その他選考

2019/11/01

就活は推薦状があると有利になる? 提出するときの注意点とは

2019/11/01

就活に少しでも有利な要素があると心強いものですが、「就活の際、推薦状があると有利になる」という説は本当なのでしょうか。今回は就活で推薦状をもらうメリットと、提出の際の注意点を併せてご紹介します。

 

学部や学科によっては就職の推薦枠がある

 

就活といえばナビサイトに登録してエントリーした企業のESを書き、WEBテストを受検し、面接を受ける……。このようなイメージが強いのではないでしょうか?しかし、 理系学生など専門職へ応募する場合「推薦応募」で就活する場合もあります。

 

「推薦応募」とは、教授や就職担当教員の推薦を受けて企業に応募する方法です。推薦応募は、学部や学科によって「学校推薦」や「学科推薦」といった企業の推薦枠が決められています。推薦枠は、企業が求める専門性に優れた人材を確保するために設けられた仕組みです。

 

推薦を受けられる基準は学校によって異なりますが、基本的に一定の学業成績を満たしている必要があります。

また研究の内容や過程(アプローチの発想)、達成度などが優れていると認められた場合や、推薦枠のある企業の需要に合っている人材だと判断された場合に、教授や就職担当教員から推薦状をもらうことができます。

 

推薦枠を使うメリット

 

学校推薦や学科推薦で就活を進めることには、 様々なメリットがあります。

最も大きなメリットは推薦枠で応募した場合、書類選考や一次面接が免除されるなどの特典があることです。その分、自由応募の場合よりも選考段階をスキップできるため有利です。

また、採用までに必要な過程が少なくなることでスケジュール的な負担が減り、その時間を研究や学業に有効活用できます。

さらに不安の多い就活の中で、推薦を得られた事実が安心材料になることもメリットの一つといえるでしょう。

 

【推薦枠を使うメリット】

・書類選考などの選考段階をスキップできる

・採用までの期間が短縮でき、時間を有効活用できる

・就活の中で安心材料や自信になる

 

推薦状を書いてもらうときの注意点

 

推薦状があれば内定により近づくことができますが、「推薦状はもらえるだけもらえばいい」といった単純なものではありません。推薦状を書いてもらうには、それなりの決意が必要です。

 

推薦状を提出することには、二つの大きな意味があります。

一つは、その企業に入りたいという自分の意思表示です。もう一つは、その企業にこの学生を推薦するという教授の意向です。つまり企業側に推薦状を提出することには、二重の意味で責任が発生するのです。

教授に推薦状を書いてもらう場合は、自分がどの程度、その企業へ就職を希望しているのかをよく検討してから依頼する必要があります。

 

さらに推薦状を書いてもらうときには、以下の点も注意が必要です。

・推薦状は内定が確約されるものではない

・推薦状での内定後の辞退は難しい

推薦状は内定が確約されるものではない

先程、推薦状を提出することはその企業に入りたいという意思を表明することだと伝えました。しかし、推薦状があるからといって必ずしも内定がもらえるとは限りません。

推薦状を出すことによって、書類選考を受けずに面接へ進める可能性があります。ただし、面接で落とされてしまうことがないとは限らないのです。

面接は自由応募と同様に、就活生のその企業に対する熱意や仕事への姿勢、学業成績や社会性、面接の態度や身だしなみなど様々な要素によって判断されます。

「推薦状を提出したから内定が確定された」と安心するのは尚早です。正式な内定がもらえるまでは、通常の就活と同じく対策を考え、しっかりと対応していく必要があるのです。

推薦状での内定後の辞退は難しい

推薦状をもらって内定が出た場合、内定辞退が難しいことは、推薦状を書いてもらう前に知っておくべきことです。

推薦状は大学内に設けられた特別枠ともいえます。それを使って内定をもらえたにもかかわらず、内定を辞退してしまうと、学校や関係者に迷惑をかけることになりかねません。

 

例えば、推薦してくれた教授の信頼に傷をつけてしまいます。

さらに、企業と学校の間で成り立っていた信頼関係が崩れて、次年度以降の企業の推薦枠がなくなる可能性があります。そうなると後輩は、その企業の推薦状をもらえなくなってしまうのです。

学校や関係者に迷惑をかけないよう原則として、推薦状でもらえた内定は辞退するべきではありません。つまり推薦状で内定を受けた場合、他の企業の内定は辞退せざるを得なくなります。

推薦状を提出することは、後の就職活動の制約となる可能性があります。だからこそ推薦状を書いてもらうときには、十分に検討してから依頼することが必要なのです。

 

 

内定前の後づけ推薦状とは?

 

推薦状に関して、もうひとつ注意すべき点があります。 企業によっては、内定を出す前に後づけで推薦状の提出を求めてくるケースがあるのです。

 

これは面接前に提出する通常の「学校推薦」とは異なります。後づけ推薦状とは、選考過程がほぼ終わった内々定の段階で、企業から「内定を出す代わりに教授の推薦状をもってきてほしい」と頼まれることをいいます。

 

企業側の立場からすると、多くの面接者の中から選び抜いてきた人材に内定を出して後で「辞退します」といわれることは大きな損失になります。これまでの選考にかかったすべて時間やコストが無駄になり、優秀な人材も確保できないのです。

このリスクを避けるため、正式な内定を出す前に「推薦状を提出してほしい」と就活生に要求する企業があるのです。

 

各社が新卒採用に力をいれている近年では、このような問題が顕在化しており、「就活を終わらせろハラスメント」、略して「オワハラ」などと呼ばれています。

 

 

後づけの推薦状は断れない?

 

就活生にとって、本命の企業だけを受けることにはリスクがあります。また面接を受けてみたからこそ見えてくる企業の体質や自分との相性などもあるでしょう。

就活先をひとつに絞らないことは、初めての就職を失敗しないためにも大切なことといえます。

 

内定前に後づけの推薦状を求められてしまうと、就活生としては断りづらいものです。しかし、推薦状を出して内定が出てしまうと辞退が難しくなるため 、第一希望以外の企業には後づけの推薦状を提出してはいけません。ただし、推薦状の提出を断るために嘘をつくことはおすすめできません。

 

新卒で初めて社会人になる際に、自分がどのような会社でどう働いていくかを真剣に考えることは悪いことではありません。

もし、内定前に推薦状の提出を求められた場合には、正直に「複数の会社を受けて、真剣に将来を考えて選びたい」と自分の思いを話すことが最良の方法といえます。

 

正直に伝えたにもかかわらず、就活生の真剣な思いを批判するような会社であった場合は、就職後もそのような体質の下で働いていく可能性があります。企業の考え方を見極めるためにも、就活に対する思いを正直に伝えることは、マイナスにはならないのです。

 

 

推薦状の意味を理解して有効活用

 

理系の学部や学科によっては、企業に推薦枠が設けられており、選考段階を短縮できる可能性があります。しかし、すべての学生が推薦状をもらえるわけではありません。推薦状をもらうためには、日頃から学業や研究への取り組みをしっかり行うことが必要です。

 

推薦応募は学校と企業の間で培われてきた信頼の上に成り立っており、推薦状を提出することには責任が伴います。自分が本当に就職したい企業かどうかをよく検討してから、推薦状を書いてもらう依頼をしましょう。

 

また、内定前に後づけの推薦状を求められても困らないよう、応募する企業への自分の思いや将来像をしっかりと考えておくことも大切です。推薦状の意味をしっかりと理解し、有効に活用して就活を乗り切りましょう。

 

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る