ガクチカ

2020/10/16

長期インターン経験でガクチカを書いて差を付けよう!実際に書く際の注意点や例文も!

2020/10/16

企業の正社員に混ざって実際に業務を行う長期インターン。

学生時代に経験していたとしたら、上手く伝えることで周囲の学生に大きく差をつけることが出来ます。

基本的に社員さんからの指示を受けて動くアルバイトとは異なり、自分で考える機会や携わる領域が広いのが特徴ですね。

反対に長期インターンをしていても、作業しか任せてもらえないような職場ではガクチカとして使うことは難しくなってしまいます。

業務体験とは言い難い、集客目的の短期インターンの場合も同じですね。

さて、今回の記事は長期インターンの経験をガクチカで魅力的に伝えるための記事です。

はじめに

 

「ガクチカ」という言葉は一般的にはあまり馴染みがないかもしれません。

これは就職用語の一つであり、「学生時代どんなことに力を入れてきたのか」「学生時代に特に頑張ったこと」という意味で使われるもので、自分がどのような学生なのかを採用担当者にアピールするための大きな武器になります。

ここではガクチカとして長期インターンの経験をアピールするためのポイントや注意点を詳しく説明していますので、ぜひ就活対策の参考にしてください。

 

長期インターン経験でガクチカを書くメリット

 

インターンには1日~数日にわたって実施される短期インターンと数ヶ月から長い場合は1年以上の期間にわたって行われる長期インターンがあります。

特に長期インターンは実際の職場で社員の方と同じ業務を行うことになるので、一般の学生では経験できないような貴重な業務経験を得ることができます。

このような経験は就活において非常に大きなアピールポイントとなるでしょう。

では、ガクチカで長期インターンについて書くことは具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

ほかと経験の差を強調できる

 

先ほども説明したように、長期インターンが短期インターンと一番違うのは学生としてではなくインターン先の企業の一員として実務的な業務に携われるという点です。

もちろん、アルバイトでも仕事の経験はできますが、アルバイトで任される仕事は単純作業や末端の仕事がほとんどで、大切な仕事を任されるということはまずありません。

しかし、長期インターンでは一社員として企業の重要な仕事に携わることができます。

これは、一般の学生ではなかなか経験できないことです。

そのため、ガクチカで長期インターンについて説明するときには「ほかの学生がしていない貴重な経験をしている」ということをアピールすることが重要なポイントになります。

その際、長期インターンを通じて得た経験を職場でどのように活かすことができるのかを伝えるように心がけると採用担当者に対して良いイメージを与えることができるでしょう。

 

主体性のアピールができる

 

ガクチカで長期インターンの経験を伝えることは、「自分が主体性のある学生である」ということをアピールすることにも役立ちます。

近年はインターンを行う企業も増えてきていますが、アメリカの企業のように長期インターンへの参加が内定に直接つながるケースというのは稀です。

一部のベンチャー企業や外資系企業を除き、国内の多くの企業ではインターンへの参加は任意となっています。

つまり、長期インターンに参加するかどうかは学生の気持ち次第ということになるわけですが、だからこそインターンに参加することがアピールにつながります。

積極的に長期インターンに参加することで、採用担当者に対して「この学生は本気で自社に入りたいと思っている」という印象を与えることができるからです。

 

スキルがすでにある

 

長期インターンに参加すれば、半年~1年という長期間にわたってインターン先の企業で働くことになります。

もちろん最初は先輩社員の指導のもとで簡単な仕事を任される程度ですが、仕事に慣れてくれば社員の方と同じ業務を任されることになるのです。

このような環境の中で仕事に必要なスキルを身につけることができるというのも、長期インターンの大きなメリットと言えるでしょう。

企業側から見ても、このような人材はとても貴重です。

一般的な企業では新卒で採用した学生に対して研修を通じて仕事に必要なスキルを身につけてもらうわけですが、長期インターンに参加している学生を採用すれば研修にかかる時間やコストを削減することが可能だからです。

 

ガクチカを書く際の注意点

 

ガクチカはエントリーシートや面接などでは必ず聞かれる質問の一つです。

特に長期インターンでの経験は就活において大きな武器になるので、的確に伝えることで内定の近道になります。

採用担当者がガクチカの質問を通じてどんなことを知りたいと考えているのか理解し、魅力的な回答ができるようにあらかじめ内容を考えておくようにしましょう。

ここではガクチカとして長期インターンのことを書くときに注意したいポイントを紹介します。

 

経験を語るだけにならない

 

ガクチカで長期インターンについて書くときは、「なぜインターンに参加したのか」という動機をしっかりと伝えることが重要です。

明確な目的意識を持ってインターンに参加したことを伝えることができれば、採用担当者に対して「この学生は主体的に物事を考えて実行に移すことができる学生である」ということを印象づけることができるでしょう。

また、インターンの経験だけなく「インターンを通じてどんなことを学んだのか」を伝えることも大切です。

たとえインターンに参加しても、そこで何も得られなかったのでは意味がありません。

「長期インターンに参加したことでどのようなスキルを身につけることができたのか」、「身につけたスキルが就職してからどのように活かせるのか」についても忘れずにアピールするようにしましょう。

 

具体性のあるエピソードにする

 

ガクチカを書くときは、可能な限り自分だけのオリジナルの内容を盛り込むようにしましょう。

「長期インターンを通じて○○というスキルを身につけることができました。このスキルを活かして御社で活躍したいと考えています。」といった内容を書いてしまう学生も多いのですが、このようにアウトラインだけを伝えるのでは自分がどのような学生が採用担当者に理解してもらうことはできません。

自分がどのような学生なのか理解してもらうためには「仕事で問題に直面したときにどのように乗り越えたのか」をエピソードを交えて伝えることがとても重要です。

自分なりの頑張りや工夫したことを伝えることで、難問に直面したときにどのような取り組みができる人間であるかをアピールすることができます。

 

能力をアピールする場ではない

 

学生の中にはガクチカを自己PRの場と混同しているケースも多く見受けられます。

「長期インターンで仕事に必要なスキルを身につけることができた」「営業職のインターンで優秀な成果を上げることができた」ということももちろん重要なファクターですが、それがすべてではありません。

もっと大切なことは、仕事に対してのプロセスを通じて自分なりの仕事へのスタンスや価値観を伝えることです。

そもそも、企業がガクチカの質問をするのはミスマッチによる早期退職を防ぐためであり、ガクチカの内容から企業の風土や理念にマッチしているかどうかを確認するためです。

ですから、能力や成果をアピールするだけでなく、人となりを伝えることにより重きを置くようにすると良いでしょう。

 

成果などを述べる際は実際の数字を使う

 

「ガクチカは成果だけをアピールする場所ではない」と先ほど説明しましたが、目立った成果があるならばそのことを伝えるのはやぶさかではありません。

ただし、成果をアピールする場合も注意すべきポイントがあります。

誰が見てもその実績が理解できるように、数字などを使って定量的に伝えることが重要になります。

また、数字だけでなく他社との比較なども行うとより実感が掴みやすく、評価につながるでしょう。

たとえば営業職のインターンは営業成績が数字で現れるので成果をアピールしやすい業種の一つですが、「〇〇万円の売上実績を達成した」と説明しても、その金額が多いか少ないかは部外者からは判断することができません。

その場合は「社員の平均売上が□□万円のところ、私は○○万円の売上を達成しました」というようにすると具体的にアピールできるでしょう。

 

どのように書けばいいのか

 

ガクチカに長期インターンのことを書くときは、その内容ももちろん大切ですが、書き方や構成についても注意するようにしましょう。

どんなに良い内容のことが書かれていても、文章の構成がわかりにくくて採用担当者に内容が伝わらないのでは意味がありません。

ここでは、採用担当者に対してより良い印象を与えることができる文章の組み立て方をします。

例文も紹介しているので、ガクチカの書き方に迷ったときの参考にしてください。

 

PREP法に当てはめる

 

ガクチカを書くときはPREP法に従うのが効果的です。

PREP法は社会人になってから書類作成するときにも使えるテクニックなので、ぜひ今のうちに習得しておくことをおすすめします。

PREPとはPoint(結論)・Reason(理由)・Example(具体例)・Point(結論)の頭文字からなる用語です。

まず最初に結論を書き、その次に結論に至った理由と具体的な事例、そして最後に再び結論を述べて文章を締めるという文章術の基本構成のことです。

PREP法を用いることで結論だけでなく、結論に至るまでのプロセスもあわせて説明できることで、読み手に説得力を与えることができます。

また、PREP法は内容を短時間で伝えることができるのです。

採用担当者は毎日かなりの数の履歴書やESに目を通しているので、限られた時間で伝えたいことを伝えることができるのは大きなメリットになるでしょう。

 

強調する部分を複数用意する

 

ガクチカについてはほとんど企業から質問されるので、最初から回答を用意しているという学生も多いかもしれません。

確かに、事前に魅力的な回答を用意しておくことは大切な就活テクニックの一つですが、すべての企業に使い回すのはリスクを伴うことがあるので注意しましょう。

というのも、企業によって求める人材や企業風土・企業理念といったものに違いがあるので、同じ内容のガクチカを書いたとしても受けの良い企業もあれば、受けの悪い企業も出てきてしまいます。

そのため、まったく同じガクチカやエピソードを使い回すのではなく、志望する企業の特徴を十分に考慮したうえで、強調する部分を変えたガクチカを複数用意しておくほうが無難でしょう。

 

実際に書く際の例文

 

ここでは長期インターンに関するガクチカを書くときの例文を1つ紹介しておきます。

「何を書いたら良いのかわからない」という場合や「文章がうまくまとまらない」といった場合の参考にしてください。

ただし、文章の丸写しはNGです。

自分の経験やエピソードを交えてオリジナルの内容を考えるようにしましょう。

『私は1年間にわたってITベンチャー企業で営業職のインターンに参加し、目標売上金額100万円の2倍である200万円の売上を達成したのです。

最初の3ヶ月ほどはまったく成果があげられずに「自分には向いていないのではないか」と不安になることもありました。

しかし、優秀な成績を残されている先輩社員について営業のやり方を徹底的に真似ることで営業トークや立ち居振る舞いなどを習得すると同時に、効率的な時間の使い方を体得することで、半年を過ぎた頃から成績が急激に伸びました。

成果に応じて報酬をいただけることも大きなやりがいとなったのです。

このような経験を通じて営業職の難しさや楽しさを学んだことで大きな成果を出すことができました。』

 

まとめ

 

ガクチカで長期インターンについて書くときは、経験や成果だけでなく、プロセスを、エピソードを添えて書くようにしましょう。

そうすることで自分がどのような人となりなのか説明することができ、ほかの学生との差別化を図ることができます。

また、主体性やスキルのアピールにもつながります。

もし成果をアピールするときは客観的な判断ができるように数字を使うようにするのもポイントです。

内容だけでなく文章構成についても意識しましょう。

PREP法を用いると内容を端的に伝えることができるので効果的です。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る