ガクチカ

2020/11/17

【結論ファースト!】ガクチカにおける結論って何?

2020/11/17

はじめに

結論ファーストは、ガクチカを作成する際によく言われることです。

結論ファーストが大事といっても、ガクチカにおける結論の意味をわかっていなければ、使いこなすことは難しいです。

就職活動の担当者などに聞いてみると、意外にガクチカにおける結論を履き違えている学生は多いことに気づきますので、本格的な就活を前にして、今一度ガクチカにおける結論について考え直してみてはいかがでしょうか。

結論の意味がわかっていなければ、結論ファーストも無意味なものになってしまいます。

面接での話し方

まず面接での基本事項として結論ファーストを覚えておいてください。


結論ファーストという話し方は、限られた時間の中で自分の考えを相手に伝えるときに最適です。

そして、そんな場こそがまさに就活の面接の場だと言えますので、結論ファーストを使わない手はありません。

また、結論ファーストでものを伝えるときに役立ってくれるのが、PREP法と呼ばれるものです。

この手の伝え方はいろいろあるのですが、PREP法というのは、最も基本的な伝え方として知られています。

そのため、基本は面接試験は結論ファーストかつPREP法を利用して、組み立てることになるでしょう。

また、面接の山場の一つであるガクチカにおいても、効果を発揮してくれるでしょう。

ガクチカにおける結論

ここではガクチカを聞かれて、何を答えるかを解説していきます。

ガクチカというのは、ご存知の通り学生時代に何を頑張ったかのエピソードです。


ガクチカは、面接では必ず聞かれるといっても過言ではないものなので、必ず回答を用意しておきましょう。

やはり、結論ファーストが重要になってきて、まず最初に学生時代に何を頑張ったかを説明することが導入になっていきます。

結論は行った「こと」

ガクチカは結論から話すことになりますが、
ここは単純に何に力を入れたのか答えれば良いです。

サークル活動を頑張った人は、大学で所属している何々サークルの部活に力を入れましたと答えれば良いでしょう。

また、もう少し掘り下げて、○○サークルの○○に力を入れていましたという紹介でも良いです。

ただし、注意が必要な点は、
ここは結論にあたりますので、後から修正することができないということです。

結論と理由がちぐはぐになってしまうと、相手も何を言っているのか理解できないので、結論と理由に整合性を保てるようにしましょう。

さらに、修正が利かないということは、その前のエピソード選びが重要になってくるということでもあります。

この部分は、事前にどれだけガクチカについてしっかりと考えたかが重要になってくるので、小細工が利かないとも言えるでしょう。

これを踏まえたうえで、結論の部分を作成してみてください。

よくあるNG①

ガクチカの構成を確認してみると、エピソードがあって、そのエピソードを掘り下げることが重要になってきます。

そして、そんなガクチカでやってしまいやすい間違いが、
エピソードを話し続けてしまうというものです。

エピソードが重要なのはもちろんなのですが、学生時代にあったことを、単純に並べるだけでは、ガクチカの意味はありません。

企業側が知りたいのは、大学時代のエピソードを知りたいというわけではなく、そのエピソードから何を思ったのか、あなたの考えを聞きたいと思っているのです。

また、PREP法を使用しているつもりであっても、PREになってしまっている人もいます。

エピソードを話し続けた場合は、このような状況になってしまいやすいので注意しましょう。

よくあるNG②


自分のバックボーンから話し始める
のもよくある失敗と言えるでしょう。

小学生の頃からや、中学生の頃から何かを頑張っていたので、大学でも○○を頑張ったという内容にしてしまうと、大学で何を頑張ったのかがアピールしにくくなってしまう可能性があります。

せっかくのアピールポイントも霞んでしまう可能性がありますので、小学生の頃からなどを出だしとして利用するのは注意したほうが良いです。

ガクチカというのは、あくまでも大学生のときに何を頑張ったかのアピールになりますので、いきなり大学時代のことから始めるのがセオリーと言えるでしょう。

また、中学校時代のことや高校時代のことを書くことによって、大学時代に頑張ったことのアピールする場が減るということでもありますので、その意味でも完全に大学で頑張ったことに的を絞る必要があるのです。


余計なものが入れば入るほど、結論の部分が薄くなってしまうということを意識して、ピンポイントを心がけましょう。

よくあるNG③

これも意外によくあるパターンなのですが、質問の内容がブレている人がいます。

ガクチカというのは、あくまでも学生時代に頑張ったことを聞いてるのにもかかわらずに、いつの間にか学生時代に辛かったこと、大変だったことなどに変わってしまっているのです。

この質問の内容と回答がずれてしまっているというのは、絶対に避けるべき点なので、十分に注意しましょう。

また、人によっては無意識のうちに、聞いていることと違うことを回答してしまうような癖を持っていることもありますので、そういった癖を指摘されたことがあるなら、しっかりとガクチカで聞かれていることを答えられているか、何度も訓練しておきましょう。

本番でこれらの癖が出てしまうと、相手からマイナスの評価を受けてしまう可能性が高いです。

まとめ

今回はガクチカにおける結論を紹介しました。

ガクチカにピッタリのPREP法においては、結論の部分が2回入ります。

そのため、ここで結論の意味を間違っていると、致命的になってしまうのです。

面接官は、聞いている内容を理解した回答でなければ、マイナスの評価をします。

このことからも、しっかりとガクチカの意味を理解することが重要なのです。

そして、ガクチカの骨格の部分こそがこの結論にあたりますので、結論の意味を履き違えるのは注意したいところです。

逆に、結論の部分がしっかりとしていれば、相手に好印象を与えられるのがPREP法のメリットになります。

また、PREP法はあくまでも基本なのでSTAR法なども組み合わせるのも良いでしょう。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る