していると言えるでしょう。

PDCAサイクルは早ければ早いほど良いですが、あまりにも早いと判断が追いつかずに、間違った判断を下してしまう可能性があります。

そういった点を踏まえても、ソフトバンクという企業はかなりの判断力を持っていると言えるでしょう。

【ソフトバンク就職の実態】ソフトバンクが人気の理由は?

ここではソフトバンクが人気の理由を紹介します。

ソフトバンクがなぜ人気なのかを知れば、より就職したい気持ちが高まるかもしれません。

安定した業績を残しているという点もありますし、将来性があるという点もあるでしょう。

安定した業績の向上

ソフトバンクは、意欲的なチャレンジを続けて、ハイリスクハイリターンを撮っているのにもかかわらずに、情報業界において確実に業績を伸ばしているという不思議な会社です。

しっかりと企業体力を整えたうえで、チャレンジをしているので、今後も業績の安定を期待できるのではないでしょうか。

そういった意味では典型的なメガベンチャーになっていて、チャレンジもできるし、企業としても安定しているという良いとこ取りの企業になっています。

こういった点もソフトバンクという企業が人気の秘訣だと言えるでしょう。

情報業界で将来性があるから

また、ソフトバンクが在籍している情報業界というジャンルも追い風になっています。

今後情報業界はどんどん進化する時期を迎えていて、5Gやコロナなど、さまざまな追い風が吹いています。

業界トップのソフトバンクがその恩恵を受けないわけもなく、そういった意味でも強い立場から今後の世界を戦えるというのは大きなポイントになってくるでしょう。

また、ソフトバンクの企業理念は「情報革命で人々を幸せに。」であり、情報業界で革命を起こし続けているソフトバンクならば、今後の世界においても、あっと驚くような革命によって、人々に大きな話題性を振りまいてくれるのではないでしょうか。

【ソフトバンク就職の実態】理系生の仕事内容は?

理系からソフトバンクに就職した場合に、どういった仕事が待っているのかを紹介します。

ソフトバンク就職する理系生は主に総合コースのうちの総合コースとエンジニアコースで就職すことが多いです。

エンジニアコースではプロダクトやサービス開発をすることになりますし、総合コースでは企画やマーケティングなどさまざまな仕事に携わることになるでしょう。

エンジニアコース

・プロダクトやサービス開発
・事業開発
・ネットワークエンジニア
・ソリューションエンジニア
・システムエンジニア
・セキュリティエンジニア
・データサイエンティスト

エンジニアコースもかなりの選択肢があって、以上のような選択肢がありますので、しっかりと確認しておきたいところでしょう。

総合コース

総合コースは、主に企画やマーケティングを担当することになるでしょう。

また、その他の仕事を任されることもあります。

ソフトバンクの事業は非常に多岐にわたりますので、今後も増えることが予測されるのです。

そうなると、思わぬ仕事を任されることもあるでしょう。

また、これらは、全学部で募集されているということも把握しておいてください。

【ソフトバンク就職の実態】ソフトバンクの事業展開

ここではソフトバンクの事業展開について確認していきます。

ソフトバンクはどういった事業展開をしているのかを把握することによっても、ずいぶん見方は変わってくるでしょう。

さまざまな分野との連携

ソフトバンクの大本営は、通信技術だと言えるでしょう。

そして、ソフトバンクが得意なビジネスとして、さまざまな業界と連携することによって、自社が持っているITビジネスのノウハウをその他の業界の技術と融合させていくのです。

これがソフトバンクが急拡大できた大きなポイントとも言えるでしょう。

最近でいえば、自動車やロボットなどの業界と連携して通信技術をもとに新たな産業を生み出している点が目立ちます。

やはり転機になってくるのは5Gでしょう。

これによって通信革命が発生し、さまざまな技術とITが融合し、ほとんど遅延することなく通信することができるようになります。

そのため、今のところ5Gの可能性は無限大で、あらゆるものとITが融合していくのです。

そうなれば、それだけソフトバンクの事業もより多岐にわたったものになっていくでしょう。

ソフトバンクならば、そこら辺の綱引きにも負けないだけの力を持っているのです。

【ソフトバンク就職の実態】まとめ

これから就活をしていくような人は、ソフトバンクの実態がわかったのではないでしょうか。

ソフトバンクという企業は、メガベンチャーのお手本のような企業になっていて、チャレンジ精神を保ったまま大企業になった存在です。

そのチャレンジ精神は今でも忘れておらず各所でさまざまなチャレンジを続けています。

学生の中には、安定した生活を確立したい反面で、チャレンジしたいという気持ちを持っている人もいるかと思います。

普通ならば、そういった一挙両得はできないのですが、ソフトバンクならば、一挙両得が可能です。

これが大人気の秘訣と言っても良いでしょう。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る