面接

2020/10/16

うわっ…私のエピソード、弱すぎ…?人事に受けるガクチカエピソード!!

2020/10/16

エピソードが弱いというのは、つまるところ企業にとって魅力的なエピソードになっていないということです。

企業にとって魅力的なエピソードにならない原因は、単に大学生活の過ごし方が良くなかったという訳ではありません。

学生側として印象に残っている話を伝えているだけでは、評価する側の印象に残りづらくなる可能性があるので、そもそもなんのためにガクチカを聞いているのかという部分に着目して回答を用意しておくと良いでしょう。

今回は、学生と企業間での目線のずれを埋め、ガクチカで企業にアピールできるような記事です。

はじめに

 

ガクチカを作成する際に注意したいことを紹介します。

多くの学生が気づいていないことに、人事と学生の学生時代に頑張ったことの目線には相違があることがわかります。

その相違を理解したうえで、企業が求めているガクチカを作成する方法を紹介します。

 

ガクチカとは

 

まずガクチカとは、学生時代に力を入れたことになります。

学生なら、学生時代に何か力を入れたことがひとつやふたつはあるはずで、これは就活において、よく聞かれることなのです。

また、注意が必要なのは、学生の目線と人事の目線にはズレがあるというものです。

人事というのは、ガクチカを通じて、会社に貢献できるような人材を探しています。

そのため、この意図を理解することができなければ、なかなか目線のズレを解消することができません。

この点を意識して、ガクチカを考えるようにすると良いでしょう。

 

学生目線

 

学生目線でのガクチカとは、どんなものなのかを考えてみると、まず学生の場合は自分自身が話したいエピソードを伝えようとする傾向があります。

そして、自分自身が話したいエピソードというのは、楽しい想いをしたエピソードであることが多いです。

しかし、人事は楽しい思い出を共有するためにガクチカを聞いているわけではありませんので、楽しい思い出をエピソードとして伝えようとすると、人事の意図を理解していないと思われてしまいます。

さらに、楽しい思い出をチョイスしてしまうと、平坦なエピソードになってしまう可能性があり、どちらかといえば人事が求めているエピソードというのは、起伏のある物語なのです。

 

人事目線

 

次にガクチカに関する人事の目線を確認してみると、人事というのはガクチカに対して、学生が何を目的に学生生活を過ごしてきたかを見出します。

また、目標に対して、どのように努力するような人間なのかも計っていると言えるでしょう。

さらに、成功体験をしたときの変化や失敗体験をしたときの変化を求めているとも言えるので、単純に楽しい平坦なエピソードを紹介してしまうと、まったく人事の目的に沿った回答をしていないことになってしまいます。

このことからわかるのは、本来、就活生は自分が伝えたいことではなく、相手に伝えるべきエピソードを見据えて、ガクチカを作成する必要があるということがわかるのではないでしょうか。

そうすれば、相手に評価されやすいガクチカを作り上げることができます。

 

どんなエピソードが良いの?

 

ガクチカはどんなエピソードが良いのかを考えてみましょう。

ガクチカを通じて人事に何かを伝える必要がありますので、実は使えるエピソードの幅というのは意外に狭まってくるのです。

それを踏まえたうえで、使えるエピソードを紹介しますので、これを参考にして、自分なりのガクチカを作り上げてみてはいかがでしょうか。

 

目的や目標を持っていた話

 

ガクチカに良いエピソードの中には、目的や目標に関する話があります。

なんらかの目的を持っている場合やなんらかの目標に向かって努力したというようなエピソードなら、ひとまず正解と言えるでしょう。

また、その目的や目標が誰かに与えられたというだけではなく、自発的に目標を設定するエピソードなら、さらに評価される可能性があるでしょう。

自分で必要なことを探し出して、それを目標に突き進むことができる人材というのは、会社にとっては重要な人材になってくれます。

そのような意味では、目標や目的に突き進める人、自ら正しい目標を設定できる人ということをアピールすることを前提にエピソードを組み上げてみてはいかがでしょうか。

そうすれば、評価してもらえる可能性は高いです。

 

例①

 

ガクチカとして接客のアルバイトをしたエピソードも良いでしょう。

接客のアルバイトでガクチカを作成する場合は、店舗の目標や売上に貢献したエピソードがあると良いでしょう。

店舗の売上や目標に貢献するということは、それを達成するためになんらかの試行錯誤や努力をすることができます。

その過程を人事は知りたいと思っていますので、この部分をエピソードにすると良いでしょう。

また、自分から積極的に接客やサービスに対して意見して、改善したようなエピソードがあるなら、そちらもおすすめのガクチカとなります。

これは正しい努力をできるというアピールにもなりますし、何か提案して売上に貢献したということは、企画力をアピールすることにもなります。

会社がほしい人材を見極めるための要素がたくさん入っていますので、そこをうまくアピールすることができれば、人事にささるエピソードを紹介できるのではないでしょうか。

 

例②

 

ガクチカの定番とも言えるのが部活やサークルです。

部活やサークルのガクチカを作成する場合には、目的を設定して、それに向かってどのような努力をしたのかというガクチカにするのがおすすめです。

たとえば、自分がリーダーになって、部員の練習メニューを考えたというようなエピソードも良いでしょう。

その結果、競技の質が高まり、なんらかの成績を収めることができたというのも良いです。

しかし、部活やサークルのガクチカは、どうしても範囲が狭く、どの学生も同じようなエピソードになってしまいがちなのは注意してください。

そのため、自分だからこそのオリジナリティを入れるという点が重要になってくるでしょう。

また、イベント系サークルは、自分でいろいろと企画することができるので、企業にアピールのしやすいガクチカだと言えます。

部活やサークルをガクチカに使う場合、大前提としてどのくらい広がりのあるエピソードを作れるかを考えることが重要です。

 

単純に努力量を推す

 

ガクチカには単純に努力量を推す方法もあります。

努力できるというのはある意味では才能で、企業で働くうえでは絶対に必要になってくることだと言えるでしょう。

単純に努力量で推していくつもりなら、誰が聞いても頑張ったと言えるようなものがおすすめで、徹底的に頑張ったとわかるものに突き詰めてください。

努力は報われるというエピソードは少し古臭いと思うかもしれませんが、普遍的な価値観のあるエピソードでもありますので、古臭いとは思わず、徹底的に努力は報われる路線でガクチカを考えてみるのも良いでしょう。

これは体育会系の色が強い会社の場合には、とても刺さるエピソードになってくれる可能性があります。

会社の体質によって、うまく使い分けることができれば、高い効果を得られるはずです。

 

例①

 

単純に努力の量を推すエピソードといっても、努力してだけでは、物足りないエピソードになってしまいます。

そこで重要になってくるのが、努力の結果に待っているものです。

そのため、高い目標を設定して努力をして、その結果、全国大会に優勝したエピソードでも良いでしょう。

また、全国大会優勝という大それたものではなくとも、弱小チームが常勝チームに勝ったエピソードなども良いかもしれません。

また、努力を推すためには、なぜ努力をすることになったのかという話も重要です。

チームが弱すぎて、勝利の味を知りたいからといったものも、努力をするための原動力としては十分なものがあるでしょう。

このように努力をすることになった過程をエピソードに加えることによって、努力をして目標を達成したときの感動を相手にもわかってもらいやすくなります。

ただ、努力して全国大会に優勝したことを伝えられるよりも、ずっと印象深いエピソードになってくれるはずです。

 

例②

 

努力をアピールする方法には、目標を設定して、それを達成するというもののほかにも、単純に努力をした期間や時間の長さをアピールする方法もあるでしょう。

毎日12時間、365日努力したというようなエピソードがあるとすれば、それはすさまじい努力のエピソードになるでしょう。

しかし、そのようなエピソードであっても、真実味がなければ、相手に理解してもらうことができません。

それだけ長い期間努力をするので、必ずなんらかの結果が伴っているはずです。

そして、ガクチカのエピソードとして、努力量を推す場合には、その結果も一緒に提出しなければ、人事に納得してもらうのは難しいと言えます。

 

志望職種によって変えよう

 

ガクチカで重要になってくるのは、適材適所です。

それぞれの仕事によって、利用すべきガクチカは違ってきます。

なぜならば、仕事によって求められる能力は違ってくるからです。

ガクチカの根本は、その企業で活躍するための能力や可能性を備えているかなので、企業によって作成するべきガクチカが違ってくるのは当たり前と言えるでしょう。

それぞれの職種に必要な性格や能力を知ることができれば、自由自在にガクチカを作成することができるはずです。

ここではそれを具体的に紹介していきますので、自分が目指す職種を踏まえたうえで、ガクチカ作成の役に立ててみてください。

 

営業

 

営業という仕事は努力の連続です。

そして、営業の仕事にはノルマがあることが多いです。

そのため、ノルマつまり、目標に向かって努力し続けることができる学生は、かなりポイントが高いと言えるでしょう。

このことから、営業の仕事の場合は、目標や目的を見出して努力したエピソードがおすすめですし、単純に時間を費やして努力をした経験をエピソードにするのも良いでしょう。

努力し続ける継続力も必要になってきますし、目標に向かって根気良く取り組む根性や忍耐力といったものも求められる仕事になってきます。

この部分を理解してガクチカを作成することができれば、相手の企業に気に入ってもらえる可能性が高まるのではないでしょうか。

 

例文

 

私は学生時代にゴルフサークルで活動していました。

それまでまったく素人だったので、ゴルフクラブも触ったことがないような状態でした。

しかし、どうせゴルフをやるなら、それなりに楽しめるレベルになりたいと思ったので、目標スコアは80台前半を出すことにしたのです。

幸い、ゴルフのうまい先輩が多数おりましたので、その先輩にいろいろアドバイスをもらうことによって、少しずつ上達することができました。

ただ、最初の頃は、100を切ることもできず、自分が設定した目標の難しさに恐怖することもあったのです。

そんな大きな目標を達成するために、私が取り組んだのが、実家の近くにあったゴルフの打ちっぱなしでほぼ毎日300球のゴルフボールを打つことでした。

先輩方のアドバイスや日々の練習のおかげが、時間はかかりましたが、1度だけ83というスコアを出すことができました。

この豆だらけの手は、自分の努力の証ということで、誇りに思っています。

 

事務

 

事務の仕事に求められるのはサポート力でしょう。

事務の仕事は、縁の下の力持ちタイプの仕事ともいえて、自分が表舞台に出るのではなく、影で表舞台に出る人たちを支える仕事になります。

そのため、学生時代にそういったエピソードがあるなら、それをガクチカにすると良いでしょう。

たとえば、イベントサークルの場合は、ある意味で縁の下の力持ちと言えるでしょう。

イベントの企画に携わる人たちは、基本的にイベントの表舞台に立つことはありません。

しかし、企画の人たちが質の高い企画書を作成しなければ、良いイベントには絶対になりません。

このように、必ずしもサークルとは限らないので、なんらかのイベント運営に携わった経験があるならば、それを事務関係の仕事のガクチカにしてみるのも良いでしょう。

 

例文

 

私は学生時代は、イベントサークルに在籍してしました。

小さな頃より、何かを企画するということが大好きで、家族旅行の企画を任されることも多かったです。

自分が企画したイベントで、他人が喜んでくれるという行為が大好きでした。

その反面、表に出て目立つというのが苦手な性格なので、影で人を支えるというのは自分の天職とも思っています。

そんな私がイベントサークルで最も思い出に残っているのが、大学の学園祭の企画をしたことです。

とても伝統のある学園祭ということで、イベント企画の中心メンバーに入れてもらえたことは誇りに思っています。

私を含む何人かの意見が採用されたのですが、私が企画したイベントが最も集客したことが自慢です。

 

サービス

 

サービスで重要になってくるのは、ホスピタリティ精神と言えるでしょう。

誰かのために、何かをしてあげるを徹底的に考える仕事なので、そういったエピソードがあればガクチカにしたいところです。

誰かのために何かを考えて努力したというのは、いろいろな体験が考えられて、地域の人のためにボランティアをするのも一つのエピソードでしょう。

また、チームのために努力をして、大会で優勝したというのも当てはまります。

単純に誰かのために何かをしてあげたというエピソードにするのではなく、そのためには何が必要で、どのような試行錯誤があったのかをエピソードに盛り込むことができれば、印象深いガクチカになると言えるでしょう。

 

例文

 

私は学生時代はボランティアに精を出しました。

家庭がボランティアに興味のある一家だったので、母を中心に積極的にボランティアをすることが多かったです。

そして、大学生になって、少し時間もありましたので、以前から興味のあった地域のボランティアに参加することになりました。

私の住んでいる地域は、とても老人の多い地域で、最近問題になっている独居老人も多かったです。

そして、私が携わったボランティアでは、そういった人たちを集めて、なんらかのイベントをするというものです。

最初はどこか不満そうな顔で参加するお年寄りたちも、同年代の仲間と出会うことによって、少しずつ豊かな表情になっていき、この笑顔を見ていると、社会貢献をしているという気持ちになることができました。

 

技術

 

技術系の仕事のガクチカを作成するなら、努力をアピールできるものが良いです。

自分でコツコツと努力して、何かを身につけた経験があれば、それをガクチカにするのも良いでしょう。

たとえば、プログラミング技術をまったく素人から勉強して、大学生のうちにいろいろな制作物を作るまでになったというようなエピソードもおすすめです。

技術系の仕事では、とにかく新しい技術が出てきますので、それを身につける努力が必要になってきます。

新しい技術を貪欲に吸収することができる学生ということをアピールすることができれば、好印象を与えることができるのではないでしょうか。

 

例文

 

私は大学1年生のときにアフィリエイトというものに出会いました。

アフィリエイトについて調べてみると、ブログやホームページが必要だということがわかりました。

そこで私が始めたのが、ホームページを作成するための勉強です。

ホームページは完成したのですが、自分が思っているような理想のページには程遠かったです。

そこで私が始めたのが、プログラムの勉強でした。

このような勉強を続けているうちに、かなり思い通りのホームページを作成することができるようになったのです。

さらに、プログラミング技術もそれなりに高まったと自負しており、クラウドソーシングを利用して、仕事を受けられるようにまでなりました。

 

まとめ

 

ガクチカの重要性がわかったのではないでしょうか。

ガクチカは企業が何を求めているかを知って、作成する必要があります。

また、企業によって求めていることが違いますので、それに応じたガクチカを作成するようにしましょう。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る