ガクチカ

2020/10/16

【必勝のガクチカ】魅力的なガクチカの書くための6つのポイントとは?

2020/10/16

【必勝のガクチカ】はじめに

 

就活では面接でどのくらい自分を知ってもらい、一緒に働きたいと思ってもらえるかが勝負になります。

知ってもらうためにも、面接でほぼ必ず聞かれることは自分なりに攻略しておくことが大切です。

中でもガクチカは志望動機と同じくらいの割合で、どこの企業に行っても聞かれます

どんなことを話して伝えるのかを自分なりに事前に考えておくかおかないかで、当日の話し方も変わってくるでしょう。

インパクトのあるガクチカを伝えるためにも、伝わるエピソードを考えておきましょう。

 

【必勝のガクチカ】ガクチカとは

 

これまで、さまざまな場面で頑張ってきたことがあるでしょう。

中でも学生時代に最もどんなにことに力を入れ打ち込んだのか、これがガクチカです。

ガクセイのチカラを短縮してわかりやすく、ガクチカと言っています。

採用する側の企業としても、面接に来ている学生がいかに何をこれまで頑張ってきたのかは興味があります。

堂々と答えられるようにしておきましょう。

 

学生時代に力を入れたこと

 

何も考えていないときに学生時代に頑張ってきたことや力を入れたことは何かと聞かれても、ピンとこないかもしれません。

しかし考えていくうちに、さまざまなエピソードが見つかるのではないでしょうか。

頑張ったことがある経験がある人は、困難にぶち当たってもすぐにあきらめないで頑張れる人です。

さらにわかりやすく面接のときに伝えられれば、ガクチカのエピソードも印象づけられて「この人は働いてからも考えて行動ができる人だ」と思われます。

ガクチカをしっかりと話せないということは、これまで適当に学生時代を過ごしてきていて今後働いてからも仕事も適当に終わらせるタイプなのではないかと思われてしまいます。

学生時代に力を入れたことがあるということは、これまでの学生時代を有意義に使っていると感じてもらえるでしょう。

 

【必勝のガクチカ】いいガクチカって何?

 

ガクチカがいくつか思いついたときに、どのエピソードが企業ウケするかわからずに悩んでしまうかもしれません。

考えていくと何かしらガクチカが思いつくのですが、あまりインパクトに残りにくいものと、興味を持ってもらえるエピソードがあります

面接で成功するためには、興味の持ってもらえるいいガクチカを伝える必要があるのです。

中でもいいガクチカは、そのエピソードが狙っている会社の中でも使え伸びしろがあるかどうかです。

何も苦労した経験がないものよりも、困難や苦境に立たされたときにどのように乗り越えてきたのかを話しましょう。

 

挫折経験を話す

 

学生時代にガクチカを話す際に、とんとん拍子にうまくいった話はあまり興味を持ってもらえません。

それよりも何かを続けている中で、挫折や困難に遭ったときにどんな風に切り抜けたのか、頑張ったのかを知りたいと思っています。

人生もそうですが、すべて順調に最後までいくという方は少ないです。

多かれ少なかれ挫折や困難が仕事をしてからも訪れますので、そのときにどんな行動ができるのか知りたいと思っています。

 

問題解決への取り組みを具体的に

 

どんな挫折があったか話した後には、具体的にどのような問題解決をしたのか取り組みについて話します。

挫折部分にも興味はありますが、さらにどのように困難に立ち向かい解決していったかは、今後仕事をするうえでのその人の姿勢が見える箇所です。

ここはわかりやすく具体的に話し、自分のことを知ってもらいましょう。

問題解決の能力が高く優れていると思われれば、仕事でも活躍できる人と思われます。

些細な問題を始め、仕事をするうえで問題は必ずついて回ります。

このときにどんな風な姿勢で活躍してくれるかが見えると、一緒に働いている姿も想像しやすくなるのです。

順調にいかないときこそ、どのように努力して対処するのかは大切です。

 

継続する中での努力

 

何かを長く続けていく中での努力も、大きいアピールになります。

これまで長い間続けてきて、困難なことがあっても頑張ったことはないでしょうか。

会社側でも多少の困難に負けず、すぐに辞めないで続けて勤めてほしいと考えています。

多少のことですぐにくじけてしまって辞めてしまう人ではなく、継続する中でうまくいかないことがあっても立ち向かって続ける力を持っている人は魅力的です。

たとえば部活でなかなか選手になれなかったものの、自宅に帰ってきてからも努力を次の年には選手になったことなどをアピールしましょう。

もう部活を辞めたいと思ったときに、どんな風に考え行動をしその気持ちを乗り越えたのかなども含めるとさらに良いでしょう。

【必勝のガクチカ】書くときのポイントとは

 

深掘りを想定して書くべき

 

ガクチカは深掘りされることを想定して書きましょう。

しかし単に深掘りと言われてもピンと来ない学生さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで深掘りのポイントをいくつか紹介します。

 

✔️ なぜその活動に取り組んだのか?

✔️ その活動で何を得て、何を感じたのか?

✔️ 何を学び、どう生かしていくのか?

 

こういったことを自分で考え、書き、話せるようになると面接官の印象も良くなります。

 

ガクチカは複数用意しておく

 

企業ごとに求めている人材・力は少しずつ変わってきます

その時に、どの企業にも同じガクチカを使っていては、内定をもらえる企業が限られてしまいます。

そのため、自分がもつできるだけ多くの経験から自分のガクチカについて考え、様々なガクチカを用意しておく必要があります。

そうすることで、自身の経験・能力の深掘りにもなり、またより多くの経験を企業側に伝えられ、内定をもらえる確率は高くなっていきます。

 

 

【必勝のガクチカ】ガクチカの書き方

 

面接官に伝えたいことが多くなってしまって、何を言っているのかわからない文章になってしまったらもったいないので、伝わるガクチカの書き方を覚えましょう。

まずはどのようなことをしたのか結論や状況から伝えて、その中でどんな課題に直面したのか、今度はその課題に対してどのような行動を起こしたのかを書きましょう。

その後結果を伝えて、このガクチカをどのように仕事で活かしていくのかを書くようにすると一番伝わりやすくなります。

さらに結果や成果などは言葉だけでなく、数値で具体的に伝えると良いでしょう。

 

概要(何をしたか)

 

まずガクチカでは何を頑張ってきたのか、結論から話すようにしましょう。

頑張ってきた過程から話始めて最後に結論を持ってきても、正直わかりにくいものです。

私が学生時代に力を入れてきたことは○○と最初に何を頑張ったのか伝えましょう

 

最初は簡潔に

 

ここではエピソードを話す箇所ではないので、簡潔に伝えた方が面接官の記憶に残ります。

まどろっこしい言い方をしてしまうと、概要が頭の中に入ってきません。

 

課題(どんな問題が起きたか)

 

結論を話した後は、何の課題があったのか伝えましょう。

ここからが面接官にとっても興味深い箇所になりますので、わかりやすくどんな課題があったのか書きます。

重要な大会があったものの思うような結果が出せずに、一気に皆のやる気が落ちてしまった、アルバイトで辞めてしまう人が多く困ったなど問題があったという点をわかりやすく伝えていきましょう。

 

具体的に述べよう

 

話をするうえで、具体的で面接官が聞いてもわかるようにします。

そのためには聞いたときにその困難が訪れた瞬間が頭の中にフワフワと思いつくような具体的さが必要で、わかりやすいと次の話も頭の中に入りやすくなります。

逆に話の内容がよくわからないと、その後の話も意味がわからないまま終わってしまうので気を付けましょう。

 

過程(問題への取り組み)

 

ガクチカの話の中でも特に重要視されているのが、この過程の部分になります。

どんな風な意識を持って、困難や課題に立ち向かっていくのかは一番聞かれています。

できれば課題を感じたときの状況と、解決した状況を比較して面接官に伝えましょう。

このとき言葉だけでなく、数値を利用してわかりやすく書けるとさらにわかりやすくなります。

解決方法というのはその方の考えや性格などが出てきますし、皆が同じ問題に直面して同じ行動を取るわけではありません。

面接官はしっかりと話を聞いていますので、落ち着いてわかりやすく伝えましょう。

 

自分の問題処理能力を証明

 

ここで詳しい説明をしてさらに数値なども用いることで、自分の問題処理能力もわかりやすく証明できます。

 

結果(それによりどうなったか)

 

特に結果を伝えるときにもいまいちよくわからない表現を使わずに、数字などで説明をしたほうが面接官もイメージしやすくなります。

たとえば今までは力がなかったものの、努力をした結果全国大会でベスト8に入ったと聞くと、この全国大会でベスト8という数字から頑張った結果が読み取れます。

アルバイトで売上を出したときにも、10万円から30万円にまでアップしたなどとより具体的に伝えましょう。

 

それに対する自分の分析

 

ガクチカを面接官に伝えるときには、結果まで話して終わりというわけではありません。

その経験を通してどのように会社に貢献できるのかを、具体的に伝えます

そして自分なりに分析をするときには、ガクチカが会社で役立つということをアピールできるように話をつなげていかなければなりません。

どんなに素晴らしいガクチカを話しても、仕事に直結しなければあまり意味がないですし、面接官にもインパクトが残りません。

入社後にこんな風になってくれそうと面接官がイメージできるように、自分の分析もしっかりと行っておきましょう。

 

物事に対する分析をしよう

 

自分の分析と一緒に、物事に対しての分析も一緒に行っておきましょう。

ガクチカを話してそこで終わりではなく、面接官からもっと詳しく知りたいと質問されるケースが多いです。

物事をしっかりと分析しておけば、急に話を深堀りされてもすぐに答えられるようになります。

質問にパっと答えられるのは、大変好印象を与えます。

しっかりと面接に向けて準備してきた証でもありますし、しっかりと自分の考えを持っている学生だとも思ってもらえるのです。

深堀りされているときは、物事に対してどう考えて行動しているのかを見られています。

【必勝のガクチカ】ガクチカの例文を知りたい人へ

 

書き方の概要はわかったけど、実際自分が書くと手が止まってしまうという方もいると思います。

そこで以下のURLでガクチカの例文を紹介しています。

参考にしてみてください!

https://digmee.jp/others/12172/

ここでは、アルバイトや部活動、研究室などにおけるガクチカを紹介しています。

まとめ

 

ガクチカでは特に物事がうまくいったエピソードを聞きたいのではなく、挫折や困難にどんな風に立ち向かったのかに注目しています。

それは会社に入ってからも困難や乗り越えなければならない課題のほうが多いので、すぐに投げ出さず立ち向かえる人かを見ているのです。

そしてどんな考えをして行動するタイプなのかというのも見ていますので、しっかりと考え書いてみましょう。

面接のときにはさらにガクチカに対し突っ込まれて聞かれる可能性が高いので、自分なりに深堀りして考えて、何を質問されても良いように対策も採っておきましょう。

伸びしろ可能性を感じさせるような、ガクチカを作ってみてください。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る