ガクチカ

2020/10/16

【ガクチカ】ゼミ経験で差を付けよう!ゼミ経験でのガクチカの書き方。

2020/10/16

はじめに

 

ガクチカには、「学生時代に頑張ったこと」という意味があり、受験勉強をはじめ、サークル活動や習い事、趣味など、さまざまなことが、対象になります。

多くの大学生は、ゼミに参加したを持っていますが、ゼミもガクチカに活用できる経験の一つです。

ここでは、ゼミの体験をガクチカにするメリットから、構成方法、注意点などについて説明します。

ガクチカを書く際の参考にしてください。

 

ゼミ経験で書くメリットは?

 

ゼミは特定のテーマについて研究する活動のことを言いますが、参加することでその分野に理解を深めたり、参加しなければ得られなかった体験ができたりします。

ゼミをガクチカに活用する学生も多く、また、ゼミ経験のガクチカは企業側も興味を持ちやすいと言われているのです。

ガクチカにゼミ経験を書くメリットには、「グループ活動のアピール」「専門的な分野での差別化」「結果が明確である」の3つあります。

 

グループ活動のアピール

 

ゼミのほとんどは、単独ではなくグループ単位で研究に取り組みます。

そのため、ゼミの参加を通して学生は、メンバーと信頼関係を築いたり、お互い協力し合ってプロジェクトを進めたりするスキルを身につけます。

会社は多数の人間が集まって成り立つ組織で、信頼関係や協調性は、社会人になってからも重要視されるスキルです。

企業の採用担当者や面接官の中には、周囲と協力し合いながら仕事ができる人材を求めている場合も多く、グループ活動をしたという体験は、絶好のアピールポイントになるでしょう。

リーダーとしてゼミに参加した場合は、信頼関係や協調性に加えて、リーダーシップもアピールポイントになります。

このように、グループ活動をアピールできるゼミの経験は、良いガクチカが作成できるというメリットがあるのです。

 

専門的な分野での差別化

 

ゼミの研究内容が、企業に関連している場合、大きなメリットになると考えられます。

もし専門性の高いものであれば、自分の知らない専門知識も身につけているとして、面接官は興味を抱くかもしれません。

企業に関連する分野のサークルに参加して活動し、それをガクチカに書くことも珍しくありません。

しかし、ゼミは大学の授業の一環になりますので、より説得力を持って面接官に伝えられます。

サークルの参加はゼミよりも敷居が低く、誰でもすぐに活動できるという特徴があります。

ゼミの場合は、いつでも参加できるというわけではなく、スケジュールに沿って研究を進めるという場合がほとんどです。

サークルは参加しやすいですが、場合によっては同じテーマのサークル参加者が、同じような内容のガクチカで応募する可能性があり、企業の採用担当者に飽きられてしまうリスクがあります。

その点ゼミは特定のテーマについて、掘り下げて研究しますので、差別化が可能です。

差別化できるということは、それだけ面接官の目に留まりやすく、興味を持ってもらえれば、採用に大きく一歩近づける可能性も出てきます。

 

結果が明確である

 

ゼミは卒業論文の作成など、目標が決まっているため、活動自体がとても明確です。

はじめから終わりまでストーリーを組み立てやすく、ガクチカと相性が合います。

ガクチカは体験を一定のストーリーに仕立てて作成していきますが、ゼミ活動は参加するきっかけから活動、活動することによって得られた結果までが明確で、ポイントを押さえたストーリー構成が簡単に作成できます。

 

ゼミで書く際の構成は?

 

ガクチカを書く際、すぐに文章にしようとしないで、はじめに構成を作成します。

構成を作らずに書き出してしまうと、途中でテーマから外れて一貫性のないものに仕上がってしまう場合やところどころ手が止まってしまい、仕上げるまでに無駄に時間がかかってしまうことが、考えられるからです。

ゼミでガクチカを書く際の構成は、「経験(結論)」「背景」「課題」「行動」「結果」「何を学び、何を得たのか」になります。

各構成部分について説明します。

 

経験(結論)

 

ガクチカでは、何をしていたのかという結論を、はじめに伝えます。

書き方としては、「私が学生時代に頑張ったことは、卒業論文を書くために、心理学のゼミに参加したことです」という風に、どんなガクチカなのかを簡潔に伝えるようにします。

結論を後回しにしてしまうと、企業の採用担当者は、どんな内容か最後まで読まなくてはわからなくなり、苦痛を覚えるでしょう。

はじめにどんなガクチカについて話をするか明確にすると、採用担当者は、その次に続く話についていけるようになります。

結論の前に、前置きを入れる人もいますが、前置きは必要ありません。

 

背景

 

「背景」とは簡単に言うと、ゼミを選んだ理由になります。

「卒業論文のテーマについて、心理学的要因から解釈するため」など、ゼミを選択した経緯を説明します。

大学で学んだことの総括的な作業が卒業論文になります。

その卒業論文を書くためにゼミに参加することを決めたとすると、企業の採用担当者に好印象を与えやすくなります。

例文:「行動心理学的に見た消費者の反応の違いを研究するために、ゼミの参加を決めました。

これまで経済学的な視点で消費者行動を分析してきましたが、そこに限界を感じ、心理学的に理解したらどうだろうという気持ちを持っていました。

異なる学術から一つの問題を見つめることで、多角的な視野を身につけるスキルを身につけようと決めたのが、ゼミに参加するまでの背景です。」

 

課題

 

「課題」は、研究を進めていくうえで発生した問題や、困ったことなどを指します。

課題は、次の問題解決につなげていきますので、単に「問題が生じた」で終わるようなものは避けましょう。

ガクチカで活用する課題は、その課題を克服することで、学んだとや将来につながる結果が得られた、となるものが理想です。

この点に注意しながら、課題を選ぶようにしましょう。

たとえば、「心理学は予想以上に統計や数字の分析が多く、データ処理に手間取った」「サンプルの設定方法を間違えてばかりで、なかなか絞り込めなかった」「グループでの役割分担がうまくいかずに、作業が思うように進まなかった」などが、課題例になります。

 

行動

 

「行動」は、課題を克服するために起こしたアクションのことです。

直面した課題に対して、どのように取り組んだかを説明する部分になりますが、企業の採用担当者は、「行動」から、入社後の仕事の取り組み方をイメージします。

課題に対する取り組み方が、入社後の仕事への取り組み方につながりますので、この点を意識して、行動について説明するようにしましょう。

その際、企業が求める人材についても意識すると、より良いものが書けます。

たとえば「より良い結果を出すには、企業の協力が必要だと考えて、企業にアプローチすることを、ゼミ長に提案しました。

ある企業に研究の趣旨を伝えたところ、快く協力を申し出てくれて、過去のデータを提供してくれたり、顧客へのアンケートを実施してくれたりしました」という風に行動を説明すると、「より良い仕事をするために、積極的に行動できる」ということを、採用担当者にアピールできます。

 

結果

 

行動を伝えたら、その行動によってどんな「結果」をもたらしたかを続けます。

結果は成功したり、うまくいったりしたものでなければならない、と思うかもしれませんが、そうとは限りません。

面接官が重視するのは、課題を克服するために起こした行動と、その結果から学んだことです。

たとえ、「事前に予測した結果と正反対の現象が起きてしまった」という結果になったとしても、なぜそうなったのか、ということに気づくことができれば、実りのある経験になります。

努力した結果であれば、成功・失敗にかかわらず、良い印象を与えることにつながりますので、無理にこじつけようとせず、ありのままを伝えることが大切です。

 

何を学び、何を得たのか

 

ガクチカは、結果を伝えて終わり、というわけではありません。

どんな結果であろうと、必ずそこから「何を学び、何を得たのか」を明確にする必要があります。

会社で働いていると、常に問題が生じますが、同じミスを繰り返すことは、社会人として好ましくありません。

失敗を含めた経験から学び、次に繋げて成長していくことが、社会人として望まれる姿になります。

企業の採用担当者や面接官は、学びの部分を重要視する傾向がありますので、ガクチカには必ず盛り込むようにしましょう。

 

気を付けたほうが良いこと

 

ガクチカを書く際に、気を付けたほうが良いことがあります。

知らないうちにやってしまいがちなミスに「専門用語を使いすぎない」「研究内容や功績だけで述べない」の2つがあるのです。

 

専門用語を使いすぎない

 

専門的な研究をするゼミでは、必ずと言って良いほど専門用語が出てきます。

そのため、ガクチカでも、知らないうちに専門用語を使って説明することもありますが、専門用語はなるべく使わないようにして書くことが無難です。

なぜ専門用語はなるべく避けたほうが良いのかというと、すべての面接官が、その研究に対して精通しているわけではない、というのが理由です。

たとえ関連する分野の企業であっても、専門性の高い研究に出てくるような専門用語を知らない、という人も少なくありません。

専門用語で語られても伝わりにくく、面接官が集中してガクチカに目を通してくれる可能性が低くなってしまいます。

専門用語の多用には気を付けましょう。

場合によっては、専門用語を使わなくては説明できない場合もあります。

そのときは、簡単な意味をカッコ書きにして書いておくと親切です。

ガクチカを書くときは、誰が聞いても理解できるような言葉を使い、できるだけ書くことを忘れないようにしましょう。

 

研究内容や、功績だけで述べない

 

良い研究結果が出たり、賞を受賞したりすると、結果をガクチカで強調してしまいたくなりますが、アピールのしすぎは逆効果です。

ガクチカは、結果よりも過程が重要視されます。

そのため、研究によって得た功績を強調するよりも、行動や研究を通して学んだことにウエイトを置いて書く必要があります。

研究内容についても同じことが言えます。

ゼミの研究内容を説明することは、状況を伝えるために、ある程度必要です。

しかし、研究内容ばかり説明してしまうと、ガクチカ本来の役割が弱まり、的の外れたアピールになるおそれがあります。

企業の採用担当者や面接官は、研究内容について知りたいのではありません。

何度も言いますが、ガクチカを通して「経験を通してどのように行動して何を学んだか」ということを知りたがっています。

そのため、研究内容は補足的に説明するものとして、最低限にとどめておくようにしましょう。

 

まとめ

 

ゼミをガクチカで書く際のポイントなどについて説明しました。

ゼミは専門性を深め、ほかのメンバーと協力しながら研究を進めるなど、社会人に必要なスキルや知識を身につけられる場です。

明確な目標に向かって結果を出しますので、ガクチカに向いています。

企業の採用担当者に良い印象を与えるガクチカを書きたいのなら、ゼミの経験を、書き方のパターンに沿って、情報を整理する必要があります。

ゼミ体験を効果的に用いて、良いガクチカに仕上げましょう。

 

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る