インターンシップ

2021/3/30

【例文付き】インターンは自己PRで決まる?ウケのいい作成方法を紹介!

2021/3/30

はじめに


インターンに応募する際、求められることが多いのが自己PRです。

これが苦手という学生が少なくありませんが、自己分析がちゃんとできていれば恐れることはありません。

自己PRでは自分の強みを前面にアピールすることが大切ですが、その強みが相手企業にマッチすることきちんと裏付けがあることが必要です。

そして選考に通るためには、なぜそのインターンに参加したいのかを伝える必要がありますので、しっかりとした目的を持って臨んでいることを表明しましょう。

つまり、自己分析がきちんとできていて、インターンで何がしたいのかが自分でわかっていればよいだけです。

後はビジネスで通用するスタイルに整えるだけで、魅力的な自己PRを作ることができるでしょう。

インターンの自己PRはなに書けばいい?

冒頭で述べたように、インターンの自己PRでは自分の強みをアピールしてください。

裏付けとなるエピソードが必要ですので、題材は自己分析の長所に関するエピソードから選ぶとよいでしょう。

また、相手企業とのマッチングを考え、相手企業の求める人物像からPRできる部分を探す方法も有効です。

近年企業の新卒採用ページには「求める人物像」が掲載されていることが多いので、それをあらかじめチェックしてPR内容を考えるのがおすすめです。

それとは別に、どのようなインターンシッププログラムなのかでPRを考える手法もあります。

たとえばグループワークが主体だったりグループディスカッションが実施されたりする場合、チームワークやリーダーシップ、コミュニケーションスキルなどをアピールするのも有効な手段です。

人事の評価ポイントはどこ?

面接官の評価基準がどこにあるかを考えて自己PRを構築するのは、審査を通過するためのテクニックのひとつです。

企業人事がインターンで何を見極めようとしているのかを考えてみましょう。

企業によって実にたくさんのチェックポイントがありますが、一般的に人事が見るのはインターンへの参加目的や意欲、人となりなどです。

もちろん言葉だけでなく、行動との齟齬がないかもしっかり見ています。

インターンシップへの熱意

インターンシップに対してどれくらい熱意があるかを見るために、志望度や企業の理解度は間違いなく見ています。

とりあえず応募して、選考に通ればラッキーくらいの考えが透けて見えるようではアウトと言えます。

逆に熱意の意味を勘違いし、その企業の大ファンだとアピールしようとするケースもありますが、仕事に取り組むことと単に消費者として好きでいることとは別です。

そのインターンシッププログラムで得たい何かがある、経験したいことがあるという熱意だと理解しましょう。

企業とのマッチング度合い

人事としては企業とのマッチングを見るという使命がありますので、性格や考え方が企業のビジョンにマッチしているかどうかを慎重に見極めようとしています。

常に学生の人間性や価値観を知りたいと考えていますので、一見フレンドリーな会話に思えても油断はできません。

あらかじめ相手企業がどのような人物像を求めているかを十分に理解し、自分がそれに応えられる人材であることをアピールしてください。

自己PRの書き方

自己PRは人間が一人ひとり違うように、出来上がるものも千差万別で絶対の正解というものはありません。

ただ、ビジネスの場で通用するスタイルには一定のルールがありますので、それを踏襲することは重要です。

決まりきった構成になるため他者と差別化しにくいと感じるかもしれませんが、相手に要点を的確に伝えるため効率化された文章スタイルですので、覚えておくと後々まで役に立ちます。

基本が守られていればある程度崩しても問題はありませんが、まずはセオリーを身につけておきましょう。

文章構成

就活生になれば何度も耳にすることになる文章構成として、PREP法があります。

すでにマスターしている人もいるでしょうが、おさらいしておきましょう。

PREP法は、結論(Point)→理由(Reason)→具体例(Example)→結論(Point)の順番で文章を展開する方法です。

非常にロジカルで伝わりやすい文章が作れるため、就活だけでなくビジネスの現場でも活用できます。

PREP法のメリットは説得力があることで、特に結論を先に書くと力強く語ることができます。

相手が意図をよく理解してくれるため、短時間で伝わるのもメリットです。

また自分自身が文章を書きやすくなることも大きなメリットです。

伝わる文章を簡単に書ける方程式であり、書き進めるスピードを速くできます。

エピソードの具体性

自己PRは自己申告ですので、勝手なことを言っても成り立ってしまうのは事実です。

それが本当のことであるかどうか確認する方法はありませんが、それだけに説得力を持たせることが重要になってきます。

ここで有効なのが、具体的なエピソードを盛り込むことです。

どういう経験をしたから自分の強みが生まれて、どうして強みを活かせたのか詳細を伝えることで、言っていることが真実であろうと人事が受け止めることができます。

社会で通用する人の強みはそう多くはありませんので、主張する強み自体はほかの学生と同じになることは避けられません。

ただその人の体験はその人だけのものであり、それを盛り込むことで自己PRを唯一無二のものにできます。

インターンをした後どうなっていたいか

自己PRをしてくださいと言われても、インターンの選考ですので単に自慢話で終わらせてしまってよいわけはありません。

自己PRでアピールした強みをインターンでどう活かしたいのかそれによって自分が何をしたいのかを盛り込みましょう。

インターンを通して何を得たいかを伝えるためには、インターンをした後、自分がどうなっていたいかビジョンを提示するのがよい方法です。

ただし当然インターンをしたくらいで企業で活躍できる人材になれるはずはありませんので、根拠のない大風呂敷を広げるのはやめておきましょう。

キーワードは成長、学び、スキルアップなどです。

インターンによって自分はどう変わりたいかを考えるのがおすすめです。

自己PR作成の注意点

自己PR作成が苦手という学生からは、企業に言えるほどの結果を出せていないという声がとても多いです。

人に言えるほどの実績がないというのがその理由ですが、企業の人事が学生に求めるものは社員に求めるものとは異なります。

ビジネスは確かに成果主義ですが、企業が就活生に求めるものはインターンに対する熱意や学ぶ意欲です。

自己PRだからといって優秀さばかりをアピールするよりも、業界や企業のことを知りたい、学びたいという真摯な気持ちのほうが評価されることは知っておきましょう。

実績ではなく過程を伝える

前述の評価点を踏まえ、自己PRでは経験したことの結果よりも、成果を上げるためにどのような策を講じてきたのかを伝えることが最重要だと認識してください。

社会人になったら、過程でどれだけ頑張っても成果がなければ評価されにくいのは事実です。

ただ学生であれば、これまで収めた優秀な成績ではなく、どのような努力ができる人間であるかのほうが高く評価されます。

逆にいえば、受賞した、大会で優勝したという実績があっても、それがそのまま高い評価につながらないケースもあるのが注意点です。

もちろんよい結果が残せれば一番ですが、たとえ成績はかぐわしくなかったとしても、何かに向かって努力した、創意工夫した過程を詳しく伝えましょう。

インターンの自己PRの例文

それではインターンの自己PRの例文を紹介しましょう。

あくまで例ですので、自身のエピソードを踏まえて自分らしさのある自己PRを作成してください。

自己分析を行いPREP法を用いて作成すれば、おのずと相手に伝わりやすい文章になります。

なかなかうまく考えがまとまらない場合でも、頭の中だけでぐるぐる思考するだけでなく、実際に文字に書き出していってください。

文字にしたものを例文を参考に整えていくことで、自分だけの自己PRが作れるはずです。

回答例①

私の強みは、何度失敗してもあきらめず、ポジティブに挑戦を続ける強さがあることです。

子供のころから海外に興味があり、国際人として活躍する夢を抱き続けてきました。

高校に入る際、語学力だけではない力を身につけるため留学にチャレンジしましたがテストに落ち、大きな挫折を経験しました。

それでも夢をあきらめずに勉強を続け、大学1年の夏に再度留学にチャレンジし、結果的に希望先のアメリカの大学に留学できることになりました。

その大学はサポート企業の斡旋先ではなかったため、交渉はすべて自分が大学側と行いました。

毎日大学側とメールや電話で話し合い、ついに半年後、前例のない留学許可を獲得することができました。

現地で日本国内では経験できなかった文化や民族ごとの考え方を肌で学び、国際人として自分に必要な視野を広げることができたのは大きな財産です。

貴社は多くの海外拠点を持ちグローバルな事業展開をしておられますので、貴社のインターン経験を通じ、学生としてではなくビジネスパーソンとしての視野を学びたいと考えております。

回答例②

私は、主体性ある行動力と柔軟な発想力が強みです。

大学2年から2年間、中学生を対象とする学習塾で講師のアルバイトを勤めましたが、そこは成果に乏しく生徒在籍数も減少し、経営が思わしくない状況でした。

講師陣のモチベーションまで下がっていることに疑問と憤りを感じた私は、状況を打開すべく全員を巻き込んだ改革に乗り出しました。

その塾は大手の系列でしたが、本社からのおざなりのカリキュラムは独自に変更し、生徒一人ひとりの実力に合わせたカスタマイズを実施しました。

生徒が徐々に変わって来るのを機に講師陣も生徒の成績アップを自分のこととして考えるようになり、同系列の塾を敵に据えて打倒目標を掲げ、一致団結の空気を生むことに成功しました。

生徒の成績が目に見えて上がったことで新規生徒が20名増加し、業績も上がる結果になったことは自信です。

御社は社員育成に注力することで業界内でシェアを伸ばしておられますので、御社のインターンでは人の実力を伸ばす教育のノウハウを学びたいと考えております。

回答例③

私の強みは、結果を分析し問題解決の手段を見つけ実行する力があることです。

大学時代は陸上部に所属し、選手兼主務として役割を果たしました。

自身が選手として活動している分、ほかの選手が何を求めているかを肌で理解できます。

多くの場合、欲しい情報がない、自分のデータがわかりにくいといった歯がゆさが原因であったため、結果がよくても悪くても常に分析を行うことに力を入れました。

そこから見えてくる一人ひとりの問題、チーム全体の問題を解決する方法を探し、実際にやってみることはとても有効に働いたと自負しています。

二足のわらじを履くのは厳しかったですが、選手としても主務としても仲間を支えられた経験は大きな喜びです。

貴社はひとつの業務だけでなく、マルチに働ける人材を求めておられると伺っております。

貴社のインターンを通じ、ビジネスの場で自分が培ってきた経験がどれくらい活かせるか、ぜひチャレンジしたいと考えております。

まとめ

インターンの自己PRでは、自分の強みを、エピソードを交えてアピールしましょう

ただ、企業人事が学生に求めるのは単なる成果ではなく、その過程においてどのようなことにチャレンジし、困難を乗り越えて来たかということです。

もちろん優秀な成績が収められれば一番ですが、たとえそうした実績がなかったとしてもあきらめる必要はありません。

むしろ優秀な成績を収めた組織にいたとしても、ただ所属していたというだけでは魅力のない人材と評価されてしまう場合もあります。

自分らしさをわかりやすく伝え、それをインターンでどう活かしたいかを整理しましょう。

自己分析の長所をまとめ、ビジネス文書の形に整えることで魅力的な自己PRが作成できます。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る