【例文あり】適応力を自己PRにして大手通過!評価されやすい業界や例文を紹介!

【例文あり】適応力を自己PRにして大手通過!評価されやすい業界や例文を紹介!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

就活を進める上で、自己PRの作成は避けては通れない道です。

ほとんど全ての企業が自己PRを課しますし、面接時にも必ず聞かれる内容です。

そこで、今回は自己PRにおいて適応力をアピールしたい方に向けて、的確なアピール方法や自己PRを構成する方法について詳しく紹介していきます。

目次目次を全て表示する

【自己PRに適応力】適応力は自己PRになるのか

自己PRを作成する際に、そもそも適応力を自分の強みとしてアピールして良いものなのかどうか、悩む方も多いでしょう。

結論として、適応力は自己PRに用いるにおいて非常におすすめの能力の1つです。

積極的にアピールしていきましょう。

【自己PRに適応力】求められる理由

ここからは自己PRにおいて、適応力がなぜ良い印象を与えられるのかについて考えていきましょう。

企業がなぜ適応力が高い人物を求めているかがわかれば、あなたの持っている適応力をどのようにアピールしていけば良いのかもわかってきます。

企業が自己適応力が高い人材を求める理由には大きく分けて3つありますので、紹介していきます。

労働の変化

昨今ではこれまでと異なり、終身雇用の制度はほとんどなくなったと考えても良いでしょう。

転職や企業など、数年で会社をやめる人も少なくありません。

つまり、人材の流動性が高いのです。

よって、自分でスキルを身につけ、どこでもやっていける力が必要となります。

特にベンチャー企業などでは様々な役割を求められることが多いので、汎用性の高い労働の変化に対応できる人材が求められているのです。

ITの進化

適応力が高い人材はITの進化にも対応できる可能性があるというのも、企業からしたら魅力的に映るポイントです。

日本をはじめとした、いわゆる先進国を中心に、テクノロジーが日々進化しています。

これは言い換えれば、これまで必要とされていた職種もITで代替されるようになってきてしまっているので、仕事が無くなる可能性も高いということなのです。

よって、常に自分が求められるスキルを持ち続けなければならなく、ITのスキルを日々アップデートできるような人材こそ企業に求められています。

働き方の変化

働き方が変化した、というのも適応力が高い人材が求められる理由の1つです。

現代、特にコロナ禍以降では、リモートワークやフレックス制度など、様々な働き方が市民権を得るようになりました。

つまり、コミュニケーションの取り方がこれまでと同様ではない可能性が非常に高いです。

すると、近くにすぐ聞ける先輩がいないという環境に対応して業務に取り組める必要があり、新しい環境に適応しながら、自分で調べたり、同僚に迷惑のないタイミングで質問をする能力などが必要なのです。

【自己PRに適応力】自己PRとは

まず自己PRとは何なのかについて考えていきましょう。

自己PRとは就活において履歴書、エントリーシート、面接時に必ずと言っていいほど聞かれる内容です。

つまり、しっかりと内容を考え、ポイントを抑え、あなたの魅力が伝わるような構成で作成する必要があります。

限られた文字数、または時間の中で、あなたの魅力が伝わるよう、しっかりと準備をしていかなければなりません。

しっかりと要点を抑え、自己PRのポイントを確認していきましょう。

自己PRとガクチカの違い

最初に自己PRとガクチカの違いを確認しておきましょう。

就活生が混乱しやすいのが自己PRとガクチカの違いですが、ガクチカと言われるものは「学生時代に力を入れたこと」を指しており、基本的には大学もしくは高校生の頃、何を頑張ってきたのかについて説明することが重要です。

自己PRにおいては力を入れたことではなく、現時点で持っている強みを長所を伝えます。

例えば、あなたが「部活動頑張ったこと」は「ガクチカ」です。

一方で、「あなたが部活動を通して身に付けた忍耐力」は「自己PRの強み」です。

この点についてはしっかりと分けて考えておきましょう。

自己PRと長所の違い

自己PRと長所の違いについても、まずは考えていく必要があります。

自己PRは企業に対してどのような強みを持っているのか、そしてどのような貢献ができるかなどといったポテンシャルをアピールしていくことが中心となってきます。

一方で長所は「どのような特性を持った人間か」という人柄の方にフォーカスしていることを忘れないようにしましょう。

【集中力を自己prにする】自己PRが聞かれる理由

ここからは集中力を自己PRとしてアピールしていくにあたって、そもそも自己PRを聞かれる理由とは何なのかについて考えていくようにしましょう。

企業が自己PRを聞いてくる理由は大きく分けて2つあります。

求める能力とマッチしているか確認するため

企業は当然ながら求める能力とマッチしている人物を採用したいと考えています。

「英語を話せる人材を採用したい」と考えているのに、漢検1級を持っていることをアピールされてもあまり意味がありません。

このように、入社後に活躍できるポテンシャルを持った人物かそうでないかを確認し、自己PRを通してあなたが将来活躍してくれる人材かどうかを確認しているのです。

入社後のミスマッチを防ぐため

入社後にミスマッチが発覚してしまうと早期の離職につながってしまうため、入社後のミスマッチを自己PRを通して防ぎたいと考えている場合もあります。

就活生にとっても非常に悪い結果となってしまいますし、何より企業からしても人を採用するというのはお金がかかることなので、それを無駄にしたくないと考えています。

自己PRを通して、企業とのミスマッチが存在しないかについても確認しているのです。

【自己PRに適応力】適応力とは

自己PRで適応力をアピールする際に、まずそもそも適応力とはどのような言葉なのかについて定義を考えていく必要があります。

適応力とは一言で言うならば、新しい環境や変化に対して柔軟に対応できる能力のことを指します。

どのような場所でも働ける、不測の事態が起こったとしても焦らずに対応できる、そんな人を指す言葉が「適応力がある」です。

適応力がある人材は様々な場所で活躍できますし、異動や部署の変更などがあったとしても活躍できるでしょう。

対応力との違いは?

適応力に似ている言葉として「対応力」という言葉が挙げられます。

この2つの違いについても確認していく必要があると言えるでしょう。

適応力は以前の環境と同等以上のパフォーマンスを新しい環境で発揮できるということです。

そのためにさまざまな状況に対して最適化をするのが適応力と言えます。

一方で、「対応力」は相手や状況に合わせるために自らが働きかけて行動することです。

積極性をアピールしたいという目的ならば、対応力をアピールするのも選択肢の一つと言えるでしょう。

【自己PRに適応】適応力の魅力

自己PRをするとき、あなた自身が一番魅力をわかっていないと伝えることができません。

ここでは、適応力がどのような場面に活き、企業にとって魅力になるかを紹介していきます。

常に高いパフォーマンスを発揮

常に高いパフォーマンスを発揮できるというのも、適応力を持っている人の魅力の一つとして挙げられるものでしょう。

適応力が高い人はどのような状況でも高いパフォーマンスを発揮することができます。

そのため、変化のスピードが早い業界や、業務の幅が広いベンチャー企業などにおいても非常に重宝される傾向にあります。

コミュニケーション力が高い

適応力の高い人の特徴として、コミュニケーション能力が高いということも挙げられます。

提供力が高い人でも、新しい環境においてはさすがにわからないことも多いです。

しかし、周りの人とすぐに打ち解けて、コミュニケーションを取りながら解決していくことが多いのです。

このことから、コミュニケーション能力が高い人材であると考えられることは多いでしょう。

【自己PRに適応力】適応力がある人の特徴

次に適応力のある人の特徴について見ていきましょう。

適応力という言葉は広範な意味合いを持っており、抽象的な印象を持っています。

就職活動において抽象的な言葉を用いることは、要注意です。

これから紹介する特徴を踏まえ、なぜ適応力があると言えるのか自己PRの作成に活かしましょう。

柔軟に思考できる

柔軟に思考できる人材こそ、現代の企業が求めている人物像であると言えるでしょう。

自分の考えや固定概念にとらわれず、ほかの人の意見に耳を傾けて対応できる能力こそ、働き方が変化し続ける昨今、非常に重要な能力の1つです。

柔軟に思考できる人材は基本的に成長スピードが早く、企業からすれば非常に魅力的です。

これからの働き方を考える上で、柔軟に思考し、自分で改善して能力を伸ばしていける人材は求められると言えるでしょう。

予期せぬことにも対応できる

予期せぬことに対応する能力も適応力の言い換えとして有効でしょう。

クライアントから急遽、依頼内容の変更を要請された際にも、すぐに問題を理解し、対応する能力がある人材こそ現代には求められています。

特に営業職などでは臨機応変に対応できる人材は非常に重宝されます。

お客様満足度にも貢献できますし、企業の評判自体にも関わってくることなので、予期せぬことに対応できる能力をアピールできれば、内定の確率は非常に高まることでしょう。

環境の変化に馴染める

環境の変化になじめる能力というものも適応力がある人材に期待される能力です。

チームの変更や異常があったとしても、それに対してくよくよ悩むのではなく、常にポジティブに考え続ける能動的に動ける人材が現代では求められています。

そのような人材は新しいポジションや転勤などにもポジティブに取り組むことができますし、職場の雰囲気を良くすることもできるので、ありとあらゆる職場で求められています。

切り替える

仕事において失敗をするのは落ち込むものですが、いつまでも悩むのではなく、失敗をしてもまたすぐに新しい挑戦をすることのできる人材こそ企業に求められています。

特に営業職では1つのクライアントとの契約に失敗したからといって、いつまでも悩んでいては契約を取ることができません。

切り替える力が早い方がPDCAを早く回せるということもあり、企業の業務において良い影響を与えられる可能性が高いので、切り替える力がある場合は適切にアピールすることが大切です。

【自己PRに適応力】適応力が企業に与える印象

適応力が高いと自己PRで述べた場合、企業の採用担当者はどのような印象を持つのかについても考えていきましょう。

結論から言うと、感じることはただ1つであり、「どのような場面でも活躍できる人材である」というイメージを抱きます。

「適応力がある」ということは「どのポジションでも働ける」ということなので、厳しい環境でも適応して頑張れる人材であると判断されます。

よって、「適応力」は総合的に良い印象を与えられる自己PRであると言えるでしょう。

【自己PRに適応力】適応力が強みとして評価されやすい業界

ここからはあなたの適応力が強みとして評価されやすい業界にはどのようなものがあるのかについて考えていきましょう。

変化のスピードが早い業界や、新たなビジネスモデルが次々生まれる業界で適応力は評価されやすい傾向にあります。

IT業界

変化のスピードが早い業界、新たなビジネスモデルが次々と生まれる業界といえばIT業界が真っ先に挙げられるでしょう。

IT評価はとにかく変化のスピードが早いです。

適応力が高く、技術の進歩や時代の流れに対して即座に対応して切り替えられる人材こそ求められていると言えるでしょう。

これはエンジニアでも営業でも同じことが言えます。

適応力は、IT業界ならばどのような職種においても評価されやすいポイントであると言えます。

アパレル業界

アパレル業界も毎年めまぐるしく流行が変化していくので、適応力が高い人物が求められている業界と言えるでしょう。

SNSを欠かさずチェックするなど、トレンドを把握するためにも適応力は必須です。

顧客のニーズをしっかりと捉える力以外にも、適応力を持っている人材を重宝して採用する傾向にあります。

【自己PRに適応力】適応力をアピールできる自己PRのエピソード

適応力をアピールできる自己PRのエピソードにはどのようなものがあるのかについても考えていきましょう。

「自分のエピソードは適応力をアピールできているのか」と疑問を持つ方は特に確認して欲しいポイントです。

実際に適応力をアピールしたいエピソードを2つ紹介していきます。

留学経験

留学経験は適応力をアピールするにあたって絶好のエピソードと言えるでしょう。

自分の住んでいた文化からかけ離れた土地で生活をしていた留学経験は、適応力を積極的にアピールすることができるものです。

カルチャーの違いによって生じた問題は面接官からしてもイメージがしやすいです。

影響力をアピールする自己PRはまさに最適とも言えることでしょう。

積極的に述べていきたいところです。

状況や問題への適応して対処した経験

状況や問題への適用して対処した経験があるならば、積極的にアピールしたいところです。

環境ではなく、状況や問題に対して適合し、臨機応変に対応したエピソードが魅力的であると言えます。

留学などの経験がなくても、刻一刻と状況が変化する中での活動を経験している人はアピールしやすいです。

【自己PRに適応力】適応力を自己PRにする際の注意点

ここまで適応力を自己PRにする際のポイントや与えられる印象について詳しく紹介してきました。

しかし、自己PRを作成するにあたっては気をつけなければならない点もいくつか存在します。

就活においては、良い印象を与えることと同じくらい、マイナスの印象を与えないことも大切です。

下記の2点を意識した上で、良い印象を与えつつ、マイナスイメージを与えないような自己PRを作成していきましょう。

流されやすいと思われないようにする

適応力があるということは、伝え方によっては自分の意見がないという風に判断されてしまう可能性もあります。

周りに流されて、ただ与えられたことをこなすだけの人材であるという風に考えられてしまうと、主体性がなく、工夫する能力がないと思われてしまい、特にベンチャー企業などではマイナスのイメージを大きく与えてしまう可能性があります。

そこで「自分の意見はしっかりと持っているけれども、状況に応じて対応し、場の雰囲気などを鑑みた上で空気を乱さないような行動ができる人材である」ということをアピールしましょう。

こうした工夫をすることで、マイナスのイメージを最小限に抑えることができます。

具体的な内容を記載する

いくら自分に適応力があると積極的にアピールをしたとしても、それが具体的な内容とともに伝えられていなければ、企業の採用担当者はイメージすることができません。

ただ「私には適応力があります。」と言われたところで、それに具体的な説明やエピソードが添えられていないと、どのように活躍してくれるのか全くイメージがつきません。

具体的にどのように適応力を発揮でき、どのような場面で活かしたのかについて述べましょう。

あなたの能力がどのような場面で活きたのかを話すだけで、自己PRの内容は一気に深まり、人事も興味を持って読んでくれることでしょう。

そしてその能力を活かして、企業にどのような良い影響を与え、貢献していくのかについても述べることを心がけながら自己PRを作成することが大切なのです。

適応力を言い換える

適応力を言い換えるのも、自己PRにする際の注意点の一つとして挙げられます。

適応力は残念ながら多くの就活生が持っている強みですし、アピールしてくる強みでもあります。

差別化を図ることは難しいことでしょう。

「適応力」のままでは他の就活生に埋もれてしまうような特徴となってしまう可能性が高いです。

そこで、適応力の言い換えを使うようにしましょう。

「対応力」→前述した通り、積極性をアピールできるほか、準備ができる人という印象を与えられる。

「柔軟性がある」→柔軟性(=臨機応変)をアピールできると、すぐに知識を吸収し、活躍してくれるという印象を与えられる。

エピソードを1つに絞る

エピソードを1つに絞るのも、適応力を自己PRにする際に重要なポイントと言えるでしょう。

「計画力をアピールするためには複数のエピソードを用いるべき」と多くのサイトが主張していますが、これは全くの間違いです。

絶対にエピソードは1つに絞るべきです。

エピソードを複数個述べてしまうと、一つひとつの話が薄くなってしまい、あなたの魅力が全く伝わらなくなってしまいます。

また、プロセスを述べることもできなくなってしまいますし、話を深掘りすることも全くできなくなってしまうので、エピソードは必ず1つに絞ることが重要です。

一文を短くする

一文を短くするというのも非常に重要なポイントです。

企業の採用担当者は志望動機や自己PR、ガクチカなどを大量に読むことになるので、読みやすさで合否をつけてくることも多いです。

そこで、一つの文章があまりにも長くなってしまうと、文章が間延びしてしまい、内容が入ってこないこともあります。

構成が理解しにくくなってしまうので、一つひとつの文章は50文字から70文字程度に収めておくと良いでしょう。

これにより文章が分かりやすくなり、内容を理解してもらいやすくなります。

【自己PRに適応力】文章作成の4ステップ

ここからは自己PRに適応力を述べる際の文章作成のステップについて考えていきましょう。

この文書作成の方法は「PREP法」とも呼ばれ、志望動機やガクチカなどにも活用できるものなので、一緒に確認していきましょう。

結論

まずは一番最初に結論を述べることが大切です。

「私には適応力があります。」と断言するようにしましょう。

まず一番最初に結論を述べることで、企業の採用担当者に結論を念頭において読んでもらうことができます。

特に就活の時期になると人事担当は多くの自己PRを読むことになり、似たような文章ばかりで読むことにも疲れてきています。

そこでまず結論を述べ、「この人は〇〇について話すのだな」と念頭においてもらうことが集中してもらう上で大切なのです。

理由

続いてあなたの適応力がなぜあると言えるのかについて詳しく述べていくことが大切です。

なぜならば「〇〇の経験をしたからです。」など具体的な理由を説明しなければ、あなたに適応力があるという説得力がなくなってしまいます。

詳しく解説し、あなたの適応力が客観的にも納得できる理由に基づいたものであるということを伝えていく必要があります。

せっかく適応力という企業が求める強みを持っているのですから、それを最大限アピールできるように工夫することが大切です。

具体例

続いて具体例を述べることが大切です。

エピソードを盛り込むと非常に良いでしょう。

具体的にどのような場面であなたの適応力が発揮されたのか、もしくはどのような場面でどのような経験を通して培ってきたのかについて述べることができると良いでしょう。

自己PRは短いと200文字、多いと600文字程度の文字数指定になることが多いですが、エピソードを用いることで、文字数指定もしやすくなるので、いずれにせよ盛り込んでおくことで便利でしょう。

結論

最初に述べた結論を再び述べるということも非常に大切です。

採用結論を述べることであなたの適応力を再度強調することができます。

また、この部分ではそのスキルを活かして今後企業にどのように貢献していくのかについても詳しく述べるようにしましょう。

ここで企業に対しての貢献について述べることで、実際に企業で働くイメージがついている、つまり意欲が高いということをアピールすることができます。

そして企業の採用担当者もあなたが働いているイメージがしやすくなり、採用するメリットについて再認識できるので、非常に重要なポイントといえます。

【自己PRに適応力】適応力をアピールした例文

ここまで自己PRに適応力を用いる際のアピールポイントや適応力の言い換え構成の方法などについて詳しく紹介してきました。

ここからは、紹介してきたポイントや構成のコツを踏まえた上で作成した例文を確認していきます。

自己PRを作成する前に複数の例文を読むことで、言語化できない「雰囲気」についても、なんとなくわかるはずです。

ぜひ下記の例文を参考に、あなたの第一志望の人事に響くような自己PRを作成していきましょう。

転校の経験

私の強みは適応力です。
私の適応力は、多くの転校経験から培われました。
初めての転校は確かに不安でした。しかし、すぐにこれをチャンスと捉えるように心がけました。
新しい学校では自分から先にクラスメイトに話しかけることで、たくさんの友人を作ることができました。
2度目の転校時には、前回の経験を活かし、クラブ活動を通じてより速くクラスメートとの絆を深めることができました。
そして高校での転校では、地域の文化を積極的に学び、学校外でのコミュニティにも参加することで、さらに幅広い人脈を築くことができました。
これらの経験から、未知の環境においても迅速に状況を把握し、周囲の人々との関係を構築する能力が身につきました。
社会人として、この適応力は企業が直面する予測不能な状況や市場の変化に対応する上で大きな強みになると確信しています。

部活動の経験

私の強みは適応力です。
私の適応力は、サッカーのフィールドでの経験によって磨かれました。
サッカーでは、私はチームの状況に応じて様々なポジションを務めることが求められました。
人数不足という状況下で、本来のポジションではない場所でプレーすることは珍しくありませんでした。
ある試合では、急遽ディフェンスを任されました。得意とする攻撃的なポジションとは異なり、戦術的な視野と身体を張った守備が求められる役割でした。
この新しい挑戦は、私にとって戦術理解の深化と新しい技術の習得という二重の機会を与えてくれました。
ポジションに応じた練習を重ねるうち、チームメイトからは「どこでもプレーできる選手」と信頼されるようになりました。
また、攻撃的なポジションに戻った時も、ディフェンダーとして学んだ視野の広さと予測力が、より質の高いプレーを可能にしました。
社会人としても、さまざまなプロジェクトやチームで即座に役割を果たすことができる柔軟性、そして未知の状況にも迅速に対応できる能力を活かしていきたいと思っています。

サークルの経験

私の強みは適応力です。
私の適応力は、大学でのサークル活動を通じて養われました。
特に記憶に残っているのは、あるサークルの大規模な発表会での経験です。
発表会では私が総合司会を務めており、イベントの流れをタイムスケジュール通りに進行させる責任がありました。
しかし、発表会当日に予想外のアクシデントが起こりました。あるパフォーマンスの準備に手間取り、プログラムが大幅に遅れそうになったのです。
その瞬間、私は冷静さを保ちつつも迅速に対応する必要があると感じました。
そこでプログラムの順番を柔軟に変更し、待っている観客が飽きないように別の軽いプログラムを挿入しました。
結果として、観客はスムーズな流れに気づかず、予定通りに発表会を終えることができました。
社会人としても、常に周囲を見渡し、臨機応変に対応することで、顧客満足を追求する姿勢を持続していきたいと思っています。

アルバイトの経験

私の強みは適応力です。
私の適応力は、多忙な居酒屋でのアルバイト経験から培われました。
その仕事では、接客、ドリンク作成、洗い場という複数の役割を一人でこなすという、非常に要求の高い環境でした。
私は常に「今、何が一番必要か?」と自問自答しながら働いていました。
ある忙しい金曜日の夜、店内は満員で、私は接客とドリンク作りを同時に行っていました。すると突然、洗い場で同僚が手を負傷してしまい、助けを求める状況が発生しました。
私は瞬時に優先順位を判断し、応急処置を施しつつも、洗い場を引き継ぎました。
タスクを迅速に切り替えることで、店の運営に混乱をきたすことなく乗り切ることができました。
社会人としても、常に変わる状況の中で、チームや顧客にとって最も価値のある行動を取ることができるようになりたいと強く感じています。

留学の経験

私の強みは、異文化環境での豊かな適応力です。
その根底には、挑戦的な留学経験があります。
海外へ飛び出した時、私を待っていたのは、言葉の壁はもちろん、食事や生活習慣の違いといった日常のあらゆる面でのカルチャーショックでした。
初めての一人暮らし、初めての異文化交流。最初は戸惑い、孤独も感じましたが、それを乗り越えることで得られる経験と成長に価値を見出しました。
積極的に現地の食文化に触れ、授業外でも現地の言語を学ぶためのイベントに参加しました。
さらには、様々な国籍の友人を作り、彼らの文化を理解することで、私の視野は大きく広がりました。
私はこれらの経験を生かし、どんな環境でも価値を提供できるよう努めたいと考えています。
新たな文化に自ら飛び込み、学び取る姿勢を武器に、幅広いコミュニケーション能力でチームに貢献していく所存です。

まとめ

今回は就職活動を進める上で自己PRを作成する際のポイント、そして適応力をアピールする際に気をつけたいポイントや構成の方法などについて紹介してきました。

適応力は企業が求めている能力ではありますが、多くの就活生が挙げる特徴でもあるので、差別化を図ることも大切です。

ぜひ本記事を参考に、他の就活生の自己PRにはない魅力的な文章を作成し、企業の採用担当者の目に留まるよう工夫しましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます