自己分析

2020/10/16

「ガクチカが書けない…」原因はこれかも?原因別解決法!

2020/10/16

はじめに

 

ガクチカが書けないと悩んでいる学生は多いです。

今回はそんなガクチカが書けない理由を分析して、ガクチカを書けるように一つひとつレクチャーしていきます。

 

ガクチカが書けない理由は複数ある

 

ガクチカが書けない場合は、一つひとつ原因を解決していく必要があります。

ここからわかるのは、ガクチカが書けない理由は一つとは限らずに、複数の書けない理由がある可能性もあるのです。

その場合は、一つひとつ丁寧に解決していくことによって、素敵なガクチカが書けるようになるでしょう。

エピソードがそもそも思いつかないという場合もあれば、ガクチカ自体を理解していない場合もあります。

また、どこから取り掛かれば良いのかという、きっかけがわからないという人もいます。

 

エピソードが思いつかない

 

ガクチカが書けない理由として大きいのが、エピソードが思いつかないというものです。

しかし、エピソードが思いつかないからといって、エピソードがないというわけではありません。

大学生の間に何のエピソードもない生活を送っていた人はゼロと断言できるくらいに少ないはずで、必ずなんらかのエピソードがあるのです。

そんなエピソードを忘れているだけかもしれないので、まずは大学入学からこれまでの出来事を整理してみてはいかがでしょうか。

入学から順番にどんな出来事があったかを書き出していけば、それにまつわるエピソードも少しずつ思い出してくるかもしれません。

極論をいえば、勉強を頑張ってその大学に入ったというのも一つのエピソードなのです。

このくらい軽い気持ちでエピソードを導き出してみてください。

 

そもそもガクチカが何かわかってない

 

次によくある理由がガクチカがそもそも何かをわかっていない場合です。

ガクチカはなんですかと聞かれれば、学生時代に頑張ったことと答えられるでしょう。

しかし、これではガクチカの意味を知ってるのには不十分なのです。

なぜ企業がガクチカを聞いてくるのか、という部分までを理解しなければ、ガクチカの意味を理解したことにはならないのです。

企業はガクチカを通じて、自身の企業に適正のある人材かを見極めています。

そのため、ガクチカを説明する際には、企業に求められていることを答える必要があるとわかります。

そして、企業ごとに求めていることが違っているので、どのような企業にも同じガクチカというわけにはいきません。

企業の求めていることを知って、そこからガクチカを組み立てることによって、ガクチカの意味を本当に理解できるかもしれません。

 

何から取り掛かればいいのかわからない

 

ガクチカが書けない人は、ガクチカの意味は理解しているけど、どこから始めて良いかわからないという人もいます。

何事も最初は難しいもので、どこから取り掛かれば良いかわかれば、意外とすんなりと進んでいくものなのです。

ガクチカが書けないという人は、まずエピソードの書き出しから始めてみてはいかがでしょうか。

自分自身がどんなエピソードを持っているのかを理解すれば、ガクチカに使える資料を手に入れたも同然です。

そのエピソードを利用して、自分が入りたい企業にどんな風にアピールすれば良いのかということを考えていけば、自然とガクチカを作成できるかもしれません。

また、企業にアピールするためには、企業がどんなことに食いつくのかを知らなければなりません。

このように少しずつ段階的に進めていくことによって、スムーズにガクチカを作成することができるでしょう。

 

エピソードが思いつかない

 

ここではエピソードが思いつかない場合の具体的な対処法について考えていきます。

エピソードが思いつかない場合でも順番に考えていけば、すんなり思いついたりすることがありますので、じっくりと考えてみると良いでしょう。

エピソードが思いつかない人は、サークルや部活動といった大学内での出来事に縛られてしまっている人もいます。

また、今までやってきたことを書き出していない人もいますので、それをやってみるのも良いでしょう。

このようにエピソードを捻出する方法は、たくさんありますので、一つひとつ潰してみてください。

 

大学生活から書く必要はない!

 

ガクチカというのは、学生時代に力を入れたことと説明されますので、学生生活に限定されると考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし、プライベートで海外旅行に行ったり、ボランティアをしたり、なんらかの勉強に励んだりするのも、学生時代に力を入れたことに該当するのです。

ガクチカというのは、学校内だけではなく、大学外の学生時代の生活も当てはまってきますので、そうすれば少し選択肢が広がるのではないでしょうか。

人によっては趣味や特技に関することでガクチカを作成する人もいますので、あまり凝り固まってしまうと、逆にガクチカの作成に苦労してしまうものなのです。

ある程度の柔軟な思考を持って対応することによって、良いガクチカを作成することができるはずです。

 

今までやってきたことを箇条書きしてみよう!

 

ガクチカが書けない場合に、まず最初に何をやれば良いかというと、まずは今までにやってきたことを箇条書きしてみましょう。

学生時代にあった出来事を学校内、プライベートを含め、箇条書きしてみると良いです。

すべてを書いていては時間がありませんので、自分が特に印象に残ったエピソードを書いていくと良いでしょう。

どんな感情でも良いので、強い感情を抱いたものを箇条書きにすることによって、自分というものが見えてくるはずです。

強い印象を受けたエピソードにこそ、自分が反映され、良いエピソードとなってくるので、そういったエピソードをいくつか利用すると、良いガクチカが書ける可能性が高まってきます。

 

そもそもガクチカが何かわかってない

 

次はそもそもガクチカを何かがわかっていない場合の対処法を紹介します。

学生時代に力を入れたことがガクチカということは、多くの人がわかっているかと思います。

また、重要なのは特別な内容である必要はありません。

企業が知りたいのは、あなた自身なので、特別な内容である必要はないのです。

自分の良さアピールすることができるようなエピソードなら、なんでも良いと言えるでしょう。

ただし、自分を伝えることができない、薄いエピソードは避けたほうが良いです。

ガクチカでサークルや部活は定番ですが、これらに薄いエピソードしかない場合は、鉄板の内容であっても、選ばないのが無難だと言えるでしょう。

逆に濃い濃密なエピソードがあるならば、多少変わったことでも問題ありません。

 

学生時代力を入れてきたこと

 

まず、念のため確認しておきますが、ガクチカというのは学生時代に力を入れたことになります。

企業はガクチカから、その人がどんな学生だったのか、どんな人間だったのかを知りたいと思っています。

そして、学生時代に力を入れたことというのは、その人自身が表現されていることが多く、就職活動では非常に重視される事柄になっているのです。

また、ガクチカを通じてその人を知りたいと思っているので、それなりに濃いエピソードでなければならないのはわかるのではないでしょうか。

たとえば、サークルのガクチカであっても、単にサッカーをやっていただけでは、その人を知ることはできません。

サッカーに何を思って、何が楽しかったのかなどを詳細に語ってこそ、相手に自分を伝えることができるのです。

 

特別な内容である必要はない

 

ガクチカは就活でも重要です。

確かに就活でも重要なのですが、特別な内容である必要はありません。

特別な内容を書かなければならないとかしこまってしまうことによって、なかなかガクチカを書くことができないという状況に陥ってしまうのです。

また、ガクチカは特別でなければならないと思うことは、ガクチカの脚色をやってしまいます。

ガクチカの過度な脚色は、相手に見抜かれてしまうので、十分に注意しましょう。

つまり、ガクチカは別に特別なことを書く必要はなく、自分の思いを素直に伝えれば良いでしょう。

ガクチカで重要になってくるのは特別なことを書くというよりも、学生時代のどの部分をクローズアップするかではないでしょうか。

 

何から取り掛かれば良いのかわからない

 

ガクチカを書こうと思うと、何から取り掛かると良いかわからないことがあります。

人間は、最初の一歩が難しいもので、そこさえ突破すれば意外とスムーズに書けてしまうものです。

ガクチカを書こうと思ってスタートできない場合は、そもそも材料が足りていない場合があります。

エピソードのあらすじを確認していない場合もあれば、起承転結に沿って書いてみるのも良いでしょう。

また、ガクチカをスムーズに書ける文章法を知ってみるのも良いかもしれません。

 

まずはエピソードのあらすじ確認

 

ガクチカを書くにあたって、まずはエピソードのあらすじを確認するのは重要になってくるでしょう。

エピソードのあらすじを把握していなければ、なかなかガクチカを書くことはできません。

書き出したエピソードをいくつか組み合わせて、大まかなエピソードのあらすじを考えてみると良いでしょう。

エピソードのあらすじを把握してから書くのとそうでないのとでは、作業のスムーズさがまったく違ってくるでしょう。

 

起承転結に分けてみる

 

ガクチカに使えそうなエピソードを起承転結に分けてみると良いでしょう。

起承転結の整ったエピソードは、読んでいて気持ち良いですし、書いていても気持ちが良いです。

そのため、起承転結にエピソードを分けることによって、組み立てが楽になるとも言えるでしょう。

ただし、厳密に起承転結にこだわりすぎるのも書きにくくしてしまう原因なので注意です。

 

PREP法やSTAR法に当てはめてみる

 

エピソードをピックアップすることができたら、今度はそれをPREP法やSTAR法に当てはめてみるのも良いかもしれません。

たとえば、PREP法は、結論と理由と、例を使った簡単な文章法になりますので、とても当てはめやすいと言えるでしょう。

また、起承転結に迷ったら、こちらに当てはめてみる方が簡単にできるかもしれません。

 

自分で考えてみるしかない

 

ガクチカは最終的には自分で考えるしかありません。

あなたのエピソードはあなたにしかわからないことであり、ガクチカの作成で教えることができるのは基本だけなのです。

むしろ、自分で考えてエピソードにすることによってオリジナリティが発揮されますので、質が高まるのです。

人に作成してもらったようなガクチカを使っていると、就活では役立たないので、最後は自分だ、という気持ちを大切にしましょう。

 

自分から動かないと誰も助けてくれない

 

良いガクチカを作成するためには、自分から動かなければ何も始まりません。

もちろん、誰も助けてくれないでしょう。

そして、自分からアクションを起こす場合におすすめなのがジョブコミットです。

ジョブコミットは就活をトータル的にプロデュースしてくれるサービスになっていて、満足度が90%以上という質の高いサービスになっています。

また、企業の内情にも精通しているので、学生がインターネットで調べたくらいでは決して手に入れられないような情報を多数握っているのです。

うまく利用すれば、ガクチカ作成はもちろん、就活を有利に進められるでしょう。

 

まとめ

 

ガクチカが書けないという人も、少しはガクチカを前向きに捉えることができたのではないでしょうか。

最終的には自分ですが、基本をわかっていることによって、ガクチカを書きやすくなるはずです。

素敵なガクチカは就活を有利に進めてくれるので、自分をしっかりと表現できるものを作成しましょう。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る