就活マナー

2019/9/28

就活ネクタイの選び方を徹底解説!スマートな結び方も紹介

2019/9/28

今回は、就活でつけるネクタイの選び方と結び方を紹介していきます。就活でつけるネクタイの選び方と結び方を注意点と共にお伝えします。

 

就活にふさわしいネクタイとは

 

就活において、ネクタイは印象を左右するアイテム。

しかし、就活をしたことがない学生からすると「どんなネクタイをしていけばいいの?」と悩んでいる人も多いはず。

「派手すぎる色はいいのか?」

「結び方はこれで合っているのか?」

あなたの第一印象を示すネクタイ。

面接官の印象に残る、就活向きネクタイの選び方と結び方をお伝えします。

 

 

就活向きのネクタイの色

 

まずは、就活で使えるネクタイの色について説明していきます。

 

就活オススメのネクタイの色

 

おすすめは、青・グレー・えんじ色のネクタイ。

青は爽やかで誠実な印象を与えるため、どの企業にも使えるオールマイティな色です。青系は黒スーツとの相性もいいため合わせやすいでしょう。グレーは洗練された真面目な印象。堅実さが求められる公務員や金融業界に特におすすめです。えんじ色は、積極的で情熱がある印象。活力あるベンチャー企業やタフさが重視される営業職の場合に適しています。

 

就活で避けるべきネクタイの色

 

就活で避けるべきネクタイの色は、紫、白、黒です。

紫はミステリアスな印象が強く、不安感を与える可能性があるため避けておくのが無難です。また、白や黒は主に冠婚葬祭で用いられる色であるため、ビジネスの場では適さないことがあります。

さらに、蛍光色やビビッドカラーなど発色が強すぎる色はカジュアルな印象を与えるため、就活では控えましょう。

 

 

就活向きのネクタイの柄

 

次に就活に向いているネクタイの柄を解説します。

「派手な色や柄物で目立ちたい」「自分の好きなおしゃれなネクタイをつけたい」と思うかもしれませんが、ビジネスの場に適さないこともあります。就活の場におけるファッションは、相手が気持ちよく接することができるように配慮しなければなりません。就活に適したネクタイの柄をご紹介します。

 

就活オススメのネクタイの柄

 

就活オススメのネクタイ柄は、無地、ストライプ、チェック柄、ドット柄です。

ネクタイの柄がない、無地が最もオールマイティです。相手の印象を損なうことがないため、迷った時に選ぶと良いでしょう。ストライプもビジネスの現場でよく身につけられています。太いストライプよりも、細い方がスマートな印象になります。

チェック柄の場合はカジュアルな柄は避け、細めで控えめなものを選びましょう。ドット柄は小さめの方が、大人っぽい洗練された印象を与えます。

 

避けるべきネクタイの柄

 

避けるべきネクタイの柄は、キャラクターやブランドロゴが大きく出ている柄、ペイズリー柄、2つの柄からなるクレリックタイプのネクタイです。

キャラクターやロゴが主張しすぎている柄は、カジュアルな印象が強いため、就活では避けておきましょう。ペイズリー柄やクレリックタイプは華やかな印象がありますが、ビジネスの場では浮いてしまう可能性が高いです。

 

就活でのネクタイ選びのポイント

 

就活でのネクタイ選び。細かい気配りが良い第一印象を得るためにはとても重要になってきます。

就活でのネクタイ選びのポイントについて説明していきます。

 

・素材はシルクがベスト

・困ったときはオールマイティ系がベスト

・ニットやウール、リネンはカジュアルな印象となる

・ネクタイの太さは、7~9cmを選ぶ

・細すぎるとカジュアルな印象になる

また、どの業界・職種を受けるかによってネクタイを変えていくのも大事なことですので、気になる方は以下の項目をチェックしてみましょう。

【企業別ネクタイを選ぶポイント】

・ネクタイによって、自分の印象を変えることができる

・応募した企業が求めている人物像に合わせたネクタイを選ぶといい

・企業のイメージカラーを取り入れるのも、1つの方法

・アパレル、IT系などはカジュアルなネクタイでもOK

・金融業界はグレーなどの落ち着いた印象のネクタイがベスト

あなたが受ける業界・企業・職種によって身につけるネクタイも変えていくのがおすすめです。 特に営業職や対人折衝を行う職種では、TPOを意識して、その場に適した身だしなみができるかも仕事を行う上で大きなポイントとなります。就活の場で細かい点まで行き届いた身だしなみができると良いでしょう。

 

 

就活に適したネクタイの結び方

 

就活に適したネクタイの結び方を紹介します。

ネクタイの結び方は「ウィンザーノット」が最もおすすめです。

襟元が左右対称で綺麗に仕上がります。また、基本の結び方である「プレーンノット」はシンプルながら綺麗に見えます。また、「シングルノット」「ダブルノット」でも可能。上級者は「セミ・ウィンザーノット」もおすすめです。

 

・ウィンザーノット

正三角形の形で襟が大きいシャツなどに合う結び方です。顔や体型が大きい方に合う結び方になっています。

・プレーンノット

巻いた時に小さい結び目になります。最も一般的な巻き方として就活生でネクタイを初めてつける人にも人気の結び方です。

・ダブルノット

縦の結び目が長くなっています。結び方も簡単なので就活生には人気です。

・セミ・ウィンザーノット

厚手のネクタイはこちらの結び方がおすすめです。ネクタイの印象を全面的にアピールすることができる結び方で印象を強めたい人にはおすすめです。

 

スーツにおける襟元のネクタイは、あなたの印象を与える大事な部分です。家でしっかりと練習して、きれいに結べるようにしておきましょう。 また、ネクタイの基本となる巻き方から、少し上級者向けの巻き方まで知っておくことで社会人になった後でも応用することができますので覚えておくことをおすすめします。

 

 

ネクタイに合わせたスーツコーディネート

 

就活向きのネクタイの選び方・結び方をマスターしたところで、ネクタイに合わせたコーディネートのポイントも押さえておきましょう。

 

・ジャストサイズの服を選ぶ

・黒スーツに白ワイシャツ、グレーのネクタイでは全体的に暗くなってしまうので避ける

・全身コーデで身につける色は3色以内

・色の濃さはスーツ>ネクタイ>ワイシャツの順に揃える

 

 

以上で挙げたポイントの中で、最も意識してほしいのは「ジャストサイズ」の服を選ぶことです。ゆるすぎてもダメですし、きつすぎても息が詰まってしまいます。

 

自分にぴったりのサイズを選ぶことで背中にシワができにくくなり、着こなしている雰囲気を出すことができます。相手に与える印象も大きく違ってきますので意識しておきましょう。

 

また、袖口のバランスや裾の丈などにも注意しましょう。全体的にあなたを美しく見せるためには、一つ一つの細かいポイントを意識することが大事です。全体のバランスを考えながらスタイリングしていきましょう。

 

 

ネクタイは印象を左右する

 

就活でつけるネクタイは、相手への印象を左右します。ネクタイひとつで第一印象が変わってしまうのであれば、好印象を与えるために気を配りたいところですね。就活では第一印象がとても大切。ネクタイなどの細かい部分にも意識が行き届いている学生は周りと差をつけることができます。

好印象を得られるネクタイを締めて、就活の面接に臨みましょう。

 

 

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る